Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

デジタル複合機と「Lotus Notes/Domino」を連携するソフトウエアの新製品
imagio SmartDocLink for Lotus Notes/Domino タイプMP-it」を新発売
~ 「imagio MP C4500it」「同MP C3500it」との連携により、業務の標準化を促進 ~

2008年6月3日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、デジタル複合機「imagio MP C4500it」「同MP C3500it」と、日本アイ・ビー・エム株式会社のグループウエア「Lotus Notes/Domino」を連携させるソフトウエア「imagio SmartDocLink for Lotus Notes/Domino(イマジオ スマートドックリンク フォー ロータスノーツ/ドミノ) タイプMP-it」を開発し、新発売いたします。
新製品は、2006年7月に発売した「imagio SmartDocLink for Lotus Notes/Domino タイプ N-it」の後継製品として発売するものです。imagioシリーズをLotus Notes/Dominoのクライアントとして活用できるため、imagioの操作パネルでユーザー認証を行い、スキャンした紙文書をパソコンを介さずに直接Lotus Notes/Dominoのデータベースに登録できます。また、imagioからダイレクトに電子承認依頼を行えるなど、紙/電子のワークフローを統合することが可能です。
新たに、「imagio MP C4500it」「同MP C3500it」に搭載した先進のit機能と連携することで、QRコードを用いた「QRカバーシート」の活用による設定の自動化が行えるなど、さまざまな業務の標準化や内部統制の強化をさらに促進します。
製品名 imagio SmartDocLink for Lotus Notes/Domino タイプMP-it
標準価格(消費税別) 178,000円
発売日 2008年6月5日
販売数量 300本/年間
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • <新製品「imagio SmartDocLink for Lotus Notes/Domino タイプMP-it」の主な特徴>
    1. imagioとLotus Notes/Dominoの連携により、業務の標準化をさらに促進します。
    「imagio MP C4500it」「同MP C3500it」をLotus Notes/Dominoのクライアントとして活用。imagio本体の操作パネルからダイレクトにLotus Notes/Dominoデータベースへの登録や、電子承認依頼を行うことが可能。
    「imagio MP C4500it」「同MP C3500it」に対応したことで、it機能と連携したワークフローの自動化が可能。紙文書をスキャンしてデータベースへの登録や電子承認依頼する際に、各種設定条件(ファイル形式/登録先や承認フローの指定など)をQRコードに埋め込んだ「QRカバーシート」を作成しておき、原稿の先頭に重ねてスキャンするだけで各種処理を自動で実行。操作パネルからの設定を行う必要がなく、スキャニング作業の標準化が容易に行えるため、内部統制の強化にも貢献。
    帳票ごとの文書番号をQRコードで印字しておくことで、帳票をスキャンするだけで自動的に文書番号とスキャンしたイメージデータをデータベースに登録することが可能。各種操作を自動化することで、業務の大幅な効率化を実現。
    2. 受信したファクス文書をLotus Notes/Dominoのデータベースに直接登録できます。
    「imagio MP C4500it」「同MP C3500it」で受信したファクス文書をLotus Notes/Dominoのデータベースに直接登録することが可能。ペーパーレス化を促進。
    受信回線や発信元情報(CSI/RTI)で自動振り分けを行い、発信元情報や受信したファクスのイメージデータを指定したデータベースに登録することが可能。受注業務などの業務効率を向上。
    受信したファクス文書は、Lotus Notes/Dominoのデータベースにサムネイル形式で表示することが可能。自動的にOCR処理させることで、全文検索の対象にすることも可能。
    3. ICカードを用いてLotus Notes/Dominoの個人認証が行えます。
    Lotus Notes/Dominoにログインする際に、ICカードを用いて個人認証を行うことが可能。
    Lotus Notes/Dominoの認証機能により、データベースへのアクセス権限をそのまま利用できるため、セキュリティを確保。
    <新製品「imagio SmartDocLink for Lotus Notes/Domino タイプMP-it」の動作環境>
    サーバー
    OS Microsoft Windows 2000 Server (日本語版)
    Microsoft Windows Server 2003 (日本語版)
    AIX 5L
    i5/OS
    Lotus Domino Lotus Domino 6.5 
    Lotus Domino 7.0 
  • OSのService Packについては、Lotus Notes/Dominoの動作環境に準じます。
    imagio SmartDocLinkは単一のLotus Dominoドメインの対応となります。
  • クライアント
    Lotus Notes Lotus Notes 6.5
    Lotus Notes 7.0
  • OSについては、Lotus Notesの動作環境に準じます。
  • 対応機種 (2008年6月現在)
    タイプMP-it imagio MP C4500it/C3500it
  • Microsoft、Windowsは、Microsoft Corporationの米国その他の国における登録商標または商標です。
    IBM、Lotus、Notes、Lotus Notes、Lotus Domino、AIX 5L、i5/OSはIBM Corporationの登録商標または 商標です。
    この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。