Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、サリュテーション対応ソフトウエア
「RGOサリュテーションソフト」を発売

1998年8月26日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、リコー製MFP(プリンター機能を搭載したデジタル複合機)やレーザープリンターをサリュテーションアーキテクチャーに対応させるためのソフトウエア「RGOサリュテーションソフト」を開発し、新発売いたします。
製品名 RGOサリュテーションソフト
標準価格 9万円(1サーバー版)
発売日 1998年8月31日
販売数量 2,000本/年
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  •  新製品「RGOサリュテーションソフト」は、日本アイ・ビー・エム株式会社から発売されている「IBM NuOffice」をインストールしたサリュテーションサーバーに追加インストールすることにより、ロータス株式会社のグループウエアソフト「Lotus Notes(ロータスノーツ)」との機能連動を実現し、リコーのイマジオシリーズやイプシオシリーズなどのデジタル機器をネットワーク端末機器として、高度にご利用いただけることを可能にするソフトウエアです。
     リコーでは、グループ会社を含めて約37,800名が日常業務にロータスノーツをグループウエアとして利用しています。社内の実際の活用事例を基に生まれたロータスノーツソリューションを製品化したものが、「RICOH Solution Group Office for Notes(RGO)」です。新製品は、RGOをサリュテーションに適応させ、リコー製のデジタル機器がサリュテーション環境で稼動することにより、お客様の業務効率をさらに高めることを目的に開発したソフトウエアです。
     本ソフトウエアは、IBM NuOfficeとの連携ソフトウエアとして、日本アイ・ビー・エム株式会社の担当部門と共同でプロモーション活動を行っていく予定です。
    <RGOサリュテーションソフトの主な特徴>

  • 1.ソフトウエア1本で複数のネットワークプリンターをコントロールできます。
      • 本ソフトウエアをサリュテーションサーバーにインストールすることにより、1サーバーにつき10台のリコー製MFPやレーザープリンターをサリュテーション対応のネットワークプリンターとしてコントロールすることが可能。
      • 日本アイ・ビー・エム株式会社の「IBM NuOffice」との連携により、ロータス株式会社の「ロータスノーツ」上でプリンタードライバーの自動インストール、印刷開始・終了などの印刷状況確認、トナー切れ、ドアオープンなどのプリンター状況確認が可能。
  • 2.MFPをスキャナーとして利用することができます。
      • サリュテーションサーバーにリコー製MFPを直結することにより、同MFPでスキャンした画像のノーツクライアントへの直接送付や、データベースへの保管が可能。
  • 3.別売の株式会社ライオス・システム*1の「FAXオープンリンク for Notes*2」を使用することによりロータスノーツからファクス送受信が可能になります。
      • ロータスノーツから通常の電子メールと同じオペレーションでファクシミリに文書送信やファクシミリからの文書をイメージとして電子メールで受信したり、ロータスノーツデータベースで受信することが可能。
        • *1株式会社リコーと日本アイ・ビー・エム株式会社の50%づつの出資で1990年4月2日に設立。
        • *2ロータスノーツ用のサーバーソフトウエア。ロータスノーツを介してファクス送受信を可能にする。
  • 4.現流機種17機種をサリュテーション対応することができます。
      • MFP対応機種一覧
        Imagioシリーズ MF6550DX、MF5550DX、
        MF3550 model5/model65** 、MF4550 model5**、
        MF2700 model5/model65**、
        MF2200 model5/model65**、
        MF250M model5/model65、
        MF-P250 model5e**、MF-P250T model5e**、
        MF-P355 model5e**
        (MF5550/MF6550以外はNICオプションが必要)
        **スキャナ機能対応には別途オプションが必要

      • プリンター対応機種一覧
        IPSiOシリーズ NX700、NX600、NX70、NX1100、Color 2000
        (NX1100以外はNICオプションが必要)
        PC LASER シリーズ NX-210、NX-510
        (NICオプションが必要)

        NICとは、Network Interface Cardの省略形です。

  • <サリュテーションアーキテクチャーについて>
     パソコン、デジタル複写機、プリンター、ファクシミリ、電話、PDA(パーソナルデジタルアシスタント)など、コンピューターやオフィス機器の相互接続/相互運用のためにサリュテーションコンソーシアムで合意されたアーキテクチャーの名称です。
    <サリュテーションコンソーシアムについて>
     コンピューターやオフィス機器などの相互接続を目的に、1995年7月に設立された中立でオープンな国際的業界団体です。OA機器メーカー、コンピューターメーカー、 ソフトウエアベンダーなど情報技術関連企業によりコンソーシアムが構成されています。現在日米欧の情報関連企業の主要30社が参加しています。
  • このニュースリリースに掲載されている会社名、商品名は各社の商標、または登録商標です。