Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

ICカードによる個人認証で、デジタル複合機などの利用制限やオンデマンド印刷が可能「リコー 個人認証システム AEシリーズ」を新発売
~単体運用から各種サーバーとの連携まで、スケーラブルに拡張することが可能~

2007年11月7日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、デジタル複合機やレーザープリンター用のオプションとして、非接触ICカード「FeliCa」「MIFARE」「eLWISE」を用いた個人認証により、機器の利用制限やオンデマンド印刷を実現し、印刷物の取り間違えや取り忘れによる紙文書からの情報漏洩を抑止する「リコー 個人認証システム AEシリーズ」を開発し、新発売いたします。
  新製品は、お客様の機器の使用状況やニーズにより、システム構成を柔軟に拡張することが可能です。例えば、デジタル複合機1台を運用する際はサーバーレスのシンプルな構成で、また別売のサーバーソフトウエア「リコー 個人認証AE LFプリントソフト V1※1」や「リコー 個人認証AE 管理ソフト V1※2」と組み合わせることで、ネットワーク上の空いているプリンターで印刷が行える「LF(ロケーションフリー)印刷」機能の拡張や、ユーザーの一元管理が可能になります。
  • ※12007年11月14日発売、標準価格19万8千円(消費税別)
  • ※22007年11月14日発売、標準価格19万5千円(消費税別)
  • シリーズ名 リコー 個人認証システム AEシリーズ
    製品名 リコー 個人認証AE
    拡張モジュール タイプAE1-MP01
    リコー 個人認証AE
    拡張モジュール タイプAE1-SP01
    標準価格
    (消費税別)
    10万円 5万円
    対応機種 imagio MP C4500/C3500
    imagio MP C3000/C2500
    IPSiO SP C811
    発売日 2007年11月14日
    販売数量 5,000システム/年間
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • *「リコー 個人認証AE 拡張モジュール タイプAE1-MP01」には、別途「リコー 個人認証 ICカードR/W タイプR1」47,000円(消費税別)、「imagio VMカード タイプ1」20,000円(消費税別)、「imagio USBホストタイプ1」20,000円(消費税別)が必要です。
  • *「リコー 個人認証AE 拡張モジュール タイプAE1-SP01」には、別途「リコー 個人認証 ICカードR/W タイプR1」47,000円(消費税別)、「拡張USBホストI/Fボード タイプ2」10,000円(消費税別)、「IPSiO VMカード タイプC」10,000円(消費税別)、「SDRAMモジュールVII256MB」70,000円(消費税別)、「アカウント拡張モジュール タイプG」20,000円(消費税別)が必要です。
  •  なお、「リコー 個人認証システム AEシリーズ」の発売にあわせ、「imagio MP C4500it」「同C3500it」用の個人認証オプション「imagio 個人認証キット タイプF2-it」〈2007年11月14日発売、標準価格:24万5千円(消費税別)〉も新発売いたします。
     「imagio 個人認証キット タイプF2-it」は、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社の指静脈認証システム「静紋(じょうもん)」との連携により指静脈認証にも対応するため、より高度なセキュリティを確保することが可能になります。
    <新製品「リコー 個人認証システム AEシリーズ」の主な特徴>
    1. 単体での運用から、各種サーバーとの連携まで柔軟なシステム構築が可能です。
      デジタル複合機「imagioシリーズ」やレーザープリンター「IPSiOシリーズ」に接続したICカードリーダーに、非接触ICカード「FeliCa」「MIFARE」「eLWISE」をかざすことで個人認証を行うことが可能。
      サーバーレスでデジタル複合機(またはレーザープリンター)1台を運用するシンプルなシステム構成から、「リコー 個人認証AE LFプリントソフト V1」や「リコー 個人認証AE 管理ソフト V1」を組み合わせた構成まで、スケーラブルに拡張することが可能。
      単体での試験導入から全社的な本格導入に拡大するなど、段階的にシステムを拡大することも可能。
    2. 個人ごとに利用できる機能を制限できます。
      ICカードで個人認証を行うことで、個人ごとに許可された機能を利用することが可能。
      ICカードを持たない部外者は機器を利用できないため、情報漏洩を抑止。
      カラー/モノクロ別の印刷制限を行うことが可能。印刷コストの抑制にも貢献。
      デジタル複合機のパネル上のソフトキーボードから、Active Directory®上のユーザー名とパスワードを入力することで機器を利用することが可能。ICカードを忘れた場合に便利。
    3. 個人認証によるオンデマンド印刷によって、印刷物からの情報漏洩を抑止します。
      クライアントパソコンから印刷を指示してもすぐに印刷を開始せず、ICカードで認証された本人の印刷ジョブ一覧から印刷したいジョブを選択※3することで印刷を開始。
      これにより、印刷物の取り間違えや取り忘れによる情報漏洩を抑止。また、機密情報を第三者の目に触れることなく印刷することが可能。
    • ※3デジタル複合機の場合。レーザープリンターでは本人のジョブが印刷されます。
    4. 空いている機器で印刷できるため、業務効率を向上します。
      オプションの「リコー 個人認証AE LFプリントソフト V1※4」を導入したサーバーを追加することで、ネットワーク上の空いているデジタル複合機(またはレーザープリンター)からオンデマンド印刷することが可能。情報漏洩の抑止と業務効率の向上を図ることが可能。
    • ※4「リコー 個人認証AE 管理ソフト V1」が必要。「リコー 個人認証AE 管理ソフト V1」には 別途「リコー 個人認証 ICカードR/W タイプR1-PC」48,000円(消費税別)が必要になります。
    5. 個人ごとにログの収集・管理を行えます。
      別売の「Ridoc IO OperationServer Pro」や「Ridoc Document System 画像ログオプション※5」と連携させることで、機密情報を誰がいつ、どの機能を使ってどのファイルを印刷したかなどの情報を収集し、管理することが可能。
    • ※5デジタル複合機のみ対応。
    リコー 個人認証システム AEシリーズの使用例
    リコー 個人認証システム AEシリーズの使用例
  • *FeliCaはソニー株式会社の登録商標です。
  • *Pentiumは米国インテル社の登録商標です。
  • *MIFAREはNXPセミコンダクターズ株式会社の登録商標です。
  • *eLWISEはNTTコミュニケーションズ株式会社の登録商標です。
  • *静紋は日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社の登録商標です。
  • *Microsoft、Windows、Windows 2000、Windows XP、Windows Server、IIS、IE、Active Directoryは、Microsoft Corporationの米国その他の国における登録商標または商標です。
  • *この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。