Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

先輩社員インタビュー31

写真

数字からビジネスを読み解き、
意思決定の一助に。

経理

横井 健志Kenji Yokoi
[入社]2011年
[出身]農学部

※内容や部署等はインタビュー当時のものです。

現場にも、ビジネスにも強い数字のプロとして。

入社したきっかけは、面接やセミナー等の採用プロセスで関わった方々の雰囲気が自分にあっているなと感じたからです。また、顧客のビジネスをサポートし価値創造を促進するリコーのような事業に関わりたいという思いもありました。
入社してからの印象として、当社はどのような相手でも意見を真剣に聞いてくれる人が多いと感じています。論理が正しければ、誰が言った意見であっても採用されます。また提案等であれば実現されているように感じています。
キャリアに関しても本人の志向や努力を評価して聞き入れる傾向が強いと感じています。私自身現状、経理に配属されてから自分で描いたキャリアプランに沿ったキャリアを実現させていただいています。

特に印象に残っている経験は、リコー連結財務財務諸表の作成に関わっていた時期に経験した、国際会計基準の新基準導入の対応業務です。
新しい基準ということで、監査法人・事業会社ともに十分なノウハウがない中、国内外の子会社とも議論を重ね現状を整理し、リコー本社としての方針を作成し、導入を実現しました。
こういった、連結の財務諸表に大きな影響のある業務を比較的若い社員に任せてもらえるので能力を高めるにはとても良い環境だと考えています。

ロンドンで、幅広い経理業務を経験。

入社時から考えていたキャリアプランである、日本で経理としての専門性を高め、海外の経理要員と対等に話せるレベルに達してから海外子会社に出向するという希望が実現し、現在はロンドンにある欧州の販売統括会社に出向しています。
現在は販売会社の業績管理や事業計画策定のサポート、施策の立案・現場展開、日本本社へのレポーティングといった仕事に従事しています。
販売会社にはビジネスにおいて高い専門性と能力を持った人材が多くいます。その中で私達はビジネスの全体像を財務の観点から分析し、その事業が儲かるかどうかを判断したり、どこかに改善要素はないかを明らかにすることでサポートすることをミッションとしています。
各事業の施策や課題を数字の面から押さえて、その要因や解決案を考え経営層に提案できることは、この仕事の大きな魅力です。今後の目標は、事業責任者の右腕的な存在としてビジネスがより上手く進むように積極的に意見・アクションをしていくことです。
そのためには、世の中の動きやそれがもたらす影響にも常に敏感でありたいと思いますし、会計・財務・税務・監査など、様々な視点から物事を考えられるよう、まだまだ勉強を続け経験値を高めていきたいです。

写真

ワークライフ・マネジメント

海外赴任前は、リモートワーク制度やエフェクティブ・ワーキングタイム制度(一ヶ月清算型)を利用し、早い時は定時前に退社し、語学の勉強や資格取得に取り組んでいました。また、制度を子供の送り迎えや家事等の時間捻出に利用していました。
ロンドンでは、日本に比べて祝日や連休が少ないため、年次有給休暇をうまく利用し近隣諸国へ旅行に行き、家族と共に過ごす時間を大切にしています。やりがいや責任感を持って日々仕事に励むことが、良い休みを作り、公私にメリハリをつけることへとつながると考えています。

私の一週間

月曜
主要販売会社とテレビ会議システム(UCS)で業績レビュー会議。各事業の業績や施策の進捗について議論。
火曜
本社経理と全社施策の推進について意見交換・議論。
水曜
販売会社の月次業績をチェック。メールや電話で差異や異常値の確認。
木曜
日本本社への報告資料の作成、内部レビュー。
金曜
来年度計画案の作成。前提条件やトレンド、一時要因の整理。
土曜
日曜
近所のテニスクラブでの練習や試合、家族と過ごしたり、家事をこなしたりして過ごしています。

これまでのキャリア

2011〜2013年/経理部
出納・勘定管理を担当。

2013〜2015年/経理部
業務効率化に向けた国内経理システム関連プロジェクト推進を担当。

2015〜2019年/経理部
リコー連結の決算業務を担当。会計基準適用・外部開示等を担当。

2019年〜現在/経理部 Ricoh Europe Plc.
ロンドンの販売統括会社に出向。欧州の業績管理や事業計画策定、ファイナンス関連施策の推進を担当。