Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

子会社の事業の承継に関する吸収分割契約(簡易分割)締結のお知らせ

2008年7月25日
株式会社リコー

 当社は、本日開催の取締役会において、当社を承継会社、当社の100%子会社であるリコープリンティングシステムズ株式会社(以下、「リコープリンティングシステムズ」といいます。)を分割会社とする吸収分割を行い、リコープリンティングシステムズのIT戦略室・事業統括本部・営業統括本部・開発センター・第一開発設計本部・第二開発設計本部・CSセンター・CLPエンジニアリング部・知的財産権部に係る事業を承継することを決定いたしましたので、お知らせいたします。
 なお、本吸収分割は、当社の100%子会社の事業部門を承継する簡易吸収分割であるため、開示事項・内容を一部省略して開示しています。


1.吸収分割の目的
 当社の主たる事業領域である画像ソリューション分野において、ハイエンドプリンティング市場、ローエンドプリンティング市場は、今後も成長していくことが期待されます。
 両市場における事業拡大を加速するために、当社とリコープリンティングシステムズの開発・設計・販売機能の融合による商品開発力ならびに販売力の強化を図ると同時に、開発効率ならびに販売効率の向上を狙いとして、吸収分割を行うものです。
2.吸収分割の要旨
(1) 吸収分割の日程

平成20年7月25日 分割決議取締役会

平成20年7月25日 分割契約締結

平成20年10月1日 分割期日(効力発生日)

(注) 本吸収分割は、承継会社である当社においては会社法第796条第3項に定める簡易吸収分割、分割会社であるリコープリンティングシステムズにおいては同法784条第1項に定める略式分割の要件を満たすため、いずれも株主総会の承認を得ることなく行うものです。

(2)分割方式
(1) 分割方式
当社を承継会社とし、リコープリンティングシステムズを分割会社とする吸収分割です。
(2) 吸収分割方式を採用した理由
当社の100%子会社を対象としたグループ内組織再編における迅速性、法的手続きの利便性の観点から吸収分割方式を採用しました。

(3)承継により増加する資本金
本吸収分割による資本金の増加はありません。

(4)分割会社の新株予約権及び新株予約権付社債に関する取扱い
リコープリンティングシステムズは新株予約権及び新株予約権付社債を発行していないため、該当事項はありません。

(5)当社が承継する権利義務
承継会社である当社は、分割期日においてリコープリンティングシステムズのIT戦略室・事業統括本部・営業統括本部・開発センター・第一開発設計本部・第二開発設計本部・CSセンター・CLPエンジニアリング部・知的財産権部に係る事業に関する資産、負債および契約を承継します。

(6)債務履行の見込み
当社およびリコープリンティングシステムズはいずれも分割後に十分な純資産が確保される見込みであることから、負担すべき債務の履行につきましては、その確実性に問題はないものと判断しております。

3.分割当事会社の概要
(平成20年3月31日現在)
(1)商号 株式会社リコー
(承継会社)
リコープリンティングシステムズ株式会社
(分割会社)
(2)事業内容 事務機器、光学機器・その他デバイス製品等の開発・生産・販売・サービス プリンターおよびその関連機器の開発、設計、製造および販売
(3)設立年月日 昭和11年2月6日 平成14年10月1日
(4)本店所在地 東京都大田区中馬込一丁目3番6号 東京都港区港南二丁目15番1号
(5)代表者の役職・氏名 代表取締役 社長執行役員 近藤史朗 代表取締役 社長執行役員 片山利昭
(6)資本金 135,364百万円 5,000百万円
(7)発行済株式数 744,912,078株 100,000株
(8)純資産(注) 1,080,196百万円(連結) 18,022百万円(単体)
(9)総資産 2,214,368百万円(連結) 31,729百万円(単体)
(10)決算期 3月31日 3月31日
(11)大株主及び持株比率
日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口) 9.71%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株) (信託口) 5.52%
(株)三菱東京UFJ銀行 4.86%
日本生命保険相互会社 4.82%
日本興亜損害保険(株) 2.44%
(株)リコー 100.00%
(注)当社の純資産の額は、米国会計基準に基づく資本合計を記載しております。
4.承継する事業部門の概要
(1)承継する部門の事業内容
 リコープリンティングシステムズのプリンターおよびその関連機器の開発、設計、販売に関する事業となります。
 なお、承継する部門は、IT戦略室・事業統括本部・営業統括本部・開発センター・第一開発設計本部・第二開発設計本部・CSセンター・CLPエンジニアリング部・知的財産権部となります。

(2)承継する部門の平成20年3月期における経営成績
承継事業実績(a) 分割会社全体実績
(単体)(b)
比率(a/b)
売上高(百万円) 21,294 48,174 0.44

(3)承継する資産、負債の項目および金額(平成20年3月31日現在)
資産 負債
項目 帳簿価額 項目 帳簿価額
流動資産(百万円) 256 流動負債(百万円) 625
固定資産(百万円) 1,745 固定負債(百万円) 898
合計(百万円) 2,001 合計(百万円) 1,523

5.会社分割後の当社の状況
(1)商号 株式会社リコー
(2)事業内容 事務機器、光学機器・その他デバイス製品等の開発・生産・販売・サービス
(3)本店所在地 東京都大田区中馬込一丁目3番6号
(4)代表者の役職・氏名 代表取締役 社長執行役員 近藤史朗
(5)資本金 135,364百万円
(6)決算期 3月31日
(7)今後の見通し リコープリンティングシステムズは当社の100%子会社であるため、本吸収分割による連結業績への影響はありません。また、単体業績への影響は軽微であると見込んでおります。
以上