Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

社会課題解決への貢献

 リコーグループは、グローバルな社会課題に対して「事業を通した社会課題解決」と「意志と責任をもった社会貢献活動」の双方を大切にしています。
「事業活動を通じた社会課題解決」は、自社の技術力や商品・サービス・人材といったリソースを活かし、事業領域内で取り組む活動又は将来の事業につながる取り組みを指します。社会の課題を深く理解し、ステークホルダーと協働して活動することで、課題の解決のみならず、新たな市場・顧客の開拓や新たな競争軸の創出につながると考えています。
また、「意志と責任をもった社会貢献活動」とは、事業領域内外に関わらず、重点的に取り組むことを決めた社会貢献活動を、地道に継続的に実施することを指しています。会社や社員が直接実施する社会貢献活動のみならず、課題解決に向けて活動するNPO・NGOなどの支援も行っています。
こうした取り組みの土台として、社員一人ひとりが社会の課題に対する関心と感受性を高め、自らが課題解決に取り組む組織風土を醸成するための啓発と浸透にも力を注いでいます。

画像:社会的課題解決への貢献