Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

「GR DIGITALII」機能拡張ファームウェアの第五弾をリリース

2009年7月27日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL II」向け機能拡張ファームウェアの第五弾を、2009年8月5日にリリースいたします。

 「GR DIGITALII」は、2007年11月の発売以来、高画質をコンパクトなボディで実現したデジタルカメラとして、プロフェッショナルやハイアマチュア、写真好きの方々にご好評をいただいております。
  機能拡張ファームウェアは、「GR BLOG」やアンケート情報などを通じて、数多くのお客様からいただいたご意見・ご要望にお応えするため、ご愛用いただいている「GR DIGITALII」を最新の機能にアップデートするものです。
  ファームウェアのリリースは、2005年に発売された初代「GR DIGITAL」から続いてきましたが、「GR DIGITALII」向けとしては、2008年3月、7月、11月、2009年4月に公開され、今回はその第五弾になります。今回の第五弾は、8月5日の「GR DIGITALIII」の発売に合わせ、同製品で実現した新機能の一部(5機能)を「GR DIGITALII」でも可能にしたものです。

 機能拡張ファームウェアおよび機能の使用説明書は、リコーウェブサイト上から無償でダウンロードしていただけます。なお、「GR DIGITALII」に対する機能拡張ファームウェアの提供は、今回が最終となります。
<拡張される機能>
(1) 再生モード時の表示ファイル記憶
再生時、前回の再生モード時に最後に表示したファイルが表示されます。
(撮影を行なった場合は、撮影されたファイルが表示されます)
(2) ADJ.レバーによるワンプッシュ拡大表示
静止画の再生時にADJ.レバーを押すと、画像を拡大表示できます。
(3) ワンプッシュ拡大表示倍率の選択
ワンプッシュ拡大表示を行う際の拡大表示倍率が選択できます。
(4) 再生モード時のダイヤル機能の選択
[ADJ.レバー:拡大コマ送り、アップダウンダイヤル:ズーム倍率変更]という組み合わせに加えて、[ ADJ.レバー:拡大位置の左右移動、アップダウンダイヤル:拡大位置の上下移動] が選択できます。
(5) マニュアル露出モード時のダイヤル機能の変更
ADJ.レバーで絞り値、アップダウンダイヤルでシャッタースピードの変更が可能になります。(通常は逆に設定されています)