Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

薬袋やお薬情報シートの印刷に対応した調剤業務用医療モデル
A3カラーレーザープリンター「IPSiO SP C810-ME」を新発売

2007年9月11日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、A3カラーレーザープリンターの新製品として、病院の調剤部門や調剤薬局における薬袋※1やお薬情報シートの印刷に対応した調剤業務用医療モデル「IPSiO(イプシオ) SP C810-ME」を開発し、新発売いたします。
 新製品「IPSiO SP C810-ME」は、「IPSiO CX8200-ME」(2003年10月発売、標準価格:548,000円)の後継機として、より小サイズおよびマチ付きの薬袋に対応するなど用紙対応力を強化したほか、生産性の向上などを実現しました。
  • ※1:通紙確認済薬袋は別途販売担当者にご確認下さい。
  • 製品名 IPSiO SP C810-ME
    標準価格(消費税別) 398,000円
    発売日 2007年9月14日
    販売台数 800台/年間
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  •  病院内の薬剤部門や調剤薬局では、患者さんをお待たせしない迅速な作業やきめ細やかな情報提供など「サービス品質の向上」が求められる一方、薬袋やお薬情報シートなどを取り違えるといったミスが許されないため、「作業の正確さ」も常に求められています。
     リコーではこうしたニーズに幅広くお応えするため、調剤業務に適したプリンターとして、この度の新製品をはじめ、以下のラインアップを用意しています。
    ・A4カラーレーザープリンター「IPSiO SP C411-ME」
     (2007年2月発売、標準価格:398,000円)
    ・A4ジェルジェットプリンター「IPSiO GX5000 フロント手差しモデル」
     (2007年9月25日発売予定、標準価格:89,800円)
    <新製品 IPSiO SP C810-MEの主な特徴>
    1. より小サイズ・マチ付き薬袋に対応するなど用紙対応力を強化しました。
      給紙トレイから小サイズ(A6判※2)や不定形サイズ※3の薬袋を給紙できるほか、さらにマチ付きの薬袋も通紙できる充実の用紙対応力。
    ※2: 小サイズ用紙対応カセット C810(オプション)装着時。
    従来機(IPSiO CX8200-ME)は給紙トレイからのA6搬送は不可。
    ※3: トレイ1は不定形サイズに対応しておりません。また対応可能なサイズはトレイによって異なります。
      標準搭載の2段給紙トレイと手差しトレイの全てに薬袋をセットすることが可能。オプションの装着により、最大6ウェイ給紙が可能なため、異なるサイズの薬袋とお薬情報シートの印刷を1台のプリンターに集約することが可能。

    2. 薬袋やお薬情報シートを患者さん別に仕分けして出力できます。
      オプションのお知らせランプ付4ビンプリントポストの装着により、薬袋やお薬情報シート、領収書などを患者さん別に仕分けして出力することが可能。従来のような手作業による仕分けの手間を削減し、業務効率を大幅に向上するうえ、印刷物の取り間違いによる医療過誤を防止。
      薬袋や帳票類が出力されたことをランプが点灯※4してお知らせ。スピーディな業務を実現するうえ、取り忘れを防止。
    ※4: A5縦送り以下のサイズではランプ点灯機能が働きません。

    3. カラー/モノクロともに毎分32枚(A4横送り)の高速を実現し、生産性を向上※5しました。
      カラー/モノクロともに毎分32枚(A4横送り)の高速連続プリントが可能。
      ファーストプリント速度も、カラーで10秒以下、モノクロで8.5秒以下(ともにA4横送り)と高速を実現。
    ※5: 従来機(IPSiO CX8200-ME)は、連続プリント速度はカラー/モノクロともに毎分28枚(A4横送り)、ファーストプリント速度はカラー/モノクロともに12秒以下(A4横送り)。
    また、連続プリント速度が低下する紙種があります。別途、販売担当者にご確認下さい。

    4. トナー交換や万一の紙詰まり処理が簡単に行えるなど、優れた操作性を実現しました。
      トナー交換は片手でも行える方式を採用。万一の紙詰まり処理も本体右側のカバーを開けて簡単に行えるなど、優れた操作性を実現。
      漢字やひらがなの表示も可能な「4行LCDパネル」を採用。通常はトナー残量を表示し、紙詰まりやカバーオープン時はイラストで操作を表示。

    5. 薬袋・お薬情報シートの印刷を安定・安心して行えます。
      薬袋印刷に最適な専用の定着ユニットと印刷モードの搭載により、通紙時のシワを低減。
      150万ページの印刷が可能な高耐久・長寿命設計。
      用紙の湿気を取り除く除湿ヒーターを搭載。
      湿気から薬袋を守る「用紙保管袋」を標準で同梱。

    6. 低ランニングコストの実現により、経済的な運用が可能です。
      大小2種類のトナーを用意。大容量トナー使用時のランニングコストは、フルカラーで1枚約11.2円※6A4)/モノクロも約2.5円※7A4)と一層の低コストを実現。
    ※6: カラー各色5%、合計20%チャートを連続印刷した場合
    ※7: モノクロ5%チャートを連続印刷した場合
    IPSiO SP C810-ME(オプションを装着したもの)
    IPSiO SP C810-ME
    (オプションを装着したもの)
  • Microsoft、Windowsは、Microsoft Corporationの米国その他の国における登録商標または商標です。
  • Adobe, PostScriptは米国及びその他の国におけるAdobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。