Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

複合機と情報系システムを連携するソリューション「DB-DocLink II」販売開始
パソコンを使わずMFPから文書管理サーバへダイレクト登録を実現

2008年10月23日
株式会社大塚商会
株式会社リコー

 株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 裕司、以下 大塚商会)と、株式会社リコー(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:近藤 史朗、以下 リコー)は、株式会社OSK(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇佐美 愼治、以下 OSK)が平成20年10月20日に発売した統合グループウエア「eValue NS」(※1)とリコーのMFP(※2)「imagioシリーズ」との連携ソリューション「DB-DocLink II」(デービー ドックリンク ツー)の販売を、平成20年10月23日から共同で開始します。
 今回、ソリューションの第一弾として、文書管理システム「eValue NSドキュメント管理」と「imagioシリーズ」の連携を実現しました。これによりMFPでスキャンした紙データを、パソコンを操作せず「eValue NSドキュメント管理」にダイレクトに登録できるため、業務効率が大幅に向上します。

 大塚商会とリコーは、平成17年3月、業界で初めて、MFPをERP(統合基幹業務)システムの入力端末として利用する連携ソリューション「DB-DocLink」の販売を開始しました。今回、統合型グループウエア「eValue NS」と連携した「DB-DocLink II」を加えることで、今後は、基幹システムとMFPの連携、情報系システムとMFPの連携の双方に対応し、オフィスにおけるMFP活用を総合的に推進してまいります。
「DB-DocLink II」 eValue NSドキュメント管理連携
リコー製MFPの操作用タッチパネルの操作で紙文書をeValue NSドキュメント管理に登録
データベース上のフォルダ、文書、文書属性などの情報をリアルタイムに取得してMFPのタッチパネルに表示・選択することが可能
ICカードによるeValue NS ドキュメント管理のユーザ自動ログオン機能およびMFP上で文書登録履歴の表示も可能

  • (※1) 「eValue NS」:株式会社OSK製の統合型グループウエア。「グループウエア」、「ドキュメント管理」、「ワークフロー」、それぞれで高機能、かつ、分かりやすい画面デザインと快適な操作感を実現する。
  • (※2) MFP:Multi-Function Printerの略。プリンタとスキャナ、コピー、FAXなどの機能を兼ねる多機能プリンタ。複合機。

■「DB-DocLink II」 eValue NSドキュメント管理連携 標準構成例 243万6千円~
<グループウエア関連>
 eValue NSドキュメント管理
  ※メディアパック、データベースを含む
22万円~
 eValue NS ドキュメント管理Webスキャンオプション 9万8千円~
<MFP関連>
 imagio MP C4000 SP
  • コピー/プリンタ/スキャナ機能、ADF、4段給紙モデル
202万円~
 imagio Webアクセスカードタイプ12 9万8千円
*全て消費税別、また別途搬入設置料、指導料、保守料などがかかります。

■発売日 平成20年10月23日
■販売目標 300システム/年