Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

世界初、動画処理も可能なJPEG2000準拠の画像圧縮・伸張LSIを開発
~画像変換、符号化に加え、符号形成機能までを1チップ化~

2001年7月3日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、世界で初めて、動画の処理も可能にしたJPEG2000準拠の画像圧縮・伸張LSIを開発いたしました。
 本LSIは、リコーが長年培ってきた画像圧縮技術とそのアルゴリズムをLSI化するノウハウにより実現したもので、JPEG2000の処理プロセスにおけるウエーブレット変換、算術符号化部分だけでなく、符号生成・解析までを初めて1チップ上に集積いたしました。このLSIをご利用いただくことにより、JPEG2000のエンコード/デコードが容易に行える上、上記処理プロセスの全てをハードウエア化することにより、VGAサイズの動画を毎秒30フレーム処理できる動作スピードを実現しております。
 さらにリコーでは、JPEG2000の処理における画像の単位であるタイル(128×128ピクセル)データに変換するインターフェースチップも同時に開発しました。動画処理の際は、画像圧縮・伸張LSIにこのインターフェースチップとバッファメモリー(SDRAM)を追加することで、リアルタイムエンコード/デコードが可能となります。
 リコーでは今後、今回開発したLSIチップセットの評価を行い、2001年第3四半期中にはサンプル出荷を開始いたします。順次、リコーの複写機への採用を予定しているほか、動画を含む各種アプリケーションに向け外販してまいります。
 JPEG2000は、今年1月に制定された画像圧縮・伸張の国際標準です。大容量記憶メディアの普及とブロードバンド時代の到来に対応し、高精細な静止画および動画へのフレキシブルな対応を実現していることから、期待が高まっています。従来の標準に比べ、後述のような特徴を持っています。
  • (1)従来のJPEGとの比較
      • 1.符号生成・解析機能により、符号化されたままの状態で圧縮率の拡大(符号量削減)が可能なため、一つのデータをもとに、携帯電話用データやサムネイルなどの小さい画像からVGAサイズやそれ以上の大きい画像まで、様々なサイズ(解像度)の画像が得られる。処理スピードの向上や、メモリー容量の削減にも貢献する。インターネット経由の画像配信などに適している。
      • 2.ロスレス(可逆)圧縮・伸張機能をサポート。圧縮前の画像に復元することが可能。
      • 3.モザイク状のブロックノイズが出現せず、より滑らかで美しい画質を実現。
  • (2)MPEGとの比較
      • 1.時間軸の圧縮がないことにより、動画の各フレームの差分計算を必要としないため、エンコード回路をはじめとしたシステムの小型化、さらには低コスト化が可能。動画の各フレームを静止画で持っているため、編集機能にも優れている。

      • 2.データ取得中のエラーなどにより、途中までしかデータが得られない場合でも、符号生成・解析機能によって、停止することなく得られたデータだけで再生することが可能。
  • 今回開発した画像圧縮・伸張LSI
    今回開発した画像圧縮・伸張LSI