日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

ニュースリリース

高速デジタルフルカラー複合機「RICOH IM C8000/C6500」を発売

~最新のクラウドサービス対応と使いやすさ向上で業務効率化に貢献~

2020年5月25日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、高速デジタルフルカラー複合機の新製品として「RICOH IM C8000」「RICOH IM C6500」2モデルを5月29日に発売します。

RICOH IM C8000(オプションを装着したもの)

新製品は、2016年10月発売の「RICOH MP C8003 SP/C6503 SP」の後継機種で、複合機や電子黒板、カメラなどのエッジデバイスを、クラウドプラットフォーム「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES プラットフォーム」を介して各種クラウドサービスと組み合わせ、オフィスワークの自動化・省力化を推進する「RICOH Intelligent WorkCore」に対応する高速デジタルフルカラー複合機です。

オフィス向けデジタルフルカラー複合機の最上位機種として片面・両面同速80ページ/分の高速出力、4,800dpi相当×1,200dpiのクリアな表現、多様な後処理オプションにより、高い生産性と高画質を実現しています。スキャナ機能を強化し、OCR処理速度がさらに向上したほか、PDFなど電子データ生成時の生産性が向上しました。

使いやすさを向上させた10.1インチの大型フルカラータッチパネル新「MultiLink-Panel」を搭載し、画面との段差をなくしたフルフラットパネルにすることで、端部のアイコンも押下しやすくなったほか、各種設定画面やアプリケーションのユーザーインターフェースも改善し、角度が調整できるチルト機構を採用した操作パネルを搭載する等、より使いやすい操作部を実現しました。新たに複合機本体の導入後も基本性能を最新の状態にアップデートできる「RICOH Always Current Technology」にも対応しています。

Z折りや三つ折り、重ね折りなど様々な折り種類に対応した紙折りユニットをはじめ、多機能フィニッシャー、大量給紙トレイ、プリントポスト、インサートフィーダーなどお客様のニーズに合わせた多彩なオプションをご用意します。紙・デジタルのドキュメントを扱うさまざまな業種・業務において、オフィスのセンターマシンとして入出力に関わるさまざまな業務の効率化を支援します。

RICOH IM C8000の場合。RICOH IM C6500は片面・両面同速65ページ/分。ともにA4ヨコ。
製品名 RICOH IM C8000 RICOH IM C6500
最大複写サイズ A3
連続複写速度(A4ヨコ) 80枚/分(フルカラー・モノクロ) 65枚/分(フルカラー・モノクロ)
コピー/プリンター/スキャナ 標準 標準
ファクス オプション
標準価格(消費税別) 4,140,000円 3,120,000円
発売日 2020年5月29日
Dropboxは、Dropbox, Inc.の商標です。
Google DriveはGoogle LLC.の商標です。
OneDriveは、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
その他、会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。

| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2020年3月期リコーグループ連結売上高は2兆85億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の“はたらく”をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。