Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

高速、高耐久、優れた用紙対応力を実現したA3モノクロレーザープリンター
IPSiO SP 8200」「IPSiO SP 8200M」を新発売

2008年7月7日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、高速、高耐久、優れた用紙対応力を実現したA3モノクロレーザープリンターの新製品「IPSiO SP 8200」「IPSiO SP 8200M」を開発し、新発売いたします。
製品名 IPSiO SP 8200 IPSiO SP 8200M
保守料金体系 年間保守契約など、複数から選択 M-PaC保守*1
標準価格(消費税別) 44万8千円 44万8千円
発売日 2008年7月29日
販売台数 3,000台/年
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • *1M-PaCは、トナーや感光体などの費用を含んだカウンター方式の保守システムです。毎月の出力枚数に応じた、保守料金をお支払いいただくことで、定期交換部品やトナーの交換、万一の故障時の修理などをリコーのカスタマーエンジニアが実施するため、機器の管理負荷を軽減するほか、コストの平準化が図れます。
  •  新製品は、「IPSiO SP 8100」「IPSiO SP 8100M」(2006年8月発売、税別標準価格44万8千円)の後継機としてそれぞれ発売するものです。従来機*2と比べ、連続印刷速度を毎分50ページ(A4横送り)に向上したほか、耐久性を最大320万ページに向上しました。また、ラベル紙や圧着紙等の特殊用紙への対応を可能にしたほか、52g/m2の薄紙から216g/m2の厚紙*3、さらに不定形サイズの用紙を標準トレイや増設トレイから給紙できるなど、用紙対応力を強化しています。

  • *2従来機「IPSiO SP 8100」「IPSiO SP 8100M」の連続印刷速度は毎分45ページ(A4横送り)、耐久性は最大300万ページ
  • *3紙種や印刷環境によってはうまく印刷できない場合がございますので、一度印刷して品質をお確かめください。

  •  リコーは新製品「IPSiO SP 8200」「IPSiO SP 8200M」を、高速・高生産を実現したオフィスのセンタープリンターとして、また医療機関や自治体、流通業など、さまざまな業種業務向けプリンターとして、さらに基幹システムのオープン化やダウンサイジング化に対応した分散プリンターとして、幅広くご提案してまいります。
    <新製品 IPSiO SP 8200/SP 8200Mの主な特徴>
    1. 毎分50ページ(A4横送り)の高生産性と最大320万ページの高耐久性を実現しました。
      連続印刷速度を向上し、毎分50枚(A4横送り)を実現。両面印刷時も片面印刷時と同速の毎分50ページ(A4横送り)と高速。ファーストプリントも3.5秒以下と大幅に短縮。
      耐久性も320万ページに向上。基幹システムからの帳票の分散印刷に対応。
      ウォームアップタイムは電源ON時から22秒以下、省エネモード時から15秒以下。

    2. 用紙対応力を強化しており、さまざまな業種・業務で活用できます。
      特殊用紙*4への対応を強化しており、医療機関、自治体、流通業など、さまざまな業種・業務で活用することが可能。宅配伝票など、従来の複写式伝票をラベル化したラベル紙、自治体の納税通知書や請求書などで利用する圧着紙、さらにカード型の国民健康保険被保険者証(国保カード)などに対応。
    *4 弊社で通紙確認した指定用紙のみ対応。印刷に関しては一部制約があります。
      本体標準トレイや増設トレイ、手差しトレイから、52g/m2~216g/m2の用紙厚や不定形サイズに対応した給紙が可能。さまざまな帳票に対応できるため、基幹システムの分散プリンターとしても活用することが可能。

    3. 用途に合わせた多彩な給排紙オプションを用意しました。
      標準トレイ2段+手差しトレイの構成による標準1,200枚給紙に加え、オプションの「2000枚給紙テーブル 8200」と「1200枚増設トレイ 8200」の装着により、最大4,400枚の大量給紙が可能。
      後処理オプションとして、ソート、ステープル、2穴パンチの穴あけを自動化する「3000枚フィニッシャー 8200」や、医療でのレセプト(診療報酬明細書)印刷の際に利用される1穴パンチ対応のフィニッシャー「3000枚一穴対応フィニッシャー 8200」を用意。
      万一の異常時に、音と光でお知らせする「オペレーターコールライト 9100」をオプションで用意。離れた場所に設置された場合でも、ダウンタイムの低減が可能。

    4. 利用者や管理者の使いやすさに配慮した、優れた操作性を実現しています。
      漢字やイラストの表示が可能な4行LCDパネルを搭載。消耗品の残量など多彩な情報をわかりやすく表示することが可能。
      大量出力の途中で印刷を一時停止できる「印刷停止/再開ボタン」を用意。大量出力の途中でも安全に用紙を取り出すことが可能。
      給紙トレイは順手でも逆手でもアクセスでき、軽く手を掛けて引くだけで簡単にトレイを開閉することが可能。
      用紙搬送経路を本体右側や両面反転ユニットに集中させることで、万一の紙詰まり処理を本体右側のみで行える紙詰まり簡単除去設計を採用。
    IPSiO SP 8200(オプションを装着したもの)
    IPSiO SP 8200
    (オプションを装着したもの)
  • Microsoft、Windowsは、Microsoft Corporationの米国その他の国における登録商標または商標です。
  • Adobe, PostScriptは米国及びその他の国におけるAdobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)