日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

ニュースリリース

生産工程向け高速印刷ソリューション「RICOH FC-LDA Printer 500」を発売

~大量生産ライン内での印刷業務効率向上と省資源化による環境負荷の低減に貢献~

2021年6月23日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、高速生産ラインの速度に追従しながら可変情報印字を可能とするインライン(生産工程)プリンティングソリューション「RICOH FC-LDA Printer 500」を本日発売します。

  • 製品写真:RICOH FC-LDA Printer 500
    (左)コントローラ部とヘッド部
    (右)ヘッド部拡大
  • 花王株式会社の「ヘルシア緑茶α」・「ヘルシア緑茶うまみ贅沢仕立て」の
    シュリンクラベル裏側に個別のシリアルナンバーとQRコードを印刷

本ソリューションでは、リコーが開発した高速レーザーマーカーとほぼ無色透明なサーマルメディアを組み合わせ、大量生産ラインで高速搬送されているフィルムやラベル等の包装材に対して、最大毎分300mの速度で個別に異なる情報の印字が可能です。必要な情報を必要な時に必要なだけ印刷するオンデマンドプリンティングにより、業務効率の向上に貢献します。

本ソリューションの実用化第一弾として、株式会社フジシールが提供するペットボトル飲料用シュリンクラベルの裏側に、キャンペーン応募用の個別シリアルコードやQRコードを印字するソリューションに採用されました。タックシールを用いた従来の方法と比較し、プラスチック使用量を削減することやシュリンクラベルとペットボトルの分別、リサイクルを促進し、環境負荷の低減にも貢献します。

今後は、フィルムやラベルに加え、箱や袋などのさまざまな包装材料に対しても用途に応じた可変情報印字を実現し、大量生産ライン内での印刷業務効率向上や省資源化による環境負荷の低減に貢献してまいります。

「RICOH FC-LDA Printer 500」の主な特徴

1.世界最高出力の2000Wレーザーマーカー

10万分の1秒ほどの短時間照射で熱反応を起こして、高速にサーマル印字が可能。

*当社調べ
2020年8月19日現在

2.192chレーザーアレイを80kHzで独立変調

チャンネルごとに最高毎秒8万回変調制御するレーザードライバーを独自に開発し、高速・高精細な印字を実現。

3.ほぼ無色透明なサーマルメディア層

分散技術や高耐性発色技術を生かしてサーマルインクを開発。これをコーティングすることでラベル、袋、箱などさまざまなものをメディア化し、レーザー印字が可能に。

QRコードは、(株)デンソーウェーブの登録商標です。
その他の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

| リコーグループについて |

リコーグループは、お客様のデジタル変革を支援し、そのビジネスを成功に導くデジタルサービス、印刷および画像ソリューションなどを世界約200の国と地域で提供しています(2021年3月期グループ連結売上高1兆6,820億円)。
imagine. change. 創業以来85年以上にわたり、お客様の“はたらく”に寄り添ってきた私たちは、これからもリーディングカンパニーとして、“はたらく”の未来を想像し、ワークプレイスの変革を通じて、人々の生活の質の向上、さらには持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。