Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

「GR DIGITAL II」機能拡張ファームウェアの第二弾をリリース

2008年7月23日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、2007年11月に発売いたしました高画質コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL II」向けに、機能拡張ファームウェアの第二弾を7月24日にリリースいたします。
 「GR DIGITAL II」は、2005年10月の発売以来約2年にわたってご好評をいただいた「GR DIGITAL」の後継機で、プロフェッショナルやハイアマチュア、写真好きの方にご満足いただける画質をコンパクトなボディで実現しています。機能拡張ファームウェアは、「GR BLOG」やお客様登録時のアンケート情報などを通じて数多くのお客様からいただいたご意見・ご要望にお応えし、すでにお買い上げいただいた「GR DIGITAL II」を最新の機能にアップデートするものです。今回は、「GR DIGITAL II」向けとしては、2008年3月27日にリリースした第一弾に続く、第二弾となります。
  • (*)前機種の「GR DIGITAL」向けには、第一弾を2006年3月24日にリリースして以来5回のリリースを行い、多くの皆様にご利用いただきご好評をいただきました。
  •  機能拡張ファームウェアおよび機能の使用説明書は、リコーウェブサイト上から無償でダウンロードしていただけます。
    <拡張される機能>
    (1) ホワイトバランスの色調をきめ細かく補正することが可能に。
    色調をグリーン、マゼンタ、ブルー、アンバーそれぞれの色合いに補正して撮影可能。
    ホワイトバランス補正をADJ.レバー、ファンクションボタンに登録可能。
    再生モード時に撮影した静止画の色調補正が可能。
    (2) ISO感度に応じたノイズリダクション機能の設定が可能に。
    ノイズ軽減を優先した画像処理を行なう場合のISO感度を、「ISO401以上」「ISO801以上」「ISO1600」から選択可能。
    (3) 絞り優先モード時の絞り値の自動シフトが可能に。
    設定した絞り値では明るすぎて露出オーバーとなる場合、絞り値が自動的に変更されて適正露出で撮影することが可能。
    (4) ISO感度の表示
    ISO感度設定が「AUTO」または「ISO AUTO HI」の場合、撮影時にレリーズボタンを半押しした際、モニタリング画面上にISO感度の数値を表示。
    (5) 再生モード時の詳細情報表示
    再生モード時に、撮影時の画像設定値(コントラスト、シャープネス等)やホワイトバランス補正値等を表示。