Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコーフォトギャラリー「RING CUBE」写真展のご案内
テラウチマサト写真展「タヒチ 海と陸、昼と夜の間」を開催

2008年12月11日
株式会社リコー

 株式会社リコーは、東京・銀座のフォトギャラリー「RING CUBE(リング キューブ)」にて、2009年2月4日(水)よりテラウチマサト写真展「タヒチ 海と陸、昼と夜の間」を開催いたします。
常に新しい写真の表現・展示を試行し続けるテラウチマサト氏。今回の写真展は、2008年11月にタヒチを訪れた際、リコーのカメラ「GR1s」、「GX100」、「GX200」をメインに使って、 "海と陸のコラボ"といわれるブルーラグーンと、朝、昼、夜という時間軸で眺めたタヒチの風景を、「間」をテーマに撮影した作品、約40点を展示します。
さらに「RING CUBE」の立地や独特な円形の形状によって、昼夜でガラリと雰囲気を変える全面窓と作品のコラボレーションが作り出す「間」が、展示空間で展開されます。
「RING CUBE」で一体どんなアプローチを仕掛けてくるのか。テラウチマサト氏の新たな表現にご期待ください。
【テラウチマサト氏から一言】
タヒチのガイドから「長い年月をかけながら、この島は海に沈んでいる」と聞かされた。だから「ブルーラグーンは、沈み行く陸と飲み込もうとする海がコラボして作る最高のエンタテインメントだ」と。
また、南の島の太陽に照り返される昼と満天の星が奏でる夜の間にもコラボして出来るタヒチ特有の時間がある。
この写真展は、そんな場所や時間軸の「間」を撮影したものだ。昼と夜でガラリと雰囲気が変わる「RING CUBE」でこそ見て欲しい。昼夜で違う2つの写真展になるだろう。
 富山県出身。日本実業出版社を経て1991年に写真家として独立。"その人に会ってみたい"というポートレイトや"そこに行ってみたい"という風景作品で知られる。米国マサチューセッツ工科大学で講演するなど海外からも高い評価を得ている。2000年、フォトカルチャーを提案する雑誌『PHaT PHOTO』を創刊。編集長兼発行人として写真雑誌の新ジャンルを確立した。2006年、原宿クエストホールにて屋久島・ニューヨーク・女優の写真を3つの空間に分けて展示する大規模写真展「QUESTION」、そして、2007年には横浜北仲WHITEの3フロアを使い、自身と14人の作家の作品を展示する「横浜写真アパートメント」を開催。最近は、若手写真家の登竜門となるイベント「御苗場」をプロデュースするなど、常に写真業界に新しい風を生み出している。
【開催期間】
2009年2月4日(水)~2009年3月1日(日)
  • トークショー開催予定。
    日程等詳細は後日Web上でご案内いたします。
【開催場所】
名 称 RING CUBE ギャラリーゾーン
場 所 東京都中央区銀座5-7-2 三愛ドリームセンター(受付9階)
電 話 03-3289-1521
開館時間 11:00~20:00
休 館 日 火曜日
入 場 料 無料
U R L http://ringcube.jp
【写真展に関するお問い合わせ先】
RING CUBE
03-3289-1521