Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

障がい者採用

雇用実績

リコーで働いている障がい者社員の障がい部位は、以下です。
上肢、下肢、体幹、視覚、聴覚、平衡、心臓、腎臓、膀胱、直腸、小腸、精神、その他(発達障がい)

職種実績

経理・財務・事業計画、
人事・総務・教育、事務スタッフなど

研究開発、開発設計、知的財産、
品質保証、生産・物流など

※2016年12月1日現在(正社員・嘱託含む従業員)

環境設備

視覚障がい
読み取りソフト、スクリーンリーダー搭載パソコン、点字ブロックなど
聴覚障がい
ノートテイク、会議時の手話通訳派遣体制、筆談対応、音声認識ソフト、集音器など
下肢障がい
車いす対応(多目的)トイレ、職場のバリアフリー化など
内部障がい
通院への配慮
発達障がい
職場とのコミュニケーションサポート

リコーテクノロジーセンター(海老名事業所)
オフィスツアー

  • 写真:入口からオフィス

    入口からオフィス入口ゲートからオフィスまで、基本的に全てバリアフリーの設計になっており、車いすの方がストレスなく通勤できるよう配慮しています。

  • 写真:障がい者専用駐車場と車いす用スロープ

    障がい者専用駐車場と車いす用スロープ各棟の入口に直結されている、障がい者専用の駐車場と車いす用のスロープを設置しています。

  • 写真:入口ゲート

    入口ゲートオフィスへのゲートは、車いすでも十分に通れるよう、通常のゲートが80センチメートルに対し、100センチメートルの幅で設置しています。

  • 写真:エレベーター

    エレベーターエレベーター内部では、足元を確認できるよう対面に全身鏡を設置し、ボタン位置、各階ボタンの点字対応や手すりを設置しております。また、各階へのボタンは色弱者に考慮したカラーユニバーサルデザインを採用しています。

  • 写真:多目的トイレ

    多目的トイレ扉は開閉しやすい自動スライド方式で、トイレ内部には手すりや、電源コンセント、非常時に外部と通話ができる非常呼び出し装置を設置しています。

  • 写真:ヘルスケア

    ヘルスケア医務室が設けられており、常駐の保健師と産業医が待機しています。万が一の場合の応急処置、ヘルスサポート、健康相談窓口などの環境を整えています。

  • 写真:コラボスペース

    コラボスペース部署をまたいだ交流やミーティングがしやすいように、吹き抜けのコラボスペースを設置しています。広々としたスペースでミーティングや交流を行えます。

  • 写真:リラクゼーションルーム「こころん」

    リラクゼーションルーム「こころん」リラクゼーションルーム「こころん」では社員向けに疲れた身体をほぐす、予約制のマッサージルーム(有料)を設置しています。また、社内にはコンビニエンスストアと銀行ATMも併設していますので社外に出ることなく利用できます。

障がい者採用エントリー

こちらから障がい者採用へご応募いただけます。