Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs
Main content

マテリアリティ(重要社会課題)

リコーグループは、社会に広く目を向け、社会課題解決にチャレンジすることで、新しい市場や提供価値を生み出し、社会の発展とリコーの成長の同時実現につなげていきたいと考えています。経営理念、中期経営計画、ステークホルダーからの期待を反映したマテリアリティに基づき、事業を通じて社会課題の解決に取り組みます。

マテリアリティ設定プロセス

2014年、国際社会の動向やステークホルダーからの期待、経営にとっての重要性を元にリコーグループとして初めてマテリアリティを策定しました。2017年4月の第19次中期経営計画のスタートを機に、国際社会で合意された持続可能な開発目標(SDGs)と、リコーの経営理念、中期経営計画、社外有識者の意見を踏まえ、経営層と十分な議論を重ねた上で、事業を通じて注力する5つの重要社会課題を新たに設定しました。

画像:マテリアリティ設定プロセス

リコーグループは持続可能な経済(Prosperity)、持続可能な社会(People)、持続可能な地球環境(Planet)の3つのPのバランスが保たれた社会(Three Ps Balance)を目指すべき社会として定義しています。Three Ps Balanceにおける5つの重要社会課題とSDGsの位置づけは下図のとおりです。

今後、各課題に対する目標、KPIを事業部門と策定し、事業を通じた取り組みをより一層強化していきます。

リコーが取り組む5つのマテリアリティとSDGs

画像:リコーが取り組む5つのマテリアリティとSDGs