Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

最新のネットワークソリューション機能を搭載した省スペース設計のデジタル複合機「imagio MP 1600/1300シリーズ」を新発売

2008年5月13日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、ファクス、スキャナー、セキュリティ機能を強化した、省スペース設計のモノクロデジタル複合機として、連続コピー/プリント速度が毎分16枚(A4ヨコ)の「imagio(イマジオ) MP 1600シリーズ」と毎分13枚(A4ヨコ)の「imagio MP 1300シリーズ」を開発し、2008年5月15日に新発売いたします。
製品名 imagio MP 1600 imagio MP 1600 F imagio MP 1600 SPF
標準価格(消費税別) 548,000円 658,000円 768,000円
スキャナー・プリンター機能 オプション オプション 標準
ファクス機能 オプション 標準 標準
連続コピー/プリント速度 16枚/分(A4ヨコ)
月販台数 700台
製品名 imagio MP 1300 imagio MP 1300 F imagio MP 1300 SPF
標準価格(消費税別) 438,000円 548,000円 648,000円
スキャナー・プリンター機能 オプション オプション 標準
ファクス機能 オプション 標準 標準
連続コピー/プリント速度 13枚/分(A4ヨコ)
月販台数 1,500台
 新製品「imagio MP 1600/1300シリーズ」は、2004年5月に発売した「imagio Neo 165/135シリーズ」の後継機として発売するもので、新たに搭載した主な機能は以下の通りです。
(1) WAN/VPN環境を利用したファクス通信を可能にすることで、通信コストを大幅に削減できる
(2) スキャンした文書をネットワーク上の共有フォルダーに直接保存できる
(3) ICカード認証に対応することで(オプション)、機器の不正利用を抑止できる
 これら最新のネットワークソリューション機能を搭載しながら低価格・省スペースを実現することで、個人事務所や小規模事業所をはじめ、大規模な事業所の入出力分散機としても設置が可能で、お客様の業務効率の向上やセキュリティの改善を実現します。
<新製品 imagio MP 1600/1300シリーズの主な特徴>
1. 通信コストの削減とペーパーレス化を促進する先進のファクス機能を搭載しています。
  新たに「IP-ファクス機能*1」を搭載。WAN/VPN環境を活用しIPアドレスを指定して直接通信することにより、高画質かつ高速通信が可能な上、本社・支店間などの通信手段に採用すれば、通信コストを大幅に削減することが可能*2
  受信したファクスを、あらかじめ登録してある相手先へ自動転送することが可能。従来のメールアドレスへの転送機能に加え、新たにネットワーク上の共有フォルダーへの転送もでき、フォルダー転送の場合ファイル形式はTIFFかPDFのどちらかを指定して転送することが可能。転送先とファイル形式の選択の幅が広がり、ファクス受信のペーパーレス化を促進。
*1 ITU-T(国際電気通信連合電気通信標準化部門) T.38勧告準拠
*2 T.38対応機同士の場合。ファイヤーウォールの設定によっては通信できないことがあります。
2. スキャナー機能の強化により、紙文書の電子化とオフィスの情報共有を促進します。
  新たに「スキャン to フォルダー機能」を搭載。スキャンした文書は、ネットワーク上の共有フォルダーに直接保存が可能。従来からある「スキャン to E-Mail機能」と同様に、ファクス送信と同じ感覚の手軽な操作で、紙文書の電子化とオフィスの情報共有を促進。
  100BASE-TXの高速インターフェイス*3に対応し、自動原稿送り装置利用時は、43枚/分*4と高速読み取りを実現。また画質面では、600dpiまでの高解像度スキャンに対応。
*3 対応プロトコル:TCP/IP
*4 A4ヨコ送り、200dpi、文字モード
3. 高水準のセキュリティ機能を搭載し、機器の不正利用を抑止します。
  ユーザー認証システムを搭載。従来のユーザーコード認証に加え、新たにログインユーザー名とパスワードを使ったよりハイレベルな個人識別、さらにネットワークに接続されているWindows®のドメインコントローラーやLDAPサーバーとの連携による個人認証も可能。
  オプションの「個人認証システム」を利用すると、ユーザー認証システムと連携して、ICカードによる個人認証が可能。認証時のログイン名・パスワード入力などの手間を軽減できるだけでなく、なりすましや機器の不正利用を抑止。
4. ウォームアップタイムの短縮を実現しています。
  imagio MP 1600/1300は、ウォームアップタイムが10秒以下と、従来機に比べ5秒短縮。
  imagio MP 1600 F/1600 SPF/1300 F/1300 SPFは26秒以下と、従来機に比べ9秒短縮。
imagio MP 1600
imagio MP 1600
  • Microsoft、Windowsは、Microsoft Corporationの米国その他の国における登録商標または商標です。
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)