Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコーのデジタル孔版印刷機として、初めてカウンター方式保守システムを採用した「Satelio DUO 8 SQ/Satelio DUO 8F SQ」を新発売

2008年12月10日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、デジタル孔版印刷機として、初めてカウンター方式保守システムを採用した「Satelio DUO(サテリオ デュオ) 8 SQ/Satelio DUO 8F SQ」を新発売いたします。
 新製品は現在販売中の「Satelio DUO 8/Satelio DUO 8F」(2007年3月発売)の高画質・高機能はそのまま継承し、新たな保守契約体系であるカウンター方式保守システム(SQ-PaC)を適用する専用機として発売するものです。
製品名 Satelio DUO 8 SQ Satelio DUO 8F SQ
標準価格 (消費税別) 1,965,000円 2,150,000円
給紙方式(枚数) 1way(1,000枚:A4の場合) 3way(3,000枚:A4の場合)
印刷サイズ A3
プリンター機能 あり
自動両面印刷機能 あり(A4/B5サイズの場合)
発売日 2008年12月19日
販売台数 150台
  • 「Satelio DUO 8 SQ」の標準価格には専用のテーブルタイプ1とドキュメントフィーダーDF-2、自動排紙台タイプ2が含まれます。また、「Satelio DUO 8F SQ」の標準価格には、専用の給紙テーブルPT-3とドキュメントフィーダーDF-2が含まれます。
  •  カウンター方式の保守システム(SQ-PaC)では、毎月の出力枚数などに応じた保守料金をお支払いいただくことで、定期交換部品の交換、万一の故障時の修理などをカスタマーエンジニアが実施します。また、消耗品であるインキや製版マスターの費用も保守料金に含まれ、機器の管理負荷を軽減するほか、コストの平準化を図ることができます。
     新製品の発売により、従来の保守契約体系(年間保守契約、随時保守契約など)と合わせて、お客様のご利用状況に応じた保守契約体系を選択していただくことが可能になります。
    <新製品 Satelio DUO 8 SQ/Satelio DUO 8F SQの保守料金体系>
     Satelio DUO 8 SQ、Satelio DUO 8F SQをご導入の際はSQ-PaC保守契約を結んでいただきます。リコーはマスター、インキ、メンテナンスパーツの供給および定期保守サービスを実施します。また、故障の際にもすばやくお応えできる体制を整えています。リコーは保守サービスの対価として「SQ-PaC保守料金」を申し受けます。SQ-PaC保守料金はカウンター数値により算出されます。
     Satelio DUO 8 SQ、Satelio DUO 8F SQは、マスターカウントとプリントカウントのそれぞれのカウンターに基づき料金を請求する2カウンター制をとっています。

    SQ-PaC保守料金
     下記基本料金にマスターカウント料金とプリントカウント料金を合算した料金をSQ-PaC保守料金とします。
  • マスターカウント料金とプリントカウント料金は基本料金に含まれるカウントを超えた分から算出されます。
  • (消費税別)
    請求単位(1ヶ月)
    料金 対象品目
    基本料金 マスターカウント:~100 9,700円 マスター、インキ、その他交換部品およびカスタマーエンジニアの定期保守費用、万一の故障時派遣の全費用。
    プリントカウント:~5,000
    マスター
    カウント
    101~200までの1カウントにつき 47.0円/版
    201~の1カウントにつき 45.5円/版
    プリント
    カウント
    5,001~10,000までの
    1カウントにつき
    0.5円/ページ
    10,001~の1カウントにつき 0.3円/ページ
  • *カウンターは、出力1面毎に1カウント進みます。両面出力毎に2カウント進みます。
  • SQ-PaC保守料金はカウンター数値により算出されます。
    上記保守料金にはマスター、インキを含みます。
    通過逓減方式です。
    実際のご請求金額はテスト、不良出力の控除として月間ご使用カウントの2%引きで算出された金額になります。(マスターカウントの控除はありません)
    ご請求は1ヶ月単位です。
    契約有効期間は5年間で、5年経過後は1年単位で自動更新をさせていただきます。
    (6年目は基準額の8%相当、7年目以降は基準額の12%相当が加算されます)
    保守サービスのために必要な補修用性能部品の最低保有期間は、本製品の製造中止後、7年間です。
    時間外、遠距離等の場合、別途追加料金を申し受けることがあります。
    <新製品 Satelio DUO 8 SQ/Satelio DUO 8F SQの主な特徴>
  • 製品の特徴は「Satelio DUO 8/Satelio DUO 8F」(2007年3月発売)と同じです
  • 1. 自動両面印刷機能を搭載しています。
    A4判もしくはB5判の用紙に、毎分240ページ(120枚の用紙の裏面と表面)の高速両面印刷が可能。従来のように、表面を印刷し乾燥させてから裏面を印刷するといった手間を削減。
    2. 独自開発の製版マスターにより、高画質と裏汚れの低減を両立します。
    独自開発の高感度「サテリオマスター」を採用。写真原稿は滑らかに、文字はくっきりと再現。さらに、ベタ部分の均一性も向上しており、レーザープリンターなみの高画質を実現。裏汚れも低減するため、両面印刷時も高画質プリントを実現。
    3. 印刷後の版を守るなど多彩なセキュリティ機能を搭載しています。
    印刷の終わった版を蓄積する排版ボックスをロックするセキュリティ機能を搭載。排版を持ち出せなくすることで、機密文書やテスト問題などの情報漏えいを抑止。ドラムロック機構や追加プリントの禁止動作と合わせ、充実したセキュリティ機能により信頼性を向上。
    4. 環境に配慮した設計により、「エコマーク」「グリーン購入法」に適合しています。
    高い環境性能を実現し、「エコマーク」や「グリーン購入法」にも適合。RoHS指令(EU有害物質削減指令)にも対応しており、規制物質の使用制限に準拠。
    5. 充実した基本機能を搭載しています。
    最大A3判までの印刷が可能(自動両面印刷は、A4判・B5判のみ)。片面印刷時も、毎分135枚(B4判以下、給紙台使用時)の高生産性を発揮。製版時間はA4判縦で12秒と高速。大型タッチパネルを採用しており、快適操作を実現。
  • このニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)