Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

使いやすさとコピー品質の向上を実現した広幅乾式ジアゾ複写機「リコピーPL5010II」を新発売

2001年10月9日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、使いやすさとコピー品質の向上を実現した広幅乾式ジアゾ複写機「リコピーPL5010II」を開発し、新発売いたします。
製品名 リコピー PL5010II
標準価格 429万円
発売日 2001年10月10日
月販台数 150台/年
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  •  新製品「リコピーPL5010II」は、最大B0判までのコピーが可能なジアゾ複写機で、乾式現像方式ならではの高品質や高生産性、高耐久性を実現しております。図面のコピーを大量に行う複写業者様や、大手建設業や製造業におけるコピーセンターなどに最適です。

     図面コピー用として需要の高い広幅複写機市場においては、“青焼き複写機”として親しまれてきたジアゾ複写機から普通紙複写機(特にデジタル複写機)への買い替え需要が高まるなか、ジアゾ複写機は普通紙複写機と比べてマシン本体価格やランニングコストが低価格なため、根強い需要があります。現在、乾式ジアゾ複写機をご使用いただいているお客様へのアンケート調査からも約7割のお客様が「買い替える時にはまた乾式ジアゾ複写機を購入したい」という結果が出ています。(当社調べ)

     リコーでは、今後も乾式ジアゾ複写機や湿式、熱式のジアゾ複写機、さらにデジタルやアナログの普通紙複写機を合わせた豊富な広幅複写機のラインアップにより、お客様のご要望にきめ細かく対応してまいります。
    <新製品リコピーPL5010IIの主な特徴>
  • 1.使いやすさとコピー品質の向上を実現しました。
      • 給紙テーブルに補助テーブルを追加し、大判図面のコピー時の操作性を向上。
      • ロール感光紙のペーパー軸にガイド機構を追加。用紙の横ずれを防止。
      • シリンダーガラスの形状をフラットタイプにすることで、原稿と感光紙の密着性が向上し、より高品質なコピーを実現。
  • 2.乾式ジアゾ方式ならではの安定した高画質と高生産性を発揮します。
      • 光源には5,000Wの水銀灯を使用。強力な光源による露光により、透明度の低い原稿や厚手の原稿もスピーディかつ鮮明なコピーが可能。
      • アンモニア水蒸発ヒーター容量を最適にセッティングして感光紙の濡れを防止。また、コピースピードに合わせて現像液量を自動コントロールすることで、安定したコピー品質を提供。
  • 3.高い信頼性を実現いたします。
      • ロール原稿受けを広げ、ストック性を向上。
      • 長尺コピーを確実に巻き取るロール感光紙巻き取り機構を採用。低速・高速の2段階切り替えにより、たるみのない確実な巻き取りが可能。
  • PL5010II
    リコピーPL5010II