Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、A3カラープリンターのラインアップを一新
カラー毎分50枚(A4横送り)の「IPSiO SP C821」をはじめ、5シリーズ8モデルを新発売

2008年10月7日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、A3カラープリンターのラインアップを一新し、クラス最速*1となるカラー毎分50枚(A4横送り)の連続印刷を実現した「IPSiO SP C821」「IPSiO SP C821M」をはじめ、5シリーズ8モデルを新発売いたします。
製品名 IPSiO SP
C821
IPSiO SP
C821M
IPSiO SP
C820
IPSiO SP
C820M
保守料金体系 年間保守契約など、
複数から選択
M-PaC保守*2 年間保守契約など、
複数から選択
M-PaC保守*2
連続プリント速度
(A4横送り)
カラー毎分50枚
モノクロ毎分50枚
カラー毎分40枚
モノクロ毎分40枚
標準価格
(消費税別)
44万8千円 29万8千円
発売日 2008年10月31日
月販台数 2,000台
製品名 IPSiO SP
C721
IPSiO SP
C721M
IPSiO SP
C720
IPSiO SP
C710e
保守料金
体系
年間保守契約など、
複数から選択
M-PaC保守*2 年間保守契約など、
複数から選択
年間保守契約など、
複数から選択
連続プリント
速度
(A4横送り)
カラー毎分30枚
モノクロ毎分32枚
カラー毎分26枚
モノクロ毎分32枚
標準価格
(消費税別)
19万8千円 15万8千円 オープン価格
発売日 2008年
10月15日
2008年
12月15日
2008年
10月15日
2008年
12月5日
月販台数 3,000台
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • *1本体標準価格が50万円以下のA3カラーレーザープリンターにおいて
  • *2M-PaCは、トナーや感光体などの費用を含んだカウンター方式の保守システムです。毎月の出力枚数に応じた、保守料金をお支払いいただくことで、定期交換部品の交換、万一の故障時の修理などをリコーのカスタマーエンジニアが実施するため、機器の管理負荷を軽減するほか、コストの平準化が図れます。
  • <新製品 IPSiO SP C821/821M/820/820Mの主な特徴>
    1. カラー毎分50枚*3の連続プリントを実現するなど、生産性を大幅に向上しました。
    「IPSiO SP C821/821M」は、クラス*4最速となるカラー毎分50枚(A4横送り)の連続プリントを実現。従来機*5と比べ、生産性を大幅に向上。モノクロも毎分50枚(A4横送り)と高速化。ファーストプリントもカラー8秒以下、モノクロ7秒以下と高速。
    「IPSiO SP C820/820M」も従来機*6と比べて生産性を向上し、カラー/モノクロともに毎分40枚(A4横送り)を実現。ファーストプリントはカラー9秒以下、モノクロ8秒以下。
    両面印刷は、全機種ともに片面印刷時と同速の高生産性を実現。
    *3 「IPSiO SP C821」「IPSiO SP C821M」の場合
    *4 本体標準価格が50万円以下のA3カラーレーザープリンターにおいて
    *5 従来機「IPSiO SP C811/811M」はカラー・モノクロともに毎分40枚(A4横送り)
    *6 従来機「IPSiO SP C810/810M」はカラー・モノクロともに毎分32枚(A4横送り)

    2. 「新カラーPxPトナー」や「カラーQSU」の採用により、優れた省エネ性能を実現しました。
    より低温での定着を可能にする「新カラーPxPトナー」を採用。また、IH技術により定着ローラーをすばやく定着温度まで温めるリコー独自の省エネ技術「カラーQSU」も採用。ウォームアップタイムは「IPSiO SP C821/821M」は27秒以下、「IPSiO SP C820/820M」は23秒以下を実現。
    省エネモード時の消費電力は2W以下。省エネモードからの復帰時間も「IPSiO SP C821/821M」は22秒以下、「IPSiO SP C820/820M」は15秒以下を達成しており、使いやすさと省エネの両立を実現。

    3. 「新カラーPxPトナー」の採用により、さらなる高画質化を実現しました。
    「新カラーPxPトナー」の小粒径かつ均一な粒状の実現により、細部やグラデーションの再現性を大幅に向上。ベタ部分の色ムラも抑えており、より一層の高画質を実現。
    従来からの9,600×600dpi相当の印刷に加え、1,200×1,200dpiの高画質印刷を実現。
    新たに「光沢強め印刷」機能を搭載。写真などを高品質に印刷することが可能。コート紙と組み合わせることでさらに高品質な印刷を実現。

    4. 用紙対応力を強化しており、さまざまな業種・業務で活用できます。
    全ての給紙トレイから60~256g/?までの給紙が可能。郵便はがきや名刺用紙の印刷など、幅広い用途*7で活用することが可能。
    *7 使用できる用紙に関しては販売担当者にお問い合わせ下さい。

    5. ICカードによる個人認証をはじめ、各種セキュリティ機能に対応しています。
    ICカードによる個人認証を可能にする「リコー個人認証システム AE」(別売)に対応予定。印刷した文書の取り間違いや取り忘れを防止。
    本体のハードディスクに蓄積されるデータを記録時に暗号化するオプションや、本体のハードディスクに残った残存データを上書き消去するオプションを用意。
    プリント時に特別な地紋を埋め込むことで、印刷した紙文書のセキュリティを確保するリコー独自の不正コピーガード機能*8に対応。不正コピー抑止地紋印刷機能にも対応。
    *8 販売担当者にご相談のうえ、対応機種や効果をご確認下さい。
    <新製品 IPSiO SP C721/721M/720の主な特徴>
    1. クラス最小のコンパクト設計を実現しました。
    A3カラープリンターながら、本体サイズは485(W)×576(D)×342.5(H)mmとクラス*8最小のコンパクト設計。モノクロ機なみの設置スペースに置けるため、ワークグループの共有プリンターとして、モノクロ機からカラー機への買い替えを促進。
    *8 A3カラーレーザープリンター/LEDプリンターにおいて

    2. クラス最速のカラー毎分30枚(A4横送り)の高速プリントを実現しました。
    「IPSiO SP C721/721M」は、従来機*9と比べてカラーの生産性を向上。クラス*10最速となるカラー毎分30枚(A4横送り)の連続プリントを実現。モノクロも毎分32枚(A4横送り)と高速。「IPSiO SP C720」は、カラー毎分26枚、モノクロ毎分32枚(A4横送り)。
    ファーストプリント(A4横送り)は3機種ともにカラー13秒以下/モノクロ11秒以下。
    オプションで両面印刷にも対応。両面印刷時は、カラー毎分22ページ(A4横送り)/モノクロ毎分23ページ(A4横送り)。
    *9 従来機「IPSiO SP C711」はカラー毎分26枚、モノクロ毎分32枚(A4横送り)
    *10 本体標準価格が20万円以下のA3カラーレーザープリンター/LEDプリンターにおいて

    3. さまざまな業務に対応する優れた用紙対応力を実現しています。
    全てのトレイから不定形サイズの印刷に対応。
    手差しトレイからのストレート排紙が可能。封筒などの特殊紙や200g/?までの厚紙に対応。また、1,200mmまでの長尺紙やトレイでの不定形サイズにも対応し、外注していた印刷を自社で行うことでコストダウンに貢献。

    4. 4行LCDパネルの採用などにより、優れた操作性を実現しました。
    漢字やひらがなの表示も可能な「4行LCDパネル」を新たに採用し、視認性や操作性を大幅に向上。

    5. マルチプラットフォームに対応しています。(IPSiO SP C721/721M)
    「IPSiO SP C721/721M」は、マルチプラットフォーム対応のプリンターコントローラーを搭載。Windows®環境やMetaFrame®環境に標準対応しているほか、オプションにより、CADやUNIX、Macintosh®、IBMホスト端末など、さまざまな環境に対応。

    6. ICカードによる個人認証をはじめ、各種セキュリティ機能に対応しています。
    ICカードによる個人認証を可能にする「リコー個人認証システム AE」(別売)に対応予定。印刷した文書の取り間違いや取り忘れを防止。
    本体のハードディスクに蓄積されるデータを記録時に暗号化するオプションや、本体のハードディスクに残った残存データを上書き消去するオプションを用意。
    プリント時に特別な地紋を埋め込むことで、印刷した紙文書のセキュリティを確保するリコー独自の不正コピーガード機能*11に対応。不正コピー抑止地紋印刷機能にも対応。
    *11 販売担当者にご相談のうえ、対応機種や効果をご確認下さい。
    <新製品 IPSiO SP C710eの主な特徴>
    1. コンパクト設計ながら高速、高画質と優れた用紙対応力を実現しています。
    本体寸法は494(W)×593(D)×341(H)mmのコンパクト設計。
    連続プリント速度は、カラー毎分26枚(A4横送り)/モノクロ毎分32枚(A4横送り)。
    最大600×1,200dpiの解像度に対応。小粒径(約5.5um)トナーの採用により、再現性が向上。
    さまざまな業務に対応する優れた用紙対応力を実現。
    IPSiO SP C821
    IPSiO SP C821
    IPSiO SP C721
    IPSiO SP C721
  • Microsoft、Windowsは、Microsoft Corporationの米国その他の国における登録商標または商標です。
  • Adobe, PostScriptは米国及びその他の国におけるAdobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。