Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

はたらく人に
最高の支援をAIで

はたらく人に
最高の支援をAIで

リコーはデジタルサービスで
はたらく人の創造力を支え、
ワークプレイスを変えるサービスを
提供します。

デジタルの頭脳であるAIは、人が目や耳などで得た情報を元に判断していた内容を、画像やセンサーで必要な情報を取り込み、高速かつ大量に処理することで、はたらくを楽にします。さらには、今まで発見できなかった事やできなかった処理を実現することではたらく人のお役に立ちます。 はたらく人のさまざまなシーンに寄り添い、質の高い支援を届けるために、リコーはそれぞれのワークプレイスの課題を深く理解し、最適なAIを開発して使いこなすことで、最適な解を見つけ出し、はたらく人へ価値を提供していきます。

サービス開発

AIはツール自体がオープンで進歩が非常に速く、速度や性能の世界最高記録が常に塗り替えられる特殊な技術領域です。
AIの性能を最大限に引き出して課題解決につなげるためには、AI単独の性能だけではなく、
目的に合った質の高いデータを数多く収集してAIに学習させることが非常に大切です。

リコーが重点的に取り組んでいるAI領域

  • データ

    リコーのオリジナルなセンシング技術(画像・振動など)で今まで取得できなかったデータを取得できるようにします。リコーの培った光学技術を活かした特殊なカメラで画像に留まらない情報を把握するなど、データの質も向上します。

  • ワークフロー

    ワークフローを深く理解し、はたらく人にとって重要だけれどもまだ実現できていない、気づいていない課題や、まだデータを蓄積できていない課題を見出します。自社での実践を通じて、より役に立つように検証と課題の洗い出しを行います。

  • 技術×ビジネスモデル

    AIやセンシングといった技術とビジネスモデルを両輪として育て、ビジネスに必要なデータが集まり続けるようにします。取得したデータを最適なAI技術で活かしきり、はたらく人へ価値を提供します。

  • 画像認識・解析
  • 自然言語処理
  • 音声・振動認識
  • 構造化データ分析

リコーが提供するサービス

オフィス・現場・社会のさまざまなワークプレイスで、はたらく人に価値を提供していきます。

  • オフィスでは
  • 現場では
  • 社会では

与信の判断をAIによって自動化

従来は人が行っていた与信判断をAIによって自動化しました。与信の対象となる企業の売上や業種などのさまざまな情報(特徴量)を入力することで、対象企業のデフォルト確率を予測したり、与信して良いかどうかを高速に判定することが可能です。

自動与信のためのAI技術

構成の違う2つの文書の内容を
AIで比較して対応づけ

2つの文書の文や段落を自動的に対応させて重複や差異を明確にできる自然言語処理技術「ディープアライメント」を開発しました。ディープラーニングによって学習した語句の意味に基づき、語句の意味だけではなく、語句が属する文や段落の意味の近さも考慮することで、その出現順序に依存せずに文や段落同士を対応づけるアルゴリズムを考案し、契約書などの文書の対応づけに成功しています。

ドキュメントソリューションのための自然言語処理技術

工場(IoT)× 振動センシング
設備や機械の異常検知をAIで

独自開発のセンサーとデータ解析技術を組み合わせることで、設備や機械の異常を検知するために必要なデータを抽出することが可能に。このシステムは、リコーグループの振動の解析技術、AIアルゴリズム、産業機器向けのコントローラ技術等を組み合わせて実現しています。

社会インフラ点検×マシンビジョン
AI技術で社会インフラをモニタリング

現状の社会インフラの点検作業は専用車両や人の目視によるものが多く、費用面や細い生活道路までは入れないなどの問題により、実施できる範囲や頻度が限られています。リコーの路面性状モニタリングシステム、トンネルモニタリングシステムでは、これまでの人の目視による判定工程から、マシンビジョンによる画像の取得とAIによる機械学習によるモデルへ置き換えたことで、測定および判定作業の効率と精度を大幅に向上させています。

人材・体制

お客様の課題解決につながる新鮮なAIの応用を提案するために、
社員みんながお客様にAIの提案ができるAIネイティブな会社を目指します。

サービス開発担当者と
支援を行う専門組織

リコーグループ全体でAI人材を育成しています。各サービス開発のAI担当者が実務にAIを組み込み、必要に応じてAI専門組織が支援を行います。社内実践として、独自のアルゴリズムを用いた部品の外観検査の実施や、クラウドOCRやチャットボットの業務での活用などにより、業務効率化と品質向上に取り組んでいます。それらの経験を生かしてお客様の課題をAIで解決できる体制を築いていきます。
外観検査向け画像認識・解析技術

最先端のAI研究

事業のAI化を支援するかたわら、AI専門組織の研究者達は国際学会や論文等でAI技術の発展に貢献しています。また、全社の有志が参加する社内塾で腕を磨きながら、KaggleやSIGNATEなどの社外コンペへ挑戦し、メダルを獲得するなど、グローバルで優秀な成績をおさめています。

リコーグループでのAIへの取り組み

  • AI OCR & RPA活用による働き方改革

  • 路面性状モニタリングシステム

  • 360°コンテンツ用クラウドサービス

リコーのAI技術に関する
ご相談・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ