日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

Jobs

それぞれの業務内容と役割を紹介します。
さらに、プロジェクトストーリーでは社員が自身の体験と想いを語ります。

職種紹介

研究

自律的に研究テーマを企画し、推進していく業務です。研究においては、専門領域に関する深い知識と幅広い関連知識、行動力や精神的なタフさ、関係者を巻き込む能力も要求されます。研究の対象は、新規事業を生み出すコア技術、既存事業の次世代製品、そしてこれらを支える基盤技術です。

社員インタビュー

設計開発

市場の変化や動向に対応した製品を設計開発します。常にお客様のニーズに応えながら、新たな付加価値の創造が求められる仕事です。また、先進性だけでなく、より高品質・低コストな製品の開発マネジメントを行うことも、メーカーにおける設計開発の重要な仕事。機械や電気、光学、材料、ソフトウェアなど、さまざまな技術・知識を学び成長するチャンスも豊富です。

社員インタビュー

生産技術

製品化される際に、高品質で安定したものづくりを効率よく低コストで実現することが役割です。世の中の生産技術に対して常にアンテナを張り、現場や設計者など多くの関係者との連携が要求されます。部品採択や加工技術開発、工程設計、画像処理を活用した計測装置の開発、IoTを駆使した自動生産システムの構築、海外生産拠点での生産ラインの立ち上げなど、業務は多岐にわたります。

社員インタビュー

グローバル調達

リコーグループ内で必要となるありとあらゆる物を社外からグローバルに購入します。特に製造業では売上原価に占める部材費の割合が大きく、原価低減は企業の利益に大きく関わります。新製品仕様を実現するために最も優れた製造・設計方式を開発部門や外部パートナーと連携して実現し、購買条件や購入価格の交渉を担当します。購入価格を決定する際には、国際情勢を踏まえた市況動向分析や原価分析なども重要な業務内容の一つです。

社員インタビュー

品質技術

お客様に、いつまでも安心・満足、使い続けて感動していただける製品・サービスを提供するために、開発された製品が市場に投入される前に第三者的な視点(お客様の視点)で品質管理を行います。より早く・確実に、極めて高い品質を獲得するために、各種解析技術や品質工学などの手法を用いて、開発区や設計区などを支援しています。

社員インタビュー

知的財産

日本、米国、欧州および新興国を主とした知的財産(特許、意匠など)の取得・管理・運用を行います。発明者や弁理士、弁護士などの対応をはじめ、特許取得に向けた戦略立案、他社特許への対応、ライセンス交渉などを含む知財業務を担当。他にも、特許権侵害訴訟対応や大学や企業との共同研究における特許ライセンスの契約書作成も行い、リコーの技術価値を高めます。

社員インタビュー

海外サービス

全世界のお客様に製品を安心・満足してご利用いただくためのグローバルなアフターサービス・サポート体制の企画・戦略立案や、現場への技術情報の提供と支援を行います。お客様や市場のご要望に基づき、保守体制や新製品開発プロセスにおける製品の改善を、商品企画・設計開発・マーケティング区とともに推進していきます。製品技術だけでなく、ソフトウェアやネットワーク・通信技術などの周辺技術に関する知識も習得する必要があり、幅広いスキルを身に付けることができます。

社員インタビュー

グローバルSE

お客様の課題分析からソリューション提案、要件定義、システム構築・導入に関連した技術支援、プロジェクトマネジメントに携わります。自社・他社のテクノロジーを組み合わせ、技術的検証を行い、最適な提案や導入後のサポートを国内・海外で展開。幅広いITスキルやプロジェクトマネジメント、ファシリテーションスキル、グローバルビジネスで対応できる英語力の習得が求められます。

社員インタビュー

社内IT

ITを経営の戦略的な武器にしていくために、経営・企画・開発・生産・販売・サービス・購買などのあらゆるビジネスプロセスにおけるITシステム/インフラに関わる戦略を企画・立案します。また、グローバルリコーでその戦略を展開・実行していくために、最先端のIT関連技術を活用しながらプロジェクトマネジメントを行い、経営判断のための可視化や現場での事業創造、社内業務プロセス改革を支援し、経営に貢献します。

社員インタビュー

デザイン

リコーの様々な事業で展開している製品やサービスについて、ハードウェアやユーザーインターフェースなど様々なデザインを手掛けています。
それぞれの事業でお客様のニーズや使われ方、行動などの特性が異なり、デザインを変える必要があります。これからもお客様にあったデザインを提供していきます。

Ricoh Design

グローバル調達

リコーグループ内で必要となるありとあらゆる物を社外からグローバルに購入します。特に製造業では売上原価に占める部材費の割合が大きく、原価低減は企業の利益に大きく関わります。新製品仕様を実現するために最も優れた製造・設計方式を開発部門や外部パートナーと連携して実現し、購買条件や購入価格の交渉を担当します。購入価格を決定する際には、国際情勢を踏まえた市況動向分析や原価分析なども重要な業務内容の一つです。

社員インタビュー

商品企画

お客様のニーズやトレンドなど様々な情報をもとに、拡大する商品・サービスを企画立案します。ハードウェアに限らず、ソフトウェア、ソリューションなども含まれます。

社員インタビュー

海外サービス

全世界のお客様に製品を安心・満足してご利用いただくためのグローバルなアフターサービス・サポート体制の企画・戦略立案や、現場への技術情報の提供と支援を行います。お客様や市場のご要望に基づき、保守体制や新製品開発プロセスにおける製品の改善を、商品企画・設計開発・マーケティング区とともに推進していきます。製品技術だけでなく、ソフトウェアやネットワーク・通信技術などの周辺技術に関する知識も習得する必要があり、幅広いスキルを身に付けることができます。

社員インタビュー

グローバルSE

お客様の課題分析からソリューション提案、要件定義、システム構築・導入に関連した技術支援、プロジェクトマネジメントに携わります。自社・他社のテクノロジーを組み合わせ、技術的検証を行い、最適な提案や導入後のサポートを国内・海外で展開。幅広いITスキルやプロジェクトマネジメント、ファシリテーションスキル、グローバルビジネスで対応できる英語力の習得が求められます。

社員インタビュー

社内IT

ITを経営の戦略的な武器にしていくために、経営・企画・開発・生産・販売・サービス・購買などのあらゆるビジネスプロセスにおけるITシステム/インフラに関わる戦略を企画・立案します。また、グローバルリコーでその戦略を展開・実行していくために、最先端のIT関連技術を活用しながらプロジェクトマネジメントを行い、経営判断のための可視化や現場での事業創造、社内業務プロセス改革を支援し、経営に貢献します。

社員インタビュー

マーケティング

事業をグローバルで拡大させるPRやマーケティング戦略を立案します。国内外のお客様と販売現場を知り、価格や販売チャネルの検討、商品投入に向けたプロモーション計画などの販売戦略を組み立てます。日本を含めた様々な国・地域に対し、グローバルな視点とローカルの実情の融合を図りながら事業を推進していく力が求められます。

社員インタビュー

事業戦略

担当する事業・商品・地域について3C情報をもとに、短期的および中長期的にみて、より業績をあげるための戦略・施策を検討し展開します。戦略・施策立案や業績管理、KPI管理などの仕事があります。

社員インタビュー

コーポレートスタッフ

採用、配置、育成、処遇、退職など、人に関わる様々な業務を行う「人事」。オフィスの防災・安全衛生管理などによって社員が働きやすい環境を整える「総務」。経営に近い部門として、決算、事業計画の立案、為替管理、原価計算、資金の調達・管理などを行う「経理」。事業運営で発生する法的な問題への対応や事業成長支援、グループガバナンス強化を担当する「法務」など、それぞれの専門性を活かし、リコー全体を支えています。

社員インタビュー

営業

国内及び海外の幅広い市場・顧客に対し、リコーの技術だけでなく、社外のリソースもコーディネートし、お客様に応じた新しいサービス/価値提供を行います。導入後にもフォローや情報提供を継続し、顧客満足度を高めると共に、顧客の維持・拡大を目指します。

社員インタビュー

Project Story

未来を創るためには何が必要か。
新しい価値を創ってきた社員たちが、それぞれの想いと経験を語ります。

PAGE
TOP