Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、CADデータや図面、技術文書を一元管理できる設計情報管理システム
FACTRIO(ファクトリオ) ドキュメント管理システム V2」を新発売

2007年4月19日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、中大手の製造業向けソリューションとして、CADデータや図面、技術文書などのさまざまな設計情報を一元管理できる設計情報管理システム「FACTRIO ドキュメント管理システム V2」を開発し、新発売いたします。
商品名 FACTRIO ドキュメント管理システム V2
標準価格(消費税別) 150万円
発売日 2007年4月20日
販売数量 100システム/年間
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • *発売当初は、東北地区、東京地区、関東地区、中部地区、関西地区を販売地域とし、順次販売地域を拡大致します。
  •  新製品「FACTRIO ドキュメント管理システム V2」は、2005年10月に発売した設計情報管理システム「FACTRIO 図面管理システム」(標準価格:150万円)および「FACTRIO 文書管理システム」(標準価格:150万円)を統合したものです。セキュリティ機能や図面構成管理機能の強化を図りながら、大幅な低価格化を実現しています。
     図面や技術文書を一元的に管理し、膨大な設計情報から関連する情報を効率的に検索して活用できるため、設計情報の共有化や情報伝達スピードを向上し、業務プロセスの改善を促進します。また、A0判対応の「imagio MP W3600/W2400シリーズ」をはじめとする広幅デジタル複合機と連携させることで、図面の入力から管理、検索、出図、配布までのワークフローを大幅に効率化いたします。
    <新製品「FACTRIO ドキュメント管理システム V2」の主な特徴>
    1. CADデータや図面、技術文書などのさまざまな設計情報を一元管理できます。
      CADデータや図面、技術文書などのさまざまな設計情報を、それぞれのデータを関連付けて管理できるため、膨大な設計情報から効率的に検索することが可能。部品やユニットの共通化が進み、設計情報の管理が複雑化するなかで、確実かつ効率的な情報管理・活用を実現。
      一画面でフォルダ、文書、属性情報を一覧で確認しながら、ビューアで文書や図面の内容を確認することが可能。優れた操作性を実現。
      設計開発部門や生産部門など、さまざまな部門での設計情報の共有を促進するほか、設計変更などの情報伝達スピードも高めることが可能。業務プロセスの改善を促進し、コンカレント・エンジニアリングの推進を支援。部品の共通化や流用設計による設計効率の向上を図ることで、製品開発期間の短縮やコストの低減を促進。
      紙図面を電子化したTIFFファイルやCADシステムで作成した図面データなど、異なるファイル形式の複数のファイルを一文書にまとめて登録することが可能。キャビネットやバインダーで紙文書を管理していた感覚でわかりやすく管理。
    2. 図面の入力から管理、検索、出図、配布までのワークフローを大幅に効率化します。
      「FACTRIO ドキュメント管理システム V2」と、A0判対応の「imagio MP W3600/W2400シリーズ」をはじめとする広幅デジタル複合機を連携させることで、図面の入力から管理、検索、出図、配布までのワークフローを大幅に効率化。
    3. 設計業務を支援する多彩な機能を搭載しています。
      利用者ごとに「閲覧可/不可」、「印刷可/不可」などの権限を設定することが可能。新たに、それぞれのアクセスログや操作ログを取得できるため、セキュリティを強化。
      親図面/子図面など、文書と文書の間に図面構成(階層構造)の関連付けが行えるため、製品に関連するユニットや部品の図面を、一度に検索することが可能。新たに、図面構成(階層構造)情報も含めた文書データのCSV書き出しが行えるため、外部システムと連携した活用を促進。
      電子承認機能を搭載。図面の審査・承認をシステム上で行うことが可能。新たに文書のステータスにあわせた承認印スタンプの合成機能を搭載。文書状態が審査済みなら審査欄に、承認済みなら承認欄にスタンプを合成。
      改版履歴が管理できるため、部品のライフサイクルやバージョンの管理も容易。
      2次元CADシステム「AutoCAD」と連携する機能の追加が可能(オプション)。AutoCADで作成した図面データをAutoCAD上からFACTRIOへダイレクトに登録し、検索できるため、設計者の作業効率を向上。
      さまざまな属性情報を組み合わせて文書を検索する条件検索や、検索したいキーワードが含まれた文書を検索する全文検索が可能。
    ●新製品「FACTRIO ドキュメント管理システム V2」の画面データ 新製品「FACTRIO ドキュメント管理システム V2」の画面データ
    <新製品「FACTRIO ドキュメント管理システム V2」の価格表>
    商品名 標準価格
    FACTRIO ドキュメント管理システム V2 1,500,000円
    FACTRIO クライアント追加ライセンス 300,000円
    FACTRIO CSV一括登録機能 V2 180,000円
    FACTRIO CSV一括検索機能 V2 180,000円
    FACTRIO AutoCAD連携機能 V2 300,000円
  • Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Pentiumは米国および他の国におけるインテルコーポレーションおよび子会社の登録商標または商標です。
  • Adobe、Acrobat ReaderはAdobe Systems Incorporatedの米国ならびに他の国における商標または登録商標です。
  • Oracleは、Oracle Corporationの登録商標です。
  • ウイルスバスターはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。
  • NORTON ANTIVIRUSは、株式会社シマンテックの登録商標です。
  • HG/PscanServPlusは株式会社ハイパーギアの商標です。
  • AutoCADは、米国オートデスク社の登録商標です。
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。