日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

ニュースリリース

カラープロダクションプリンター「RICOH Pro C5310S/C5300S」を新発売

~生産性と画像品質、用紙対応力を強化し、POD印刷の幅広いニーズに対応~

2020年5月14日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、プロダクションプリンター「RICOH Proシリーズ」のカラー機の新製品として「RICOH Pro C5310S/C5300S」を発売します。

  • RICOH Pro C5310S
    (商業印刷向けフルオプション装着時)
  • RICOH Pro C5310S
    (企業内印刷向けオプション装着時)

新製品は、2017年1月に発売した「RICOH Pro C5210S/C5200S」の後継機種として発売します。従来機に比べ、生産性や画像品質、用紙対応力を強化しました。厚紙の生産性を強化し、最大256g/m²の厚紙をカラー/モノクロともに80ページ/分(A4ヨコ)で出力することができます*1。スキューやレジスト精度を向上する機構を新たに本体と中継ユニットに搭載し、従来機よりも高い表裏見当精度を実現しました。用紙対応力を強化し、52.3~360g/m²の全紙厚の自動両面印刷に対応*2したほか、新たにノーカーボン紙の出力に対応(オプション)しました。また、最大5,000枚の給紙を可能とするエアピック式A3LCT RT5120を始めとした、プロダクションプリンター製品ラインアップの上位機種*3で提供している各種給排紙オプションへの対応を拡充しました。これらにより多彩且つ効率的な印刷物の制作が可能になり、印刷業におけるプリントオンデマンドビジネスの可能性を広げます。

さらには、複合機や電子黒板、カメラなどのエッジデバイスを、クラウドプラットフォーム「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES プラットフォーム」を介して各種クラウドサービスと組み合わせ、オフィスワークの自動化・省力化を推進する「RICOH Intelligent WorkCore」への対応を拡充しました。プロダクションプリンターの画像品質、用紙対応力と合わせて、オフィス内における働き方改革と販促物の内製化を同時に実現します。

商用印刷を手がける印刷事業者様や企業内の販促物制作ニーズが高いお客様への導入を進めることで、リコーは引き続き、お客様のビジネスをサポートしてまいります。

*1
RICOH Pro C5310Sのみ。従来機は、最大150g/m²までの厚紙が80ページ/分(A4ヨコ)の連続プリントスピードに対応。
*2
従来機は52.3~300g/m²の自動両面印刷に対応。
*3
RICOH Pro C9210/C9200、RICOH Pro C7210S/C7200S、RICOH Pro 8320S/8310S/8300S。
製品名 RICOH Pro C5310S RICOH Pro C5300S
連続プリントスピード(カラー/モノクロとも) 80ページ/分(A4ヨコ) 65ページ/分(A4ヨコ)
コピー・プリンター・スキャナー機能 標準
ファクス機能 オプション
標準価格(消費税別) 6,300,000円 5,100,000円
発売日 2020年6月1日
ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

関連リンク


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2020年3月期リコーグループ連結売上高は2兆85億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の“はたらく”をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。