Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

意志と責任をもった社会貢献活動

事業を通した社会課題解決と並行して、事業領域内外に関わらず、“意志と責任”をもって重点的に取り組むことを決めた社会貢献活動を、地道に継続的に実施しています。会社や社員が直接実施する活動はもとより、社会課題の解決に向けて活動しているNPO・NGOなどの支援も含まれます。

東日本大震災復興支援活動

新入社員研修による被災地支援

画像:めかぶ収穫作業を行う新入社員めかぶ収穫作業を行う新入社員

リコーグループは、新入社員研修の一環として宮城県南三陸町での漁業の復興支援を4年間(2012~15年)にわたり実施しました。この活動は被災地のコミュニティ再建に貢献するとともに、被災地の方々への“お役立ちの実践”を通して、新入社員がさまざまな気づき・学びを得る場となりました。
4年間で総勢816名のリコーグループ新入社員が南三陸町の各浜に分かれて地元の漁師さんと一緒に作業に取り組みました。

詳しくは以下参照
http://blog.ricoh.co.jp/shinsai/

住民・NPOとの協働でコミュニティ活性化による復興推進

リコージャパン株式会社(社長執行役員:佐藤邦彦)は、社員で構成した『RICOH JAPAN Volunteer Team』による東日本大震災の復興支援活動の一環として、2015年12月4日から6日の3日間、福島県田村市都路(みやこじ)地区において地域のコ ミュニティの再生支援活動を実施しました。この活動は、2014年から数えて8回目となり、参加した社員ボランティア(事務局含む)は延べ100名となります。

詳しくは以下参照
http://www.ricoh.co.jp/sales/news/2015/1224_1.html

子どもたちのまちづくり活動をサポート

子どもまちづくりクラブの冊子子どもまちづくりクラブの冊子

リコーグループは、2011年8月に岩手県陸前高田市で、日本科学未来館との協働により「学生復興会議」を開催。被災地の県立高田高等学校の生徒が参加し、 復興に向けての「まちづくり」を考えました。このプログラムから生まれた発想とアイデアを復興計画に活かしていけるように、NGO・セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが主催する「子どもまちづくりクラブ」に引き継ぎ、 運営の支援、報告書などの印刷の支援などを行ってきました。

5年間にわたるこの活動は2015年12月で終了となりました。活動を通じて、まちづくりへ参画する強い想いが育まれた子ども達が、陸前高田をはじめとした被災地復興のリーダーになってゆくのが楽しみです。

詳しくは以下参照
http://blog.ricoh.co.jp/shinsai/cat134/

東北復興応援物産展の開催

画像:東北復興応援物産展(首都圏)
画像:東北復興応援物産展(福島)

リコーグループ各社では、物産購入による産業復興支援として東北3県の物産展を継続して開催しています。
2014年8月からは、売上金額の一部を、被災3県の震災遺児・孤児を支援する団体に寄付しています。

リコーリースは、2015年2月に東北復興物産展(岩手)を開催しました。

詳しくは以下参照
http://blog.ricoh.co.jp/shinsai/2015/02/post-79.html

東松島市「環境未来都市構想」に参画

リコーグループが協働し、2012年3月まで行っていた、被災地の仮設住宅を回り市役所からの「お知らせ」や各種証明書などのコピーをする「コミュニティ巡回型情報プリントサービス」は、東松島市から高い評価をいただきました。その縁で、社団法人東松島みらいとし機構(通称:HOPE)と協働し、東松島市の「環境未来都市構想」実現に向けた支援を実施。販売関連会社リコージャパンが中心となり、「森の学校推進事業」「高齢者見守り事業」の2つの事業を推進しています。

東北未来イニシアチブ運営キーマンとして支援

画像:地域の行事「釜石よいさ」ではスタッフとして参加地域の行事「釜石よいさ」ではスタッフとして参加

2013年8月から2年間、岩手県釜石市の特別職員として2名のリコー社員が、被災地復興支援活動に取り組んでいます。彼らは、東日本大震災の被災地の復興と未来創造のため、産官民学のセクターを越えて全国の民間有志が協働する「東北未来創造イニシアティブ」の釜石サテライトのスタッフとして、釜石市に籍をおきながら、「釜石・大槌地域の将来を担う若者(30~40代)経営者の育成」と「釜石市の復興計画の具現化の推進」という課題に取り組みました。

セーブ・ザ・メモリープロジェクト 活動の記録

セーブ・ザ・メモリープロジェクトは、2011年に発生した東日本大震災において実施された心の復興支援活動です。
津波によって流されてしまった膨大な量の写真、この写真は被災者の方にとって何物にも代えられない思い出であり、人生の記憶であったのです。私たちは40万枚以上の汚損した写真を回収して一枚一枚洗浄し、デジタル複合機(デジタルコピー機)よってデジタル化/スキャニングを行いました。デジタル画像データはWeb上でデータベース化され、パソコンのWebブラウザーを使って簡単に検索できるようになりました。そして、被災者の方が写真を探す負担を軽減し、発見率を上げ、約9万枚の写真をデジタル画像データと共にお返しすることができました。
私たちは、2011年~2015年の4年間にわたる活動をまとめ、未来に残すことにしました。この記録が、防災意識の向上や万が一の事態に行われる復興支援活動のお役に立てば幸いです。

詳しくは以下参照
http://jp.ricoh.com/csr/savethememory/

東松島市の復興の森づくりを支援

画像:東松島市の復興の森づくりを支援その1
画像:東松島市の復興の森づくりを支援その2

宮城県東松島市野蒜(のびる)地区は、東日本大震災で発生した津波により町全体が壊滅的な被害を受けため、高台への移転工事が日々進められています。

平地にあった野蒜小学校も新しく高台に建築中ですが、小学校に隣接する森林を「復興の森」として、東松島市およびC.W.ニコルアファン財団が地域の方々が楽しめる森づくりを地域の方々と一緒に進めていおり、リコーグループもこの趣旨に賛同し、森のサンドシェルター(森の音を聞く場所)の設置に協賛しました。

2015年11月28日(土)仙台周辺のグループ会社であるリコージャパン、リコーインダストリー、リコー応電研の社員は、地元住民の方々と一緒に、笹刈りや間伐などの作業を実施しました。

次世代育成

市村自然塾 関東

画像:ジャガイモを収穫する塾生ジャガイモを収穫する塾生

「市村自然塾 関東」は、“生きる力を大地から学ぶ”の理念のもと、農作業と共同生活を通じて子どもたちの成長支援を行っています。「自然の助けを借りながら、ともに考え、知恵を働かせ、自らの汗を流し、自らが成長する」を基本方針に、毎年、早春の3月から収穫期の11月までの約9カ月間に渡る通年型の活動として実施しています。金曜日に学校が終わってから日曜日の午前中までの2泊3日で、男女各28名の子どもたちが隔週で集い、春の種まきから秋の収穫まで、一連の農作業のすべてを自分たちの手で行い、育てる野菜の種類は約40種類にも上ります。
2002年の開塾以来10年以上に渡る継続的な取り組みが高く評価され、2012年には日本フィランソロピー協会主催「第10回企業フィランソロピー大賞」を受賞、2013年には、青少年の体験活動の機会推進を目的として新設された文部科学省主催「青少年の体験活動推進企業表彰」において「文部科学大臣賞」を受賞しました。
また、卒塾生で構成される「大地の会」を中心に、総会、夏キャンプ等の既存プログラムの改善とOB農園等の卒塾生に対する新たなプログラムを開始しました。これまで輩出した卒塾生約700名を含め、社会へ巣立つ塾生達の成長を支援し続けています。

リコー・サイエンスキャラバン

画像:社員の説明に耳を傾ける子どもたち社員の説明に耳を傾ける子どもたち

青少年の理科離れが進んでいるとも言われる中、子供たちに科学を好きになってもらう機会を提供することを狙いとして、全国の科学館や小中学校などの教育施設を訪問し実験教室を行う「リコー・サイエンスキャラバン」を展開しています。
実験プログラムは、静電気を利用したコピー機の原理、デジタルカメラの構造などを小学生にも理解していただけるものとなっており、運営スタッフとしては全国のグループ社員がボランティアとして参加するなど、リコーグループらしい社会貢献活動となっています。
2015年3月までに、46回の開催を通じ、延べ24,042人の子どもたちに科学の不思議と楽しさを伝えることができました。2016年からは、プログラミングの基本が分かる新しいプログラムを開始しました。

地球環境保全

えなの森プロジェクト

岐阜県南東部の恵那市に、リコーグループの生産系関連会社リコーエレメックス恵 那事業所があります。1963年に工場を建設のために広大な敷地を取得し、事業所を建設した後も周辺40ha以上の森林が残っています。
リコーグループで は、2010年に名古屋で開催された生物多様性条約締約国会議COP10を機に、50年近くの生産活動でこの地から恩恵を受けてきた感謝と、これからも共 存していく思いを込めて森林保全活動をスタートし、現在は恵那市の住民、企業、NPOが協働する団体「リコーえなの森中山道里山協議会」を結成し、後世まで1000年生き続ける森を目指して、地球環境保全、次世代育成、コミュニティ発展に寄与する活動に取り組んでいます。

森林生態系保全プロジェクト

地球上には、森林、湖沼、珊瑚礁、海洋など、さまざまな生き物が生息する場所があり、それぞれに特有の生態系が保たれています。生態系が崩壊すれば、人類の生命維持に必要な自然環境も崩壊します。リコーは、生態系の中でも、特に生物多様性が豊かな「森林生態系」に注目して、1999年から、環境NGOや地域とのパートナーシップのもとに「森林生態系保全プロジェクト」を世界5カ国6地域で展開しています。
これらの活動は単なる植林とは異なり、土地固有の生物種の生息域や住民生活を守ることを主眼とするもので、持続的な森林管理の枠組みの構築を目的に行われています。

社員参加の活動

社員一人ひとりの意識向上を目指して

自社のリソースを効果的に活用し、社会の課題解決に貢献するには、社員一人ひとりの意識が重要です。社員が社会的課題への関心と感受性を高め、社会貢献活動への積極的な参加や自らの仕事を通して課題解決に取り組む意識醸成を目的に、様々な機会を提供しています。

リコー社会貢献クラブ・FreeWill

画像:マンガでわかる社会課題(大型支援プロジェクト)マンガでわかる社会課題(大型支援プロジェクト)

画像:FreeWillが贈った絵本を手にするバングラデシュの子どもたちFreeWillが贈った絵本を手にするバングラデシュの子どもたち

FreeWillは、「一人ひとりの浄財をより多数の参加と継続によって、全体で大きな資金として社会貢献活動に資すること」を狙いとして、1999年に発足した社員参加型の支援組織です。現在はリコーを含むグループ会社10社の社員が任意で会員となり、活動に参加しています。

会員は、毎月の給与と賞与の端数を拠出し、集まった資金を社会課題の解決のために活動しているNPO等の支援や会員社員の社会貢献活動に役立てています。定期的に行なっている寄付活動では、会員による推薦と会員代表の審議に基づいて支援先を決定しており、2015年度は42団体への寄付を実施しました。

また、会員参加型の活動として、多様な社会課題への関心と理解を深めてもらうことを目的に、会員投票で支援先を決定する「大型支援プロジェクト」を実施しました。その際、社会課題や各団体の取り組みを漫画化した「マンガでわかる社会課題」という読み物を社内イントラネットで公開し、より多くの社員に関心を持ってもらうよう働きかけました。

それ以外にも、2013年度から継続実施している活動として、東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市で、津波の到達ラインに桜を植樹する活動や、バングラデシュの子どもたちにベンガル語の翻訳シールを貼った絵本を届ける「世界に届け! FreeWill絵本プロジェクト」を実施し、多くの会員がFreeWillを通じて社会貢献活動を行いました。

環境ボランティアリーダー

画像:環境ボランティアリーダー

地球環境を保全するには、社員一人ひとりが地球市民としての意識をもって、自主的に社内外で活動を実践することが重要です。リコーは1999年6月から、社員を対象とする研修制度「環境ボランティアリーダー養成プログラム」をスタートさせ、2001年度にはリコーグループ社員および退職者へと対象を広げました。これまでに、500人を超える環境ボランティアリーダーを養成し、各リーダーは、それぞれの所属する部署や地域を巻き込んで、環境ボランティア活動を展開しています。彼らの活動は、社員や家族・友人との活動から地域社会へと拡がりを見せています。

グローバルエコアクション

画像:鳥の巣箱を整備するリコーヨーロッパの社員鳥の巣箱を整備するリコーヨーロッパの社員

リコーグループでは、2006年より「地球環境について考え、行動する日」として、毎年6 月に「リコーグローバルエコアクション」を継続して実施しています。世界中のグループ社員が参加し、地域の活動団体と連携しながら、生物多様性保全活動や省エネの取り組みなどを行っています。
ロンドンでは、リコーヨーロッパの社員が、コミュニティの公園を再生する支援をしている団体と一緒に、ガーデニングや鳥の巣箱の整備を実施。リコーグループから発信したエコアクションの環が、地域へと確実に広がっています。
また、2012年からエコアクションのさまざまな活動結果を、社内データベースに登録することで、グループ社員同士がお互いの活動を閲覧し、ナレッジの共有ができるようになりました。