日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

ニュースリリース

RICOH Unified Communication System Apps for Rooms」を提供開始

~簡単操作で企業の拠点間の遠隔会議を実現~

2020年9月17日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、他拠点間における複数対複数のテレビ会議を想定したクラウドアプリケーション「RICOH Unified Communication System Apps for Rooms」(以下、「RICOH UCS Apps for Rooms」)を9月17日から提供開始します。

新製品のRICOH UCS Apps for Roomsは、主に企業の会議室や工場など、他拠点間における複数対複数のテレビ会議を想定した Windows® 10 向けのテレビ会議用クラウドアプリケーションです。本製品を小型パソコンやボックス型パソコンなどにインストールし、ディスプレー・カメラ・スピーカー・ビデオキャプチャーなどの周辺機器を組み合わせることで、専用機のようなわかりやすいユーザーインターフェース(UI)で、遠隔会議を実現できます。

近年は、働き方改革による多様な勤務スタイルの拡大や、新型コロナウイルスの感染拡大抑制のため、ニューノーマル(新常態)に対応し、それぞれのお客様のご利用環境に合わせた最適なツールが求められています。RICOH UCS Apps for Roomsは、ソフトウェアとして提供し、周辺機器と組み合わせることで、小規模なミーティングスペースから中規模会議室まで、お客様のご利用条件に合わせて最適なテレビ会議環境を構築できます。

RICOH UCS Apps for Roomsは、クラウド上のRICOH UCSサービスプラットフォームを利用しており、既存のRICOH Unified Communication System専用端末やRICOH Unified Communication System Appsとの相互接続が可能です。アドレス帳から接続先を選択するだけで簡単に接続できるため、会議URLの発行や、デバイスの接続などの手間なくテレビ会議を開始できます。また、専用機に搭載していたPC画面共有機能*1をサポートします。管理者機能を有効にすることにより、各種の設定変更に制限をかけることができ、汎用PCを使用した際のセキュリティーを担保します。導入時には機器の選定や、各種設定までリコーグループがサポートします。*2

今後もリコーは、お客様にとってより魅力あるデジタルサービスを提供すると共に、はたらく人の創造力を支え、ワークプレイスを変えるサービスを提供してまいります。

*1
ビデオキャプチャーデバイスが必要です。
*2
別途料金が必要です。

「RICOH Unified Communication System Apps for Rooms」
の操作画面

機器の構成例

Windowsは、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
その他会社名と商品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。

| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2020年3月期リコーグループ連結売上高は2兆85億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の“はたらく”をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。