Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

CMOSの小型降圧DC/DCコントローラICとして、動作最大18.5Vという高耐圧を実現「R1224Nシリーズ」「R1225Nシリーズ」を受注開始

2001年10月22日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、各種電気機器に使用して内部回路への供給電圧を高い電圧から低い電圧へ効率よく変換する降圧DC/DC(直流/直流)コントローラICとして、CMOSプロセスを採用しながら、最大動作電圧18.5V(定格20V)という高耐圧を実現した「R1224Nシリーズ」と「R1225Nシリーズ」を開発し、サンプルの受注を開始いたします。
  「R1224Nシリーズ」は、過電流保護回路として、過電流によるシャットダウン後自動復帰するリセット型を採用し、小型SOT23-5パッケージに搭載しております。一方「R1225Nシリーズ」は、過電流保護回路として、外部からの復帰指示を必要とするラッチ型を採用し、小型SOT23-6Wパッケージに搭載しています。(実装面積はともに2.8mm×2.9mm)
製品名 R1224Nシリーズ R1225Nシリーズ
サンプル価格 150円
受注開始 2001年10月29日
月産規模 当初各100万個
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • <R1224Nシリーズ、R1225Nシリーズの主な特徴>
  • 1.パラメータを最適化した新プロセスにより、入力電圧の高耐圧化を実現しました。
      • CMOSプロセスを採用し、小型パッケージに搭載しながら、最大動作電圧18.5V、絶対最大定格電圧20Vという高耐圧を実現。
      • 携帯電話などに加え、高耐圧が求められるノートPCやディスクドライブ、電子楽器、テレビなどにも最適。
  • 2.さまざまな発振周波数(180kHz、300kHz、500kHzから選択可能)と広い入力電圧(2.3V~18.5V)を実現しました。
      • ユーザーのニーズに幅広く対応可能。
      • 発振周波数が低いものは、低消費電流化に有利(PWM=Pulse Width Modulation動作時)。一方、発振周波数が高いものでは、外付けのコイルとしてインダクタンス値(コイルの能力を表わす単位)が小さいものを使用できるため、部品搭載のスペースの削減に貢献。
      • 入力電圧の範囲が広く、この範囲の全ての電圧で、外付けドライバーとしてのPチャネルパワーMOSFETを駆動できるため、大きな負荷でも使用可能。
  • 3.2種類の保護回路が選択可能である上、低電圧誤動作防止回路も装備しています。
      • 最大デューティ比がある一定時間以上続いた際の保護回路として、2種類が選択可能。
      • 入力電圧TYP.2V以下になると回路を停止する低電圧誤動作防止回路(UVLO)も装備。
  •   【2種類の保護回路】
      • (1)R1224Nは、シャットダウン後、ソフトスタート回路にて緩やかに動作を再開させるリセット型保護回路を搭載。
      • (2)R1225Nは、シャットダウン後、電源の再投入や再立ち上げなどの外部からの指示により、動作を再開するラッチ型保護回路を搭載。保護回路の遅延時間はユーザーで調整可能。
  • 4.スタンバイ時の消費電流をTYP.0μAとほとんど完全に抑えています。
      • 回路のON/OFFを選択することができるチップイネーブル端子を備えることにより、スタンバイ時の消費電流はTYP.0μA。本ICによる無効電流は、ほとんどない状態を実現。
      • 動作時の消費電流もTYP.30μA(300kHzPWM品・スイッチングオフ時)とわずか。
  • 5.ドライブ能力が高く、ゲート容量の高いパワーMOSFETも駆動可能です。
      • 外付け部品を追加することなく、より大きな出力電流を得ることが可能。
  • 6.PWM/VFM切り替え回路により、軽負荷時の効率を改善することができます。
      • PWMとVFM(Variable Frequency Modulation)の切り替え回路を搭載。
      • 切り替え回路なしのバージョンも用意。
  • 7.小型ながら、位相補償用コンデンサ、ソフトスタート回路を内蔵しています。
      • 外付け部品として、コイル、コンデンサ、パワーMOSFET、ダイオードを用いるだけで、高効率の降圧DC/DCコンバータを構成可能。
      • ソフトスタート機能の内蔵により、立ち上がり時のラッシュ電流を軽減。
  • 8.R1224Nは、便利な出力電圧可変タイプもご用意しています。
      • 本IC搭載機器の急な設計変更にも抵抗値を変えるだけで対応可能。
  • R1224Nシリーズ(左)とR1225Nシリーズ(右)
    R1224Nシリーズ(左)とR1225Nシリーズ(右)
    (目盛りの間隔は1mm)