Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ダイバーシティとワークライフ・マネジメント

ダイバーシティ推進とワークライフ・マネジメントの基本的な考え方

多様な人材が個性・能力を最大限に発揮し、英知を融合させることで、イノベーションが創出され、多様な顧客ニーズに対応した付加価値の高い商品・サービスの提供につながります。
その実現のためには、多様な人材が活躍できる環境整備が必要であり、社員一人一人が仕事と仕事以外の生活の双方をマネジメントし、生産性の高い働き方をすることが必要となります。
このような考え方から、リコーでは、「ダイバーシティ推進」と「ワークライフ・マネジメント」を経営戦略の1つと位置づけ、取り組みを進めています。

ダイバーシティ&インクルージョン ステートメント

「リコーグループでは、世界中すべての人びとのユニークな才能、経験、知見を結集し、新たなイノベーション創出に取り組みます。」
これは、リコーグループが今後、あらゆる多様性や価値観を互いに受け入れ、グローバルの社員が一つのチームとして働く決意を表すものとして制定し、22言語でグローバル各極に発信しています。

経営方針としてのダイバーシティ&インクルージョン

リコーグループが取り組む7つのマテリアリティの1つとしてダイバーシティ&インクルージョンを掲げています。
社会の持続的な発展やイノベーションのために、社員の多様性を尊重し、イキイキとと働けるような環境整備に取り組んでいます。

関連:リコーグループが取り組む7つのマテリアリティとSDGs

リコーグループは、多様性に配慮した職場づくりを目指し、一人ひとりがイキイキと働き、個人およびチームとして最大のパフォーマンスを発揮することを支援し、​「会社の発展」と「個人の幸福」の実現を図ります。
そのための行動指針をリコーグループ企業行動規範に明記し、従業員の理解増進を図っています。