Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、コンパクト設計の132万画素高画質デジタルカメラ 「リコーDC-4」「リコーDC-4T」を新発売

1998年4月20日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、コンパクト設計でありながら、132万画素CCDの搭載により高画質の撮影が可能なデジタルカメラの新製品として、(1)光学3倍ズーム、音声記録機能を搭載した「リコーDC-4」、(2)光学2倍ズームを搭載した「リコーDC-4T」を開発し、日本国内で発売いたします。
製品名 リコーDC-4 リコーDC-4T
標準価格
(消費税別)
108,000円 79,800円
発売日 1998年5月20日
1998年7月上旬
月産台数 18,000台
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。 * 付属品として、4MBスマートメディアカード×1枚(DC-4)、2MBスマートメディアカード×1枚(DC-4T)、AVケーブル(DC-4)、ビデオケーブル(DC-4T)、ソフトケース、ハンドストラップ、デート用ボタン電池(CR2025)×1、単3アルカリ電池×4本が含まれます。
  •  新製品「リコーDC-4」「リコーDC-4T」は、リコーのデジタルカメラ開発技術を結集し商品化したもので、132万画素CCD搭載による高画質撮影のほか、光学ズームやオートフォーカス機能など、多彩な機能を搭載した、「リコーDCシリーズ」の最上位機種です。多機能ながらコンパクトカメラ並みの使いやすさを実現し、記録メディアにはスマートメディアカードを採用しています。
     また、大きさ135×65×35mm、質量285gと小型軽量であり、特に「DC-4」は、3倍ズーム搭載のメガピクセルデジタルカメラでは最小・最軽量を実現しています。
     新シリーズの投入により、リコーのデジタルカメラのラインアップは、35万画素のスタンダードモデル「DC-3」シリーズ、41万画素で通信機能を搭載した「DC-2S」と、今回のメガピクセル機「DC-4」シリーズとなり、お客様のデジタルカメラに対するニーズに更に幅広く対応していきます。
    <リコーDC-4、DC-4Tの主な特徴>
  • 1.高画質の撮影が可能です。
      • 132万画素CCDの搭載により、高画質、高精細の撮影が可能。
      • DC-4は35mm換算で35~105mm相当の光学3倍ズームレンズを、DC-4Tは35~70mm相当の光学2倍ズームレンズを搭載することにより、広角でも望遠でも同質のきれいな写真を撮影可能。
      • レンズには2面の非球面を含む高性能ガラスレンズを9枚使用し、一眼レフ並みの高解像度を実現。
      • 「マクロモード」の搭載により、被写体に8cmまで接近して撮影が可能。
  • 2.コンパクトカメラ並みの使いやすさを実現しています。
      • 大きさ135×65×35mm、質量285gと小型軽量。
      • 「記録」、「再生」、「消去」などを、瞬時にわかりやすく切り替え可能な「モード切り替えダイヤル」を搭載。
      • 電源を入れ、モード切り替えダイヤルで「記録」、または「マクロモード」を選択することにより、レンズバリアが自動的にオープン。それ以外のモードを選択すると、電源オン時でもレンズバリアが閉じ、レンズを保護。
      • 記録メディアに、超小型・薄型のスマートメディアカードを採用し*、DC-4は同梱の4MBカードで最大70枚、DC-4Tは同梱の2MBカードで最大35枚の撮影が可能(ともに640×480/エコノミーモード時)。
        *DC-4は3.3Vと5Vのカードに、DC-4Tは3.3Vのカードのみに対応。
      • 複数のカードを用いることにより、多枚数の撮影や撮影画像の効率的な分類管理が可能。
      • オプションのフロッピーディスクアダプター「FS-A10」(12,000円;消費税別)やPCカードアダプター「FS-A53」(10,000円;消費税別)にスマートメディアカードをセットし、それぞれのスロットを装備したパソコンに装着することにより、記録データの直接読み込みが可能。
      • DC-4はオプションのリモコン「DR-3」(3,000円;消費税別)により、遠隔操作による撮影や再生が可能。
  • 3.デジタルカメラならではの充実した撮影機能を搭載しています。
      • 190度回転型レンズユニットの採用*により、一般的な撮影から、モニターを見ながらの自分自身の撮影など、自由度の高い撮影が可能。
        *レンズユニットは、垂直の状態から前方向に100度まで、後方向に90度まで稼動します。
      • レンズユニットの角度に合わせてフラッシュも可動*。
        *フラッシュの可動範囲はレンズユニットが垂直の状態から前方向に100度までです。
      • 撮影のニーズに合わせて、2種類の解像度(1280×960/640×480)、3種類の圧縮率(ファイン/ノーマル/エコノミー)による6種類の組み合わせに加え、1280×960で非圧縮モード*も搭載し、計7種類の撮影モードが選択可能。
        *非圧縮モードのデータをパソコンで利用するには、専用ユーティリティーソフト「DU-4」が必要です。
      • 記録フォーマットは、JPEG形式を採用(非圧縮モードを除く)。
      • オートフォーカスをはじめ、ホワイトバランス、露出補正のオート機能を搭載することにより、簡単にきれいな撮影が可能。
      • オート機能に加えて、フォーカスや露出のマニュアル機能、ホワイトバランスの固定モード(屋外/蛍光灯/白熱灯)も装備し、状況に応じた細かな撮影設定が可能。
      • 会議などに役立つ「文字モード」を搭載。
      • DC-4は撮った画像に8秒のコメントをつけられる「画像+音声モード」「文字+音声モード」や、4MBスマートメディアで最大8分16秒の音声記録が可能な、「音声モード」を搭載。
  • 4.多彩な再生機能を搭載しています。
      • DC-4は2インチ低温ポリシリコン液晶モニター、DC-4Tは1.8インチTFT液晶モニターを採用し、高画質の記録画像を高精細に表示可能。
      • モニターで記録画像を確認する際、1枚ずつの再生に加え、1度に9枚の画像が確認可能な、「画面分割機能」を搭載
      • 付属のケーブルにより、テレビでの再生も可能。
  • 5.パソコンへのデータ取り込みが簡単にできます。
      • スマートメディアをフロッピーディスクアダプターまたはPCカードアダプターに装着し、パソコンのスロットにセットするか、DC-4とパソコンをシリアルケーブル(Windows用、Macintosh用 各3,500円;消費税別)で接続し、専用ユーティリティーソフト「DU-4」(Windows95版/Macintosh版 各4,900円;消費税別)により、撮影画像のパソコンへの取り込みや、パソコンからDC-4/DC-4Tへの転送が可能。
      • シリアルケーブル使用時の画像転送速度は最大115.2kbpsと高速(Windows95版使用時)
      • DU-4で取り込まれた画像はサムネイル形式で表示。サムネイルをダブルクリックするだけで選択画像を拡大表示可能。また表示画像の縮小・拡大、明るさ、コントラスト、シャープネスなどの補正が可能。
      • DU-4は、ツリー形式で表示されたドライブやフォルダーを指定することにより、その階層下にある画像データを一覧表示可能。
      • DC-4/DC-4Tをシリアルケーブルでパソコンに接続後、DU-4によりパソコン側からカメラの機能設定や、撮影、カメラからパソコンへの画像転送などの制御が可能な、カメラコントロール機能を装備。
  • リコーDC-4
    リコーDC-4
  • このニュースリリースに掲載されている商品名、会社名は各社の商標および登録商標です。