Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

社会貢献の基本方針

リコーグループは、共通コンセプトに基づいた社会貢献活動を行うことで、社会的課題解決への貢献を最大化させるため、グループ・グローバルの社会貢献基本方針を設定しています。
この方針に基づき、各グループ会社の強みや人材・リソースを活かして、それぞれに活動を推進しています。

リコーグループの社会貢献の基本方針

リコーグループは、「良き企業市民」として、国または地域の文化や習慣を尊重し、志を同じくする人々とのパートナーシップのもと、会社と社員が協力し合い、地球・社会の持続的発展に貢献します。
世界各国・地域における持続可能な社会実現のために、重点分野を定め、各地で活動を行います。

理念

リコーウェイ

私たちの使命

世の中の役に立つ新しい価値を生み出し、提供しつづけることで、人々の生活の質の向上と持続可能な社会づくりに積極的に貢献する

行動原則

CSR憲章

行動規範

社会との調和

  • リコーグループの各企業は、「良き企業市民」として積極的に社会貢献活動を行う。
  • リコーグループの各企業は、国または地域の文化や習慣を尊重し、その発展に貢献する経営を行う。

社会貢献活動の実践

  • 地域社会に寄与する社会貢献活動を実践する。
  • 社会貢献活動を重んずる企業風土を醸成する。

重点分野

社会貢献の基本方針

コミュニティ発展 地球環境保全 次世代育成

画像:重点分野_地球環境保全・コミュニティ発展・次世代育成

地球環境保全
コミュニティ発展
次世代育成

※リコーウェイ、CSR憲章、行動規範は、該当箇所を抜粋

3つの重点分野の考え方

地球環境保全

画像:地球環境保全

リコーグループ環境綱領に基づき、地球市民の使命として、自らの責任で地球環境保全に取り組んでいます。私たちの事業活動が生物多様性を基盤とする地球の生態系サービスの提供を受けて成り立っていることを認識し、環境負荷を削減するだけでなく、地球環境の回復力を維持し、高めていくために、生物多様性方針を掲げ、持続可能な地球環境を目指した生物多様性への取り組みを推進しています。
さらに、地球環境を保全するには、社員一人ひとりが地球市民としての意識をもって、自主的に社内外で活動を実践することが重要です。リコーグループでは、生物多様性保全への取り組みを中心に、世界各地で多くの社員が参加して環境保全に取り組んでいます。

コミュニティ発展

画像:コミュニティ発展

企業はコミュニティの一員であり、事業活動はコミュニティの協力のもとに成り立っています。リコーグループでは、それぞれの国や地域社会との共存・共生、そしてともに発展することを目指し、コミュニティのニーズに則した社会貢献活動を推進しています。また、グローバルに事業を展開する企業として、途上国が抱える社会課題解決にも貢献していく必要があります。
リコーグループは、自社の技術や人材などのリソースを活かした貢献活動に加え、地域経済の発展につながる取り組みを地域の人々と協働して進めています。実施にあたっては、国際社会共通のゴールである「持続可能な開発目標(SDGs)」「社会(ステークホルダー)との協働」「自社の事業成長にもつながる取り組み」を重視しています。

次世代育成

画像:次世代育成

未来を担う次世代の育成は、持続可能な社会を実現していく基盤であり、社会全体として取り組み、企業もその一員として役割を担う必要があります。
リコーグループは、子どもたちに体験・活動を通じて自ら学び、成長できる環境を提供する活動を継続的に行っています。これらの活動は、グループの商品・技術や人材などのリソースを積極的に活用するとともに、保護者、学校関係者、地域住民、NPO と連携して行われています。
リコーグループが提供するプログラムに触れた子どもたちが、企業や職業に関心を持って成長し、将来、夢をもって社会へ踏み出せる環境を創る。それが企業と社会の持続的発展につながる“夢のサイクル”だと考えています。

社会貢献活動のスパイラルアップ

リコーグループ各社が実施している社会貢献活動を可視化し、社会的課題への貢献を最大化していくため、グループ共通の指標で評価・改善する、独自のPDCAを回しています。
グループ共通の評価項目には、活動の規模や成果の他に、「ステークホルダーとの協働」や「事業活動への影響」などを加え、活動のスパイラルアップを目指しています。さらにこの仕組みを活用し、グループで活動のナレッジ共有と水平展開を行っています。

画像:社会貢献活動のスパイラルアップ

主なコーポレートプログラム

リコーグループでは、「事業活動を通じた社会的課題解決への貢献」と「意志と責任をもった社会貢献活動」の双方を大切にし、様々なプログラムをグローバルに展開しています。

主なコーポレートプログラム

主なコーポレートプログラム インド教育支援プログラム
BOPプロジェクト
東日本大震災復興支援活動
市村自然塾 関東*
リコーサイエンスキャラバン*
森林生態系保全プロジェクト*
えなの森プロジェクト
環境ボランティアリーダー
リコー社会貢献クラブ・Free Will

  • *は「社会貢献積立金制度」を活用しているプログラムです。
    リコーには、安定した継続性のある社会貢献活動の取り組みを支える「社会貢献積立金制度」があります。1998年に設立されたこの制度に基づき、株主総会の承認を受け、利益の一部を「市村自然塾 関東」「リコー・サイエンスキャラバン」「森林生態系保全プロジェクト」「えなの森プロジェクト」などの社会貢献活動に活用しています。