Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

「Dow Jones Sustainability Indices」構成銘柄に3年連続採用

2015年9月28日
株式会社リコー

   株式会社リコー(社長執行役員:三浦善司、 以下リコー)は、3年連続で、世界的に権威のある社会的責任投資(SRI)指標の一つ「Dow Jones Sustainability Indices」の中のDJSI Worldの構成銘柄に採用されました。

 

画像:Dow Jones Sustainability Indicesロゴ

 

   DJSI は米国のダウ・ジョーンズ社とスイスのSAM(Sustainable Asset Management)社が提示する株式指標で、経済・環境・社会の3つの側面から企業の持続可能性を評価するものです。今年は、世界の約2,500社がDJSI Worldの対象として調査され、317社が採用されました。うち日本企業はリコーを含む20社が組み込まれています。

 

   リコーは、業界別では「コンピューター・周辺機器/オフィス機器」セクターで、経済側面における「イノベーションマネジメント」「個人情報保護」や、環境側面における「環境マネジメントシステム」「環境報告」の4項目で最も高い評価を得ました。

   また、リコーは「Dow Jones Sustainability Indices」のアジア・パシフィック版である「Dow Jones Sustainability Indices Asia Pacific Index」(DJSI Asia Pacific)にも同時に採用されました。

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2015年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,319億円)。
人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。