Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

TCFDフレームワークに基づく
情報開示

「気候変動」は、グローバル社会が直面している最も重要な社会課題の1つです。
気候変動対策の国際的な合意であるパリ協定では、「世界的な平均気温上昇を産業革命以前に比べ2℃より十分低く保つとともに、1.5℃に抑える努力を追求」することなどを目的としており、この目的を達成するため、今世紀後半に人為的な温室効果ガスの排出と吸収のバランスを達成することを目指しています。
リコーグループではパリ協定をふまえて、「2050年にバリューチェーン全体のGHG排出ゼロを目指す」という長期環境目標を設定し、自社だけではなく社会全体の脱炭素化に貢献するための取組みを進めています。

シナリオ分析の結果概要

今回、TCFDのフレームワークに基づき、シナリオ分析を実施しました。その結果、今後、国際社会が急速に脱炭素化に舵を切ったとしても、長年、環境経営を実践してきたリコーにとって、脱炭素社会への移行に伴うリスクはそれほど大きくないことが確認できました。むしろ、プリンティング事業における省エネ技術、サービスなどを活かしたお客様の脱炭素化を支援する商品やソリューションの提供機会、更には環境・エネルギー分野における事業拡大、新規事業創出につながる大きな可能性を秘めていることが確認できました。一方、このまま地球規模での温暖化が進展し異常気象が頻発、激甚化していくと、サプライチェーン全体で影響が発生し、リコーにおける事業インパクトも無視できないことが確認できました。

これらの結果から、脱炭素社会への速やかな移行に貢献できるよう、IPCCの1.5℃特別報告書にもとづいた長期環境目標の見直しにも着手、異常気象の激甚化に備えたBCPにてレジリエンスを強化しつつ、環境・エネルギー事業の拡大を目指していきます。また今回、TCFDフレームワークに基づく基本的な情報を開示していますが、今後、更にレベルアップさせるために、ステークホルダーの皆さまとも意見交換をしていきます。

TCFD推奨開示項目 リコーの対応状況

ガバナンス

気候変動関連のリスク及び機会に
関わる組織のガバナンス

  • CEOを委員長としたESG委員会による気候変動問題の経営レベルでの管理
  • ESG委員会では脱炭素に向けたロードマップの承認、環境目標の進捗管理、脱炭素関連の投資判断の審議を実施
  • ESG委員会での決定に基づきサステナビリティ推進部門が全社の気候変動施策を推進

戦略

ビジネス・戦略・財務計画に対する
気候変動リスク及び機会の実際の及び潜在的影響

  • 中期経営計画の策定にあたり、SDGsへの貢献を重視
  • 事業を通じて取り組む5つの重要社会課題(マテリアリティ)の一つに「脱炭素社会の実現」を設定
  • ESG委員会を通じ、シナリオ分析によるリスクと機会の特定

リスク管理

気候関連リスクを識別・評価・管理
するために用いるプロセス

  • リスクマネジメント委員会を設置し、業績への影響が大きいリスクを経営重点リスクとして戦略リスクとオペレーショナルリスクに分けて管理
  • 気候変動に関する影響を関連リスクについても経営重点リスクに位置づけ管理

指標と目標

気候関連リスク及び機会を評価・管理
するために使用する指標と目標

  • SBTに認定された中長期環境目標を設定
  • RE100に参加、再生可能エネルギー導入目標を設定
  • 中長期環境目標を達成するための環境行動計画を中期経営計画にあわせて設定

Tap to see the table