Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

大電流の供給と小型化を両立した高性能LDOレギュレータIC「R1170Xシリーズ」のサンプル受注を開始

2001年4月16日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、各種情報通信機器や電気機器などに用いて、機器内の回路への供給電圧を一定化するボルテージレギュレータICとして、大電流の供給と小型薄型化を両立した高性能LDO(Low Dropout:入出力電圧差が非常に小さいタイプのレギュレータIC)「R1170Xシリーズ」の受注を開始いたします。
製品名 R1170Xシリーズ
サンプル価格 120円
受注開始日 2001年4月23日
月産規模 200万個
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には消費税は含まれておりません。
  •  新製品「R1170Xシリーズ」は、各種情報通信機器や電気機器などに用いて、電池やアダプターなどの電源から入力した電圧を、動作電圧が規定されている機器内の回路上のメモリーやCPUなどに対し、電池の消耗などによる電圧変動に関わらず一定化して出力するボルテージレギュレータICです。
     新製品「R1170Xシリーズ」は、モバイルPCやCD-RWドライブなどの各種機器に搭載されるLSIの高集積化により、大電流の電源が求められていることに加え、より小型かつ一層の低入出力電圧差へのニーズに対応して製品化したものです。リコー独自の新プロセスの開発により、定格1Aの大電流の供給を可能にしながら、小型パッケージ(HSON6-P:2.9mm×2.8mm×高さ0.85mm、TYP.)への実装を実現しました。また、回路レイアウトの最適化により、リコー従来品の約1/4となる0.25V(3V出力品、500mA負荷時)という低入出力電圧差を実現し、低消費電流化に有利なCMOSプロセスとあいまって、バッテリー使用機器の電池寿命を延ばすことに貢献します。
     小型パッケージのほか、一般的なパッケージであるSOT89-5の製品もご用意しています。
    <新製品 R1170Xシリーズの主な特徴>
  • 1.大電流供給を可能にしながら小型パッケージに実装しました。
      • デザインルールの変更をはじめとした新プロセスの開発により、最大定格電流1Aという大電流の供給を可能にしながら、大電流タイプでない一般的なLDOレギュレータICの小型パッケージであるSOT23-5と同等の実装面積をもつHSON6-P(2.8×2.9mm)に実装。厚みは、SOT23-5より薄いMAX.0.9mm(TYP.0.85mm)を実現。機器の小型薄型化に貢献。(R1170Dシリーズ)
      • 大電流タイプとして一般的なパッケージであるSOT89-5(4.5mm×4.5mm×高さ1.5mm、TYP.)に実装したR1170Hシリーズも用意。
  • 2.0.25V(3V出力品、500mA負荷時)という低入出力電圧差を実現しています。
      • 回路レイアウトの最適化とプロセス技術により、0.5Ωという低抵抗でON状態となる出力ドライバを内蔵。低抵抗であるほど低い入出力電圧差で負荷電流を流すことができるため、一般的なSOT23-5パッケージのLDOレギュレータICに比べ、飛躍的な特性の向上を実現。(従来品はON抵抗:2Ω程度、負荷100mA時の入出力電圧差:0.19V~0.20V、新製品「R1170X」の負荷100mA時の入出力電圧差:0.05V)
      • バッテリー使用機器の電池寿命を延ばすことに貢献。
      • また、例えば、DC/DCコンバータの後段において、効率をあまり落とさずに電圧変換することも可能。
  • 3.従来の短絡保護回路に加え、過熱保護回路機能も内蔵しました。
      • さらに高い安全性を実現。
  • 4.低消費電流を実現しています。
      • 大電流タイプでありながら、自己消費電流は、TYP.80μAとわずか。
      • チップイネーブル機能を内蔵し、必要に応じてさらに回路消費を減らすことが可能。電池をより長時間使用することが可能。
  • 5.高機能のレギュレータICです。
      • リップル除去率は、1kHzで55dB。(100mA負荷時)
      • 出力電圧精度は±2.0%。
      • 優れた過渡応答特性を実現。
      • 外付けのコンデンサとして、セラミックコンデンサを使用可能。(ただし容量には規定あり)
  • R1230Dシリーズ
    R1170Xシリーズ
    (左がR1170Hシリーズ、右がR1170Dシリーズ)