Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

フルカラースキャナー対応により、図面ワークフローを大幅に効率化
A0判対応デジタル複合機「imagio MP W7140/W5100シリーズ」を新発売
~ 高い生産性や、多彩な紙折りオプションへの対応を実現 ~

2008年8月20日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、A0判(新聞見開きの2倍のサイズ)対応のデジタル複合機「imagio MP W7140/W5100シリーズ」あわせて4モデルを開発し、新発売いたします。販売目標台数は年間1,200台です。
 新製品は、リコーの広幅複合機として初めてカラースキャナー機能に対応(オプション)しており、手書きで加筆した図面を電子化してスピーディに共有することが可能です。また、「imagio MP W7140シリーズ」は毎分14枚(A1判ヨコ)、「imagio MP W5100シリーズ」は毎分10枚(A1判ヨコ)の高速出力を実現したほか、紙折り機をオプションで用意したことで、製造業でよく行われる出力後の図面折り作業までを含めた生産性を大幅に向上します。
 さらに「imagio MP W7140/W5100シリーズ」は、A0判対応のデジタル複合機として業界で初めてカラーユニバーサルデザイン認証を取得するなど、アクセシビリティにも配慮した、優れた操作性を実現しています。
製品名 imagio MP W7140R imagio MP W7140TR
標準価格 (消費税別) 515万円
標準給紙方式 ロール給紙(4段)+手差し ロール給紙(2段)+
カセット給紙(2段)+手差し
連続複写速度 (毎分) A0(タテ) 7枚、A1(ヨコ) 14枚
発売日 2008年8月25日
製品名 imagio MP W5100R imagio MP W5100TR
標準価格 (消費税別) 345万円
標準給紙方式 ロール給紙(4段)+手差し ロール給紙(2段)+
カセット給紙(2段)+手差し
連続複写速度 (毎分) A0(タテ) 5枚、A1(ヨコ) 10枚
発売日 2008年8月25日
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • <新製品 imagio MP W7140/W5100シリーズの主な特徴>
    1. フルカラースキャナー機能に対応することで、ワークフローの効率化を促進します。
    オプションの装着により、リコーの広幅複合機で初めてフルカラースキャナーに対応。色分けされた回路図や地図、配電・配管図や打ち合わせ内容を色ペンで加筆した図面をカラーでスキャンして、スピーディに共有することが可能。
    「スキャン to フォルダー」「スキャン to E-Mail」「スキャン to URL」など、多彩なスキャン方法に対応。A0判図面を最大600dpiの高解像度で電子化。
    設計情報の機密保持のために、imagio本体の操作だけで「パスワード付暗号化PDF」の作成が可能。PDFファイルを開く際にパスワードの入力が必要なうえ、暗号化もしており、機密性の高い図面を電子化して送付する際の情報漏洩を抑止。
    2. エンジン性能やコントローラー性能の向上により、図面出力速度を大幅に向上*1しました。
    「imagio MP W7140シリーズ」は、連続コピー/プリントスピード毎分14枚(A1判ヨコ)を実現。「imagio MP W5100シリーズ」は、毎分10枚(A1判ヨコ)。
    プリントコントローラーのデータ処理速度を大幅に向上。複数の出力データを並行処理しながら大容量ハードディスク・メモリーで高速処理することで、異なる図面の連続出力時間を高速化。図面出力に関わる業務の効率を大幅に向上。
    • *1「imagio MP W5100シリーズ」の前身機「imagio Neo W7050」は、毎分8枚(A1判ヨコ)。
    3. 新たにA4サイズ仕上げの紙折り機に対応するなど、出力後の作業を自動化します。
    新たに、A0判やA1判で出力した図面をA4サイズに自動的に折りたたむ後処理オプション「imagio フォルダー FD6500B」(2008年8月25日発売、標準価格:315万円)を発売。A4サイズに折る「基本折り」に加え、封筒に入れるために狭い幅(170mm)に折る「袋折り」、ファイルにとじるためのとじ代を付けてA4サイズに折る「ファイル折り」など、多彩な折りパターンに対応。オフラインでの手差し折り機能を標準装備。
    発売済みの「imagio フォルダー FD6500A」(2008年秋対応予定、標準価格:140万円)を装着することで、省スペースでジャバラ折りまでを自動化することが可能。
    4. カラーユニバーサルデザイン対応など、操作性や作業のしやすさを追求しています。
    操作部にカラーWide VGAの8.5インチ大型液晶タッチパネルを採用。色弱の方にもわかりやすいLEDランプの配置や識別しやすい色を採用しており、A0判対応のデジタル複合機として業界で初めてカラーユニバーサルデザイン認証を取得。アクセシビリティにも配慮した優れた操作性を実現。
    原稿をスタックする機構を標準装備し、読み取った原稿を本体上部で最大50枚までスタックできるほか、プリント/コピーした用紙(最大A1ヨコ)を最大99枚までスタックできる胴内排紙機構を採用。
    オプションの「imagio マルチスタッカー タイプW6」により、A0タテ・A1タテといった大判サイズの出力用紙の前面スタックや背面スタック、さらに本体背面での原稿スタックなどに多彩に対応。業務にあわせてフレキシブルに設置することが可能。
    5. 図面情報の漏洩を抑止する多彩なセキュリティー機能に対応しています。
    ICカードによる個人認証に対応(別売、2008年秋対応予定)。機器の利用制限を実現し、図面の取り間違えや取り忘れによる紙文書からの情報漏洩を抑止することが可能。
    「機密管理ナンバリング機能」を使うことで、コピー部数ごとに、通しナンバーを透かし印字し、それぞれをオリジナルにすることが可能。機密図面配布先での再コピー抑止に貢献。
    アドレス帳データや認証情報、蓄積文書などを暗号化してから保存する「HDD暗号化機能*2」や、HDD の残存データやユーザーデータを上書き消去する「HDD残存データ消去機能*3」にオプションで対応。本体に保存されたデータの情報保護に配慮。
    *2imagio 蓄積文書暗号化カード タイプ7 が必要。*3 imagio セキュリティカード タイプ7 が必要。
    その他、スキャナーでメール送信する際にメッセージの暗号化と電子署名を行うS/MIME認証や、IPSec対応、通信経路の暗号化など、様々なセキュリティーに対応。
    imagio MP W7140
    imagio MP W7140
  • Microsoft、Windowsは、Microsoft Corporationの米国その他の国における登録商標または商標です。
  • Adobe, PostScriptは、米国及びその他の国におけるAdobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。