Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコーフォトギャラリー「RING CUBE」写真展のご案内
菅原一剛写真展 「dansa」“とてもとてもありがとう”
~日本赤十字社 ケニア活動現場より~

2009年10月15日
株式会社リコー

 株式会社リコーは、東京・銀座のフォトギャラリー「RING CUBE(リング キューブ)」にて、12月2日(水)より菅原一剛写真展「dansa」“とてもとてもありがとう”~日本赤十字社ケニア活動現場より~を開催いたします。
この企画は、菅原一剛氏がケニアの人々の魅力を、赤十字の活動を通して新しい視点で切り取った写真で構成された写真展です。現地で撮影した作品約50点を展示する予定です。

  今回展示する作品は、2007年11月から日本赤十字社が支援しているケニアでの活動現場を取材するために、写真家の菅原一剛氏が赤十字広報特使で女優の藤原紀香氏に同行して撮影したものです。作品を通して、ケニアの人々の魅力と日本赤十字社の海外救援活動の実態を多くの方々に知っていただく機会にしたいと考えております。

  「RING CUBE」は、単に「写真を展示する場、鑑賞する場」にとどまらず、写真を楽しみ、写真を通じての自己表現を志す方々が集える場所、写真の可能性を広げていく拠点を目指しています。今後も、プロアマを問わず、幅広く写真家を紹介する企画を開催してまいります。
【菅原一剛氏から一言】
写真展「dansa」に寄せて
ある日、ぼくたちは電気もガスも水道もないケニアの小さな村を訪れました。
その時、その村には、ケニア赤十字による移動診療所が設置され、その小さな仮設診療所は多くの人々で溢れていました。
そして、その中はあたたかい“ほんとうの笑顔”で満たされていました。
その笑顔と共に多くの人々が、口々に”最大級のありがとう”という意味を持つ「ダンサ」という言葉を繰り返していました。
そんな彼らの笑顔と共に発せられた“最大級のありがとう”がいつでも日常にある世界は、とてもすてきな世界なのだと思います。
だからぼくも、そんな”あたたかい世界”がなくならないように、しっかりと“ありがとう”を伝えていきたいと思っています。
【菅原一剛氏略歴】
1960年生まれ。鎌倉在住。
大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業後、早崎治氏に師事。
フランスにてフリーの写真家として活動を開始して以来、数多くの個展を開催すると同時に、広告写真およびにCFなども手掛ける。
撮影監督を務めた映画「青い魚」は、1997年ベルリン国際映画祭にて正式招待作品として上映された。
2005年には、アニメ「蟲師」のオープニングディレクターをつとめるなど、その活動領域は、従来の写真の領域を越え、多岐にわたる。
2004年フランス国立図書館に作品10点が収蔵。
また2005年6月、ニューヨークのPace/MacGill Galleryにおける「Made in the Shade」展に、ロバート・フランク氏などとともに出展。
2008年書籍「写真がもっと好きになる。」を上梓。
2009年写真展Sundle Ghona(美しい村)を開催。
2010年写真集「DUST MY BROOM」を上梓予定。
www.ichigosugawara.com
【写真展概要】
名  称 : 菅原一剛写真展「dansa」“とてもとてもありがとう”
~日本赤十字社 ケニアの活動現場より~
主  催 : 株式会社リコー
協  賛 : 日本赤十字社
期  間 : 2009年12月2日(水)~2009年12月21日(月) 休館日を除く
場  所 : RING CUBE ギャラリーゾーン
所 在 地 : 東京都中央区銀座5-7-2 三愛ドリームセンター8階・9階(受付9階)
電  話 : 03-3289-1521
開館時間 : 11:00~20:00(最終日17:00まで)
休 館 日 : 火曜日
入 場 料 : 無料
URL : http://ringcube.jp
【写真展に関するお問い合わせ先】
RING CUBE
電 話 03-3289-1521