日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content
猪野 陽子

日頃親しんでいる商品をつくるリコーに、魅力を感じた

どんな学生時代を過ごしましたか?
ラクロス部に所属し、部活動中心の生活を送っていました。学校の授業やアルバイトは、部活とのバランスを見て予定を立てるようにしていて、毎日忙しく過ごしていました。そんな生活のなかで、好きなことをやるために計画を立てて遂行する力が身についたと思いますし、チームとして強くなるために苦楽をともにした仲間ができたのは、何より貴重な経験になりました。
リコーに入社しようと思った決め手は何ですか?
就職活動の時期に、大学で開催された会社説明会に参加したことがきっかけです。リコーは、もともと複合機とプリンターの会社という印象が強かったのですが、説明会に参加して、カメラやサーマル製品、DVDドライブ(※現在は販売終了)など、日頃何気なく見たり使ったりしているものを提供している会社であることを知りました。それだけ多様な技術を持っていることに魅力を感じ、自分もそのなかの一員として社会の役に立ちたいと考え、入社を決めました。

お客さまの「気分が上がる」機能開発をしたい

普段の仕事内容を教えてください。
新規商材と複合機の商品企画をしています。企画区に所属した当初から、複合機の商品企画は手がけており、市場、他社、自社の状況を調査し、その結果から新製品の仕様を検討しています。必要に応じて、新規機能の提案や、不要な機能の削除を行うことも。お客さまにスムーズに複合機を利用していただけるような用途を考えています。

新規商材については、複合機の開発で培った技術を活かして、新しい価値をお客さまに届けるための企画構想をしています。新しい視点でアイデアを創出するのは難しいですが、世の中の流行りを知ることができたり、純粋に必要だと感じたものをメンバーに提案して検討できたりするところは面白いです。

企画の業務は、設計開発から販売・保守サービスまでの製品プロセスにおける各担当者と関われるため、製造業の全体感を把握できるところに魅力を感じています。
シンガポールの販売会社で新製品の販売シナリオについて会議している様子
仕事をとおして、お客さまにどんな価値を提供したいですか?
私たちが開発した商品をお客さまが使用することで、情報コミュニケーションを円滑に取れるようになり、仕事の面で新たな発見ができたり、業務効率の向上につながったりする製品を提供したいです。その結果、お客さまの気分が上がる(=幸せを感じられる)機会を増やせたらと考えています。
リコーで「はたらく歓び」を感じた瞬間はいつですか?
自分が機能開発に携わった商品が世の中に提供されて、多くのお客さまに使っていただけていることがわかった瞬間です。必要性のある機能だと考えて企画しても、実際に使っていただけるかは発売してみないとわからないため、市場の声や使用実績を確認して、効果を感じていただいているとわかったときには、企画段階での苦労が報われ、安心します。

真面目で実直な人が多いから、リモート会議も円滑に進む

職場はどんな環境ですか?
コロナ禍になってから職場にはほとんど足を運べていませんが、同僚とはたびたびリモート会議などで話をする機会があります。同僚には、真面目で自分の担当業務に対し前向きに取り組み、着実に進めていく人が多く、また環境の変化にも柔軟に対応できるため、長期のリモートワークが成り立つのかなと思います。

また、私の部署は上司が新たなチャレンジを応援してくれるため、志の高い提案でも、相手が納得いく説明をできれば、受け入れられやすい環境だと思います。自律的に業務を進められる人は、自ら仕事を充実させることができる職場です。
お気に入りの福利厚生は?
カフェテリアプランです。(株)ベネフィット・ステーションが設定した、宿泊、ショッピング、グルメなどのサービスのなかから年間12万円分のポイントが使える福利厚生です。社内の昼食代も事前に設定すればそこから支払うことができますし、国内だけでなく、海外駐在時も宿泊代や書籍購入に利用できました。ポイントは期日までに使わなければいけませんが、毎年何に使うかを考え、実行しているので、結果としてプライベートの充実に貢献していると思います。
就職活動中の方へメッセージをお願いします!
就職活動では、自己分析や企業研究など、たくさん考えなければならないことがあり大変かと思いますが、その後の生活に関わる大事な時期ですので、この機会に集中して取り組んで、自分らしく楽しんで働ける会社を選んでください。学生の方は、社会人になる前に、学生のいましかできないことを楽しんでください!

オフの日の楽しみ

リモートワークが続くと、通勤がなく運動不足になるため、終業後はたまにランニングに出かけ、汗をかくようにしています。休日は美味しいもの食べに散策をしたり、旅行やイベントに出かけたりして、リフレッシュしています。

ある一日のスケジュール

7:00
朝食
7:30
家事
9:00
会議
10:00
メール対応
10:30
会議
11:30
昼休憩
12:30
会議の資料準備
13:30
会議
14:30
会議
16:00
メール対応、残務処理
17:30
近所で買い物、ランニング等
19:00
夕食
20:00
TV鑑賞、読書等
23:00
就寝準備
24:00
就寝

リコーでのキャリア

2006年4月〜2010年9月 / MFP事業本部 MFMC海外サービス統括室リコーに新卒入社。海外サービス区に配属になり、海外市場の複合機、プリンターの保守担当など、技術支援を担う。ハードとソフトの両方に対する保守と商談技術支援のノウハウを体得する。

2010年10月〜2012年9月 / Ricoh Europe PLC. SBSC(Service Business Support Centre) リコーヨーロッパ (ロンドンオフィス)にて、欧州・中近東・アフリカ市場の販売会社のサービスビジネス管理やコールセンター品質管理を行い、現地での仕事の進め方を身につける。

2012年10月~2015年3月 / GM(Global Marketing)本部 サービス&サポート統括センター グローバルサービス&サポート統括室日本に戻り、海外サービス区にて、大手グローバル商談の保守支援、新会社設立に伴う保守体制立ち上げなどを行い、グローバルプロジェクトの推進経験を積む。

2015年4月~2017年3月 / GM本部 アニュイティビジネスセンター MFP/Printerサービス技術室海外サービス区で再び複合機、プリンターの保守担当として、主力A3カラー機の保守体制立ち上げなど、技術支援を担う。駐在経験を活かして、マニュアル作成とサービス教育に力を入れる。

2017年4月~現在 / OP事業本部 OC事業センター商品企画を担う。

ほかのインタビューを読む

インタビューの一覧はこちら
PAGE
TOP