Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

OA機器の統括管理と、紙文書と電子文書のシームレスな連携を実現するシステム
REDMS(レドムス)」を新発売

2000年4月13日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、OA機器の統括管理と、紙文書と電子文書のシームレスな連携を実現するシステム「REDMS(レドムス:RICOH Enterprise Document Manager System)」を開発し、新発売いたします。
 新製品は、企業内ネットワーク上に配置されたOA機器(デジタル複合機、プリンター、スキャナーなど)の一元管理と利用状況の把握を実現し、OA機器の最適配置が可能なためTCO削減を実現します。また、紙文書を簡単に電子化できるため、イントラネット/グループウェアといった企業内情報インフラ上において、文書処理業務を効率化いたします。
製品名 REDMS
標準価格 5,831,500円から
発売日 2000年4月17日
販売数量 200システム/年間
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金に消費税は含まれておりません。
  • 標準価格は、最小推奨構成の場合です。システムごとの価格は こちらをご参照ください。
  • 別途、導入設置料、保守料金がかかります。
  •  新製品は、リコー社内およびリコーグループ各社で実践してきたNotes活用ノウハウと、OA機器メーカーならではの機器管理用のソフト技術やドキュメントハンドリング技術を融合し商品化したものです。以下の4つのシステムをお客様のニーズにより組み合わせて構成いたします。
    REDMS モデルDM:Lotus Notes/Dominoサーバー。Notesの認証機能を活用し、OA機器利用者を特定。使用ログ収集やOA機器の管理を行なうメインシステム
    REDMS モデルMS: REDMSモデルIB(Notesクライアント)とデジタル複合機「イマジオ」、専用タッチパネルで構成するもので、通常のコピーやプリントに加え、タッチパネルによる簡単な操作で紙文書をスキャニングし、それをメール/ファクス送信できる共有ステーション
    REDMS モデルSS:スキャナーとREDMSモデルIB(Notesクライアント)、専用タッチパネルで構成。紙文書をスキャニングし、メール/ファクス送信するスキャナーステーション
    REDMS モデルFG:受信ファクスをイメージ情報として受信BOXに蓄積したり、モデルMSやモデルSSでスキャンしたイメージ情報およびクライアントから送信されたファクス用データを相手先にファクス送信するなど、社内のグループウエア/イントラネット環境と、外部のファクスとのゲートウェイ
    <REDMSの主な特徴>
  • 1.全社ネットワークに接続されたOA機器の設置状況や使用状況を一元管理できます。
      • イントラネットやグループウエアなど、社内ネットワークにつながるOA機器(コピー、ファクス、プリンター、スキャナー)を一元管理することが可能。
      • 接続されたOA機器に関して、誰がいつ、どのマシンを何枚使用したかといった使用状況データを自動収集し、一元管理を実現。IDカードや社員番号の入力により、他部門や他フロア、他事業所のOA機器を利用する場合でも、利用者の特定が可能。
      • 部門別、マシン別などで月毎に集計が可能なうえ、両面印刷や集約印刷の利用状況の把握も可能。
      • 利用状況を把握し、効率的なOA機器の配置や買い替えを推進することでTCOを削減。
      • 1サーバーで約300名までの管理が可能。システム拡張が容易なため、部門での導入から全社的な集中管理までを実現。
  • 2.紙文書を簡単な操作で電子化し、ネットワーク環境でご活用いただけます。
      • タッチパネルとコピー感覚の簡単な操作により、紙文書をスキャニングして電子化。自動で自分あての電子メールに添付して配信。
      • 電子メールへの添付は、汎用フォーマットのTIFFファイルを採用しているため、一般的なビューワソフトで閲覧することが可能。
      • スキャニングしたデータを、社外のE-mailやファクス宛てに送信することも可能。相手先の環境を気にする事なく、一斉に送信できるため、作業を効率化。
      • 相手先のE-mailアドレスやファクス番号をアドレス帳に登録しておくことで、送信時は宛先選択をするだけの簡単な操作を実現。
  • 3.プリンターの管理負担を軽減します。
      • クライアント上に、ネットワーク上のすべてのOA機器を一覧表示。利用したいプリンターやMFP(プリンター機能付きデジタル複合機)を選択し、ボタン操作をするだけで、プリンタ環境設定やプリンタードライバーのインストールを実行。
      • プリントサーバーを使用せずに、クライアントPCからのダイレクトプリントが可能。
      • 紙切れやトナー切れなど、機械の状態を自席のパソコンから確認することが可能。
  • 4.ペーパーレスでファクスの送受信を実現します。
      • 受信したファクスデータをイメージ情報としてネットワーク経由で各クライアントから閲覧したり、メール同様の操作で作成した文書をクライアントから直接ファクス送信するなど、ペーパーレスでのファクス送受信を実現。
      • 「REDMS モデルFG」1台あたりで最大8回線まで対応。さらに、1回線に対し、32個までのダイヤルイン番号の指定が可能。ファクス回線や機器の集約化により、管理負荷の軽減とコスト削減を実現。
      • 全国の各拠点ごとに「REDMS モデルFG」を設置することで、送信先に最も近い「REDMS モデルFG」までは社内LAN/WANを利用し、そこから先の部分だけ公衆回線を利用することが可能。通信費を大幅に削減。
  • <REDMSの構成例>
    • 最 小推奨構成の場合
      モデルDM1台、モデルMS1台、モデルFG1台、クライアント10台の場合です。
    品 名 単価(円) 数量 金額(円)
    REDMSモデルDM 1,250,000 1 1,250,000
    REDMSモデルIB 470,000 1 470,000
    REDMSモデルFG2 1,528,000 1 1,528,000
    REDMS専用液晶タッチパネル 180,000 1 180,000
    REDMS専用ラック 70,000 1 70,000
    imagio4570 モデル5e 1,510,000 1 1,510,000
    スキャナユニットタイプL 120,000 1 120,000
    imagio ドキュメントフィーダーRF2 210,000 1 210,000
    imagio 給紙テーブルPT21 170,000 1 170,000
    imagio インナー1ビントレイタイプ2 30,000 1 30,000
    イーサネットボードタイプMP120 108,000 1 108,000
    MK1 83,000 1 83,000
    MK1接続ボード 7,000 1 7,000
    S-ADP 40,000 2 80,000
    RS232Cケーブル 1,500 1 1,500
    REDMSアクセスライセンス10 14,000 1 14,000
    ハードウェア合計 5,831,500
  • 別途、導入設置料、保守料金が必要になります。
  • REDMS モデルMS
    REDMS モデルMS
  • *このニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。