日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

Work Environment

はたらく環境と制度

はたらく環境を
数字で見る

リモートワーク主体勤務率

67.0%

コロナ前の2018年より、所属する事業所以外でも勤務ができるリモートワーク制度を本格的に導入。今では大多数の社員が利用するまでになりました。
自宅のほか、街中のカフェやコワーキングスペースでの勤務、旅先でのワーケーションなども可能です。
ワークライフ・マネジメントや危機管理対応といった点で大きな効果を上げています。詳しくはこちら

※日常的に、1ヶ月のうち半数以上リモートワークしている社員の割合。
※コロナ禍においては、最大約8割。(2020年4~6月)

育休取得率

110.6%

111.0%

※2020年度利用実績。
※利用者数÷当年度対象者数で算出しており、利用者には当年度分のほか前年度対象分も含まれるため、100%を超えることがあります。

有休平均取得日数

13.3

※2020年度実績

社内副業利用者数

521

※2020年度実績

新卒入社3年後定着率

94.4%

※2020年度実績

主な制度

フレックスタイム制度

リコーでは「エフェクティブ・ワーキング・タイム(EWT)制」と呼んでいる、7:00~20:00の間で勤務時間を自ら設定する制度です。
コアタイムがないので、勤務時間中にちょっとした用事で短時間抜けることも可能です。

ショートワーク制度

ワーク・ライフにあった多様な働き方の実現のため、育児・介護以外の事由においても短い勤務時間の働き方が出来る制度です。短時間勤務、短日数勤務(週4日)があります。

社内副業制度

勤務時間の一部(20%以内)を使って、社内でやってみたい仕事やテーマ、活動にチャレンジできる仕組みです。

特別長期休暇制度

スキルアップのための留学・進学や配偶者の転勤のために会社を辞めることなくキャリアを継続するための制度です。

外部表彰、認定

リモートワーク関連
・総務省 テレワーク先駆者百選 (2018年度)
・テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰 ~輝くテレワーク賞~ 厚生労働大臣賞「特別奨励賞」(2019年度)
・日本テレワーク協会 テレワーク推進賞 会長賞 (2020年度)
ダイバーシティー関連
・プラチナくるみん認定 (2015年度取得)
・えるぼし企業認定 (最高の3段階目) (2016年度取得)
・J-Winダイバーシティ・アワード 準大賞 (2021年度)

リコーの制度をもっと見る

特別インタビュー

PAGE
TOP