Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

耐衝撃性を向上し小型・軽量化した防水・防塵デジタルカメラ「G600」を新発売
~画像加工検知機能を搭載~

2008年4月22日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、防水・防塵タイプのデジタルカメラの新製品として「G600」を新発売いたします。
 新製品「G600」は、好評の「Caplio 500G wide」(2006年5月発売)の上位機として、米国国防総省の規格に準拠した当社落下試験において、高さ1.5mからの耐衝撃性を達成しながら、小型・軽量化を図りました。また、新たに信頼性の高い高度な画像加工検知機能を搭載いたしました。
 ワイド光学5倍ズーム(35mm判フィルム換算で28~140mm)、到達距離最大10mのフラッシュ、建設CALSをはじめとした業務システムとの連携機能などを継承しています。土木現場や建築現場、災害現場などでの業務、損害保険業の査定業務や学校などをはじめ、様々な屋外・アウトドアユースでの使用が想定されるお客様に最適です。  
製品名 G600
標準価格 99,000円(消費税別)
発売日 2008年5月16日
月産台数 5,000台
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • *付属品として、リチャージャブルバッテリー、バッテリーチャージャー、USBケーブル、CD-ROM(ソフトウェア)、ネックストラップなどが含まれます。
  • <G600の主な特徴>
    1. 小型・軽量なボディで胸ポケットに入れて携帯することが可能です。
      116.5(W)×68.0(H)×32.0(D)mmのコンパクトボディ。本体の重さ *260gと軽量。 (従来機133.05(W)×78.5(H)×74.0(D)mm。本体の重さ *約400g)
    • *同梱充電池、SDメモリーカード、同梱ネックストラップを含まない質量
      ズームレンズに、屈曲式インナーズームを採用したことで、電源ON/OFFに拘わらず本体からレンズが飛び出さないフラット設計。
      カメラ本体へのネックストラップの取り付けは、従来機の横吊りに加え、縦吊りを可能にしたことで、首からストラップを下げたままでも作業服の胸ポケットへの収納が容易。
    2. 優れた防水・防塵性能はそのままに、耐衝撃性をさらに向上するなど、屋外でのハードな利用に適しています。
      耐衝撃構造の採用や鏡胴の強度向上により、米国国防総省の規格「MIL Standard 810F」に沿った26面での落下試験において、1.5mの高さからの落下衝撃に耐える強靭なボディを実現(従来機は1.0m)。
      従来機で好評の、JIS保護等級7級の防水性能を継承。雨中での撮影はもちろん、水洗いや水深約1m程度での水中撮影(30分以内)も可能。
      JIS保護等級6級の防塵性能を継承。ほこりや砂の多い環境等での撮影にも対応。
      大型操作ボタンやその配置の工夫により、手袋をしたままでも使いやすい操作性を実現。
    3. 撮影後に画像が加工・編集されたかどうかを検知して表示する画像加工検知機能を搭載しています。
      画像加工検知機能をONにして撮影した静止画は、画像をパソコンに取り込んで、付属のソフトウェアEC1で、撮影後に画像が加工・編集されたかどうかを確認することが可能。
      デジタル写真画像を信頼性の高い証拠資料として提出することが可能。
    • (*)画像加工検知には、RSA暗号化方式を採用。画像全体に対して加工を検知できるようなデータを作成しそのデータを暗号化して画像ファイルに埋め込んでいます。EC1では、該当画像に対して加工検知するためのデータを取出して、画像が加工されているか否かを判定します。
    4. 防水・防塵デジタルカメラに28~140mmワイドズームレンズを搭載しています。
      28~140?相当のワイドズームレンズを搭載。
      大きな建物の全景や狭い場所での撮影なども可能な上、光学5倍ズームにより、足場が悪く近づくことのできない被写体の撮影も可能。
      より広角に撮影できるワイドコンバージョンレンズ(35mmフィルム換算:広角側で約22mm)もオプションで用意。37?径フィルターの装着も可能。
    5. CALSモードなど建設工事業務の電子化に最適な機能を搭載しています。
      建設CALSに対応した電子納品の各自治体指定の画質に即座に切り替えることができる「CALSモード」を装備。1280×960、640×480を含む7つの画像サイズから、任意に設定が可能。(従来機は1280×960サイズ ノーマルモードのみ)
      カメラの電源をONにした時に、一定時間、設定されている日時が表示される起動時日付表示機能を搭載。設定されている日付の確認がしやすくなったことで、記録される日付違いの間違いを防止。
      写真のデータに撮影場所などの情報をメモとして記録できる「カメラメモ」機能を搭載。
    後々の画像の検索、整理が容易に。本機能を利用して、様々な業務用写真管理ソフトとの連携も可能。
    6. さまざまなソリューション機能を装備しています。
      斜めから撮影した画像をあたかも正面から撮影したように補正する「斜め補正モード」を搭載。掲示板や展示パネルなど、様々なシーンに威力を発揮。
      パソコンを経由せずに直接プリンターに接続できるPictBridge規格に準拠。リコーの高速カラーレーザープリンターやMFPと接続*することで、プリンターに登録された帳票への印刷など、より多彩なプリントも可能。
    • *対応機種はリコーWebサイトでご確認ください。
    7. 到達距離最大10mの強力なフラッシュとISO3200対応で暗いところも撮影可能です。
      広角時で最大10m、望遠時で最大6.2mの距離まで対応するフラッシュを搭載。
      新たにISO3200に対応、撮影シーンが拡大します。(従来機はISO1600まで)
      外部フラッシュの使用も可能なアクセサリーシューを装備。
    8. 2.7型の大型画像モニターを搭載しています。
      2.7型の大型・高精細画像モニターを搭載。屋外でも見やすくより確実な撮影が可能に。
      照度センサーを搭載し、周囲の明るさにより自動的に画像モニターの輝度を調整することで、画像モニターの見易さを向上。
    9. その他、リコーが優位とする機能を継承しています。
      約360枚(CIPA規格)という長時間駆動が可能な大容量リチウムイオンバッテリーを同梱。不意のバッテリー切れ時も手軽で入手可能な単四形アルカリ乾電池、屋内での使用に便利なAC電源(オプション)も利用可能。3種類の電源に対応。単四形アルカリ乾電池でも約60枚(CIPA規格)の撮影が可能。
      最短1?まで近づいて撮影できるマクロモードを搭載。
      カメラとパソコンをUSB接続するだけで、カメラを外部記憶装置として認識し、専用ソフトを使用することなく、カメラの画像をパソコンに取り込み可能。専用ソフトを使った一発転送との切り替え使用も可能。
      有効1000万画素の高画質CCDを搭載。
    <G600のオプション価格表>
    商品名 型名 標準価格 税込価格
    ワイドコンバージョンレンズ DW-5 12,000円 12,600円
    リチャージャブルバッテリー DB-60 4,000円 4,200円
    バッテリーチャージャー BJ-6 4,000円 4,200円
    ACアダプター AC-4c 5,500円 5,775円
    ソフトケース (※) SC-600 3,200円 3,360円
  • (※) 新規オプション
  • G600
    G600
  • *Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • *Mac OSは米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。
  • このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)