Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

3Dプリンターによる部品や製品の直接製造サービスを開始

~お客様のものづくりイノベーションを支援~

2015年4月14日
株式会社リコー

  株式会社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、製造現場向けの新たな3Dプリント関連サービス「RICOH Advanced Direct Manufacturing Services(リコー アドバンスド ダイレクト マニュファクチャリング サービス)」の販売を4月27日から開始します。サービスの提供にあたり、3Dプリンターおよびアディティブ・マニュファクチャリング業界の世界大手であるストラタシス社(イスラエル、米国)の国内販売代理店であるアルテック株式会社(代表取締役社長:張能徳博、以下アルテック)と協業いたします。さらにアルテックを通じて、ストラタシス社の日本支社である株式会社ストラタシス・ジャパンとも協力体制を築きます。

 

サービスの概要

  リコーは、昨年9月から3Dプリンターをキーとしたアディティブ・マニュファクチャリング事業(AM事業)を開始しており、新しいサービスはこの事業の一環として提供するものです。
  より効率的かつ短期間でのものづくりが求められる近年の製造業において、工場で利用する治具や型などのツール類や最終的に製品に組み込む部品を3Dプリンターで直接製造するDDM(ダイレクト デジタル マニュファクチャリング)という手法が米国を中心に導入が広がっています。この製造手法はリコーの工場でも導入しており、自社で培ったノウハウを活かし、お客様へのコンサルティング~3Dデータの設計~造形(3D出力と後処理)までを一貫して提供することにより、製品を市場に出すまでの時間短縮や製品自体の付加価値向上に貢献いたします。
  このサービスは、「RICOH Rapid Fab 厚木」(神奈川県厚木市)を拠点とし、専門の技術者と複数の方式の3Dプリンターを10台程度配置します。これにより、さまざまな材料による造形が可能で、特殊な材料を利用した部品や小ロットの生産にも対応できる設備を構築します。

 

協業体制について

  「RICOH Advanced Direct Manufacturing Services」の提供にあたり、リコーからの直接販売に加え、アルテックを通じて、同社が持つ国内の製造業を中心とした顧客への販売も展開いたします。また、株式会社ストラタシス・ジャパンはリコーに対し技術面での支援を行います。こうした3社の連携によって、国内におけるDDMの導入と浸透を図ります。
  東京ビッグサイトで開催される展示会「インターモールド2015」(4月15日~18日)では、アルテックのブース内にて、リコーの新サービスの紹介を行います。

 

 

  リコーは引き続き、自社の実践実績に基づくノウハウと革新技術を融合したサービスを提供することで、お客様のものづくりの現場におけるイノベーションを支援してまいります。

画像

新サービスの提供拠点「RICOH Rapid Fab 厚木」の設備

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2014年3月期リコーグループ連結売上は2兆1,956億円・国際会計基準)。
人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。