Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

簡単操作でインテリジェンスな画像加工が可能な画像編集・管理ソフト
「カラーアペンドシステムII」を新発売

1998年4月1日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、カラー画像データをWindowsパソコン上で活用するための画像編集・管理ソフトウエアとして、インテリジェンスな画像貼り合わせ機能や、画面上の表示とプリントアウト時の色彩の自動マッチング機能を搭載するなど、簡単操作で高度な画像加工が可能な「カラーアペンドシステムII」を開発し、新発売いたします。
同時に、その応用アプリケーションシステムとして、「カラーリーフレット作成システムII」を新発売いたします。
製品名 カラーアペンドシステムII カラーリーフレット作成システムII
標準価格 78,000円 128,000円
(カラーアペンドシステムIIとセットで158,000円)
発売日 1998年4月6日
販売数量 1,500本 600本
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • <カラーアペンドシステムIIの主な特徴>

    1. 1.インテリジェンスな画像貼り合わせ機能を搭載しています。
        • 背の高いビルやイベント会場の全体像、航空写真など、2回以上に分けて撮影した全景写真を、不自然さなく合成できるインテリジェンスな「貼り合わせ」機能を搭載。
        • 画像接合部の処理や各画像の色調の整合に加え、デジタルカメラ「リコーDCシリーズ」の焦点距離から算出した独自のアルゴリズムにより、撮影角度の違いにより発生する画像の歪みも自動補正。
        • 操作は容易。貼り合わせたい各画像を表示し、隣り合う画像の共通する点をマウス操作によって線で結ぶことで、高度な貼り合わせが可能。
    2. 2.自動カラーマッチング変換により、イメージ通りの色彩でのプリントアウトが可能です。
        • 独自の画像処理により、画面表示のためのRGB(赤・緑・青)による色データから、プリントアウト時のCMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)による色データに変換する際などに発生する、色彩表現のずれを自動調整。
        • これにより、カラーコピー/プリンター「リコープリテールシリーズ」などのカラープリンターから、イメージ通りの色彩で出力することが可能。
        • デジタルカメラ「リコーDCシリーズ」などで入力した画像を、パソコンディスプレイでより美しく表示することも可能。
    3. 3.多彩な画像加工機能を搭載しています。
        • 1.切り抜きや塗りつぶしの際の「範囲選択」は、従来の四角形に加え、楕円、多角形、フリーハンド、テンプレート(トランプのマークの形などを用意)でも可能。
        • 2.黒や青などで画像を塗った部分を「透明色指定」することが可能。画像の背景だけを透明にして人物だけを残すなどの使い方が可能。
        • 3.2つの画像の「合成」が可能。透明色指定で背景を消した人物や商品の画像を違う背景と合成するなどの使い方に威力
        • 4.明るさ・コントラスト、カラーバランス、RGB補正、色相・彩度などの色調整をする際、9画面(従来は3画面)をプレビューしながら操作可能な「カタログビューア」機能を搭載。調整結果のイメージを実際に目で確認しながらの調整が可能。
        • 5.水平・垂直方向の「反転」、任意の角度での「回転」が可能
        • 6.従来から好評の「一括範囲切り出し」機能を装備。複数の画像から一定サイズを切り出すことができ、人事DBや名刺など画像サイズが決まっている場合に便利。
    4. 4.画像を効率よく保管・検索することができます。
        • ディレクトリーフォルダーをエクスプローラのようにツリー表示することが可能。画像にキーワードを設定すれば、キーワードのツリー表示も可能。
        • サムネイル表示は8画面、12画面、24画面の3種類(従来は9画面のみ)。ファイル形式や作成日でソートすることも可能。
        • 各画像に複数のキーワードを設定し、検索することが可能。例えば人事DBであれば、「98年入社」「男性」「開発部」といった複数条件ですばやく検索可能。
    <カラーリーフレット作成システムIIの主な特徴>
    1. 1.簡単に美しいリーフレット(チラシ)を作成することができます。
        • 「カラーアペンドシステムII」と連携することにより、デジタルカメラやスキャナーで取り込んだ画像を貼り込んだリーフレットを容易に作成可能。特に従来製品に比べ、32ビット化やドラッグ&ドロップ操作による画像取り込みなど、操作性を向上。
        • フォーム編集画面でレイアウトしたフォームと、アイテムデータ作成画面の表データを組み合わせるため、1つのレイアウトで多種類のリーフレットを効率的に作成可能。
    2. 2.スピーディ、低コスト、オンデマンドです。
        • 印刷会社に外注するのに比べ、スピーディ、低コスト、オンデマンドなリーフレット作成が可能。

    • このニュースリリースに掲載されている商品名、会社名は各社の商標および登録商標です。