Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコーフォトギャラリー「RING CUBE」写真展のご案内
message -飯沢耕太郎の注目する女性写真家- を開催

2010年5月14日
株式会社リコー

 株式会社リコーは、東京・銀座リコーフォトギャラリーRING CUBEにおいて、2010年6月9日(水)より message -飯沢耕太郎の注目する女性写真家- 展を開催いたします。

 この企画は、写真評論家飯沢耕太郎氏が現在注目している女性写真家4名の作品を展示するものです。写真を学ぶ学生は、女性が多数を占めるようになり、新人作家の
登用門というべきコンペや写真賞でも、女性写真家が受賞する割合が圧倒的に増えてきています。1990年代後半以降のいわゆるデジタル化の状況は、それまで抱えていた
写真撮影やプリントのメカニズムに対するアレルギーを払拭させ、さらに女性の進出を
加速させつつあります。今回紹介する女性写真家は、そういった共通の社会的な背景の中で、カメラという同じ媒体を使用しながら、独自の視点を持ち、現代を切り取っています。個性豊かな彼女達の作品のメッセージを多くの方々に感じてもらうために、東京・
銀座という場所から発信します。

 リコーでは、RING CUBEが「写真を展示する場、鑑賞する場」にとどまらず、写真を楽しみ、写真を通じての自己表現を志す方々が集える場所、写真の可能性を広げていく拠点になることを目指しています。今後も、プロ・アマを問わず、幅広く写真家を紹介する企画を開催してまいります。

【飯沢耕太郎プロフィール】(敬称略)
写真評論家
1954年 宮城県生まれ
1977年 日本大学芸術学部写真学科卒業
1984年 筑波大学大学院芸術学研究科博士課程終了
1990~94年 季刊写真誌「デジャ=ヴュ」を編集長として発行
主な著書に「写真的思考」(河出ブックス2009)、「女の子写真」の時代(NTT出版2010)、
「これが写真だ!クロニクル2009」(アトリエサード2010)など

【作家プロフィール】(敬称略、五十音順)
うつ ゆみこ
東京生まれ
2001年早稲田大学第一文学部中退
個展
2007年 なまなま ガーディアン・ガーデン 東京
2008年 ぞわわ Lumen gallery ブダペスト
そぞろ オープンアトリエ 東京
2009年 はこぶねのそと G/P gallery 東京
2010年 はこぶねのそと2 G/P gallery 東京
グループ展
2008年 パリフォト パリ
デグフォトビエンナーレ 韓国
China Pingyao International Photography Festival 中国 平遥
2009年 パリフォト パリ
SECRET PHANTOM トーキョーワンダーサイト本郷
2010年 ソウルフォト ソウル
(その他、国内外でグループ展多数参加)
null
写真集
「はこぶねのそと」アートビートパブリッシャーズ
null
野村 恵子
兵庫県神戸市生まれ
1994年大阪写真専門学校(現・ビジュアルアーツ専門学校・大阪)卒業後、渡米
LA、New Mexico州、Santa Feにて、ワークショップ等で、写真を学ぶ
1996年の初めての写真展「越南花眼」以後、本格的に写真家としての活動を開始
1999年「日本写真協会新人賞」他多数の受賞暦をもつ
現在、東京在住
個展
1996年 「越南花眼」 WTCコスモギャラリー 大阪
1998年 「夢のもつれ・沖縄」新宿コニカプラザ 東京
1999年 「DEEP SOUTH」 パルコギャラリー渋谷
2002年 「Bloody Moon」 新宿コニカプラザ 東京
2006年 「リュミエール・ナタール~南の光~」 ギャラリー・冬青
2009年 「RED WATER ~紅い水~」 EMON Photo Gallery, 東京
(その他、国内外でグループ展多数参加)
null
写真集
「DEEP SOUTH」リトル・モア、「RUSH」リトル・モア、共著、「IN-between・6」 Europe・Today、「Bloody Moon~うまれるまえみたひかり~」冬青社、
「RED WATER」アートビート・パブリシャーズ
null
藤岡 亜弥
日本大学芸術学部写真学科卒業
現在、ニューヨーク在住
個展
1996年 「なみだ壺」 銀座ガーデアンガーデン 東京
1996年 「笑門来福」 WORKS H  横浜
2001年 「さよならを教えて」 新宿ニコンサロン 東京
2004年 「離愁」 新宿ニコンサロン 東京
2005年 「さよならを教えて」 ビジュアルアーツギャラリー
 東京、大阪、名古屋、九州
2006年 「私は眠らない」 銀座ニコンサロン 東京、大阪
2009年 「私は眠らない」 スペースAKAAKA 東京
(その他、国内外でグループ展多数参加)
写真集
「シャッター&ラブ」インファス出版、「さよならを教えて」ビジュアルアーツ出版、
「私は眠らない」赤々舎
null
宮下 マキ
鹿児島県生まれ
1995年京都芸術短期大学映像科卒業
第10回写真ひとつぼ展グランプリ受賞
平成13年度文化庁芸術家在外研修員としてニューヨークに渡米
現在、東京在住
個展
1998年 「部屋と下着」ガーディアン・ガーデン 東京
1999年 「部屋と下着」ギャラリープリンツ 京都
2000年 「寝食共存」ギャラリーmole  東京
「部屋と下着」ホワイトギャラリー 鹿児島
2002年 「sweet smell」Nadar 大阪
2005年 「Bed Room」ギャラリーMoMo  東京
2007年 「short hope」パラボリカ・ビス  東京
(その他、国内外でグループ展多数参加)
null
写真集
「部屋と下着」小学館、「short hope」赤々舎、「その咲きにあるもの」河出書房新社

【写真展概要】
名  称 : message -飯沢耕太郎の注目する女性写真家-
展示作品数 : 約40点
参加作家名 : うつゆみこ、野村恵子、藤岡亜弥、宮下マキ(敬称略、五十音順)
主  催 : 株式会社リコー
期  間 : 2010年6月9日(水)~2010年6月27日(日) ※休館日を除く
場  所 : リコーフォトギャラリーRING CUBE ギャラリーゾーン
所 在 地 : 東京都中央区銀座5-7-2 三愛ドリームセンター8・9階(受付9階)
電  話 : 03-3289-1521
開館時間 : 11:00~20:00(最終日17:00まで)
休 館 日 : 火曜日
入 場 料 : 無料
URL : http://ringcube.jp

【写真展に関するお問い合わせ先】
RING CUBE
電 話 03-3289-1521