Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

サーバーレスで手軽にプリントサービスを提供できるプリント課金ソフトウエア
Ridoc IO Gate PrintStand V2」を新発売
~ 新たに複数クライアント環境に対応 ~

2008年2月12日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、大学や専門学校、図書館、インターネットカフェなどにおいて、サーバーレスのシステム構成で手軽にプリントサービスを提供できるプリント課金ソフトウエア「Ridoc IO Gate PrintStand V2」を開発し、新発売いたします。
  新製品「Ridoc IO Gate PrintStand V2」は、タッチパネル付きの操作端末や課金装置、プリンターと組み合わせて利用するソフトウエアです。新たに複数のクライアントパソコン環境に対応しており、不特定多数のユーザーがプリンターを利用する際、印刷内容(カラー/モノクロ、枚数、用紙サイズなど)に応じた課金管理が手軽に行えます。
製品名 Ridoc IO Gate PrintStand V2
標準価格(消費税別) 248,000円
発売日 2008年2月15日
販売数量 200本/年
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
    パソコンや操作端末、課金装置、プリンターなどは別途必要になります。
  • <新製品 Ridoc IO Gate PrintStand V2 の主な特徴>
    1. 複数のクライアントパソコン環境におけるプリントサービスを手軽に提供できます。
    不特定多数のユーザーが利用できるプリント課金システムをサーバーレスで手軽に構築することが可能。
    新たに複数のクライアントパソコン環境に対応。クライアントパソコンから印刷指示する際は、自動発行された「印刷ID」を付与して印刷データを操作端末へ送信。操作端末で「印刷ID」を指定し、料金を課金装置に投入したうえで操作端末から印刷指示することで印刷を開始。
    現金方式の課金装置(別売)に加え、磁気カードやICカードによるプリペイド方式の課金装置(別売)に対応。
    カラー複合機 *で、コピー/プリントサービスの同時運用を行うことが可能。
    *課金装置として「リコー プリペイドICカードR/W CB10」を接続する必要があります。
    2. 印刷した結果に応じて、きめ細かな料金徴収が行えます。
    印刷結果(カラー/モノクロ、枚数、用紙サイズなど)に応じて、きめ細かな料金徴収を実現。カラー/モノクロを自動判別し、それぞれに応じた料金で課金を行うことが可能。
    印刷状況を常に監視し、用紙が出力されるごとにリアルタイムに料金を徴収することも可能。
    3. 管理負荷を軽減する機能を搭載しています。
    印刷クライアントから操作端末にスプールした印刷データは、「日」/「分」単位で間隔を設定し、定期的に削除することが可能。
    用紙切れやつり銭切れなどエラーが発生した時の料金徴収方法を運用に応じて選択することが可能。また、プリンターエラー復旧後に排紙される用紙を自動リセットすることもできるため不正な印刷を防止することも可能。
    <新製品 Ridoc IO Gate PrintStand V2の動作環境>
    ■クライアントパソコン
    OS * Windows XP Professional (SP2)
    Windows Vista Business
    CPU Celeron 2GHz相当以上
    メモリー 512MB以上もしくはOSが推奨するメモリーサイズ
    HDD 10GB以上
  • *32Bit版、日本語版 ※1システムあたり、印刷クライアントの接続台数は50台までです。
    ※操作端末はリコー指定の操作端末をご購入ください。
  • ■対応課金装置
    課金装置 ・リコー コインラック AD タイプ501 * ・リコー コインラック AD タイプ1001 *
    ・リコー コインラック520 ・リコー コインラック1100
    ・リコー プリペイドICカードR/W CB10 * ・リコー プリセットキーカードRP3
  • *別売の「RS-232Cストレートケーブル(DSub9ピンメス-DSub9ピンメス)」を別途購入する必要があります。
  • ■対応プリンター
    カラープリンター IPSiO SP C811 / C811M / C810 / C810M / C711 / C411
    IPSiO CX9800 / CX9800M / CX8800 / CX8800M / CX3500
    モノクロプリンター IPSiO SP 8100 / 8100M / 6220 / 6210 / 6120 / 6110
    IPSiO NX860e / NX760 / NX660S
    カラー複合機 * imagio MP C4500 / C3500 / C3000/ C2500
  • *2月末対応予定。カラー複合機を利用するためには、課金装置として「リコー プリペイドICカードR/W CB10」を接続する必要があります。
  • Ridoc IO Gate PrintStand V2
    Ridoc IO Gate PrintStand V2
  • Microsoft、Windowsは、Microsoft Corporationの米国その他の国における登録商標または商標です。
    この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)