Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs
Main content

リコーグループのサステナビリティ

基本的な考え方
ビジネスの力で持続可能な社会を実現

リコーグループは、「人を愛し、国を愛し、勤めを愛す」という創業の精神(三愛精神)に基づき、「世の中の役に立つ新しい価値を生み出し、生活の質の向上と持続可能な社会づくりに責任を果たす」ことを使命としています。

リコーグループは、目指すべき持続可能な社会の姿を、経済(Prosperity)、社会(People)、地球環境(Planet)の3つのPのバランスが保たれている社会「Three Ps Balance」として表しています。この目指すべき社会の実現に向け、「事業を通じた社会課題解決」「経営基盤の強化」「社会貢献」の3つの活動に取り組み、国際社会で合意された「持続可能な開発目標(SDGs)*」の達成に貢献していきます。

* 持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)
国連で合意された2030年までの世界的な優先課題および世界のあるべき姿を定めた世界共通のゴール。17の目標と169のターゲットで構成される。

  • SDGs 1
  • SDGs 2
  • SDGs 3
  • SDGs 4
  • SDGs 5
  • SDGs 6
  • SDGs 7
  • SDGs 8
  • SDGs 9
  • SDGs 10
  • SDGs 11
  • SDGs 12
  • SDGs 13
  • SDGs 14
  • SDGs 15
  • SDGs 16
  • SDGs 17
  • SDGs

サステナビリティ推進体制

環境・社会・ガバナンス分野におけるリコーグループの中長期的な課題を経営レベルで継続的に議論していくため、2018年5月にESG委員会を設置しました。ESG委員会はCEOを委員長とし、グループマネジメントコミッティ(GMC)メンバーと監査役およびサステナビリティ担当役員から構成されます。サステナビリティ推進本部が事務局を務めています。四半期に一度開催される委員会では、議論するテーマに応じて事業部門の責任者を招集し、サステナビリティ課題を横断的に検討・議論していく体制を整えています。

ESG委員会の役割

  1. SDGsへの取り組みなどビジネスを通じた社会課題解決を経営の根幹に据えるためのリコーグループサステナビリティ戦略の策定
  2. グループ全体の中長期的なサステナビリティリスク・機会および重要課題の特定(TCFD*で求められる気候変動リスク・機会に関する投資判断等)
  3. グループ全体のサステナビリティ戦略/重要課題/各事業部門のKPIの進捗状況の監督および助言
  4. 取締役会で審議すべきサステナビリティ課題の特定と取締役会への上申

* TCFD
気候関連財務情報開示タスクフォース。⾦融安定理事会(FSB)によって設⽴され、企業に対する気候関連リスク・機会 の情報開示の促進と、低炭素社会へのスムーズな移行による⾦融市場の安定化を目的としている。

2019年度 ESG委員会審議事項

第1回 ・リコーにおける気候変動リスクと機会討議
・SDGs社会KPI設定について
第2回 ・リコーにおける気候変動リスクと機会討議
・SDGs社会KPI設定の承認
第3回 ・環境目標の見直し(1.5℃目標への対応)
・サプライチェーンにおけるESGリスクマネジメント
第4回 ・ESG評価向上に向けた取り組み強化
・20次サステナビリティ基本方針・主要戦略概要と環境目標の見直し(1.5℃目標への対応)
第5回 ・20次中期経営改革 サステナビリティ主要戦略検討