Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、新型トナー「PxP-EQトナー」の生産設備を増設
~投資額約110億円で、生産能力をトータル1割以上増強~

2012年4月17日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗、以下リコー)は、100%子会社である東北リコー株式会社(宮城県柴田郡、社長執行役員:山田清高、以下東北リコー)の工場内にリコーの新型重合トナー「PxP-EQトナー」の生産設備を増設します。

 「PxP-EQトナー」は、カラーデジタル複合機やプロダクションプリントソリューションズ向けプリンターに搭載される新型重合トナーで、同トナーの需要は、今後急速に拡大すると見込んでいます。「PxP-EQトナー」の生産設備は、リコー沼津事業所にありますが、新たに東北リコーに生産設備を増設するものです。

 増設への投資額は、約110億円の見込みです。東北リコーでは、重合トナーの第二の生産拠点として2010年6月から5ラインが稼動していますが、今回はその工場建屋内に新たに3ラインを増設するものです。これにより、年間約1,800トンの生産能力増強となり、リコー沼津事業所および東北リコーのトータルで年間約15,800トンに拡大し、今後の需要拡大に対応していきます。

 「PxP-EQトナー」は、トップクラスの低融点化と延展性(のびやすさ)向上が図られており、従来機比で標準消費電力(TEC)を22~34%削減するとともに、より自然で見やすい画像の形成を可能にしています。

 なお、本設備の増設に当たっては、平成23年度国内立地推進事業費補助金に関し、採択されております。


<増設ラインの概要>


所在地: 宮城県柴田郡柴田町中名生神明堂3-1(東北リコー内)
投資額: 約110億円
生産品目: PxP-EQトナー(重合トナー)
生産能力: 約1,800トン/年(2013年度)
着工: 2012年5月1日
稼働: 2013年6月(予定)

このニュースリリースの関連リンク

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます