Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、米PTI社に戦略的投資
~プロダクションプリンティング事業のソリューション強化をグローバル展開~

2012年8月21日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、プロダクションプリンティング事業におけるソリューション強化のため、インテリジェントマーケティングテクノロジーのリーデリィング企業であるピーティーアイマーケティングテクノロジーズ社(本社:米国カリフォルニア州、CEO:コールマンケイン 以下、PTI社)に投資しました。


 PTI社は、企業のドキュメント管理を伴うマーケティング活動を支援するためのウェブトゥープリントシステム*1や可変データ印刷*2ソフトウェアの開発・販売・サービスを手がける企業です。PTI社のソリューションは、企業の基幹業務システムをはじめ、コンテンツ管理システムや印刷ワークフローとのシームレスな連携によりドキュメント管理業務の自動化を実現しており、北米を中心に多くの大手企業や印刷会社等に顧客基盤を持っています。


 本投資により、お客様にさらなる付加価値を提供するため、リコーとPTI社は、それぞれのソフトウェア技術を融合して、従来のプリントソリューションだけでなく、データ分析、ブランド管理、モバイル機器を活用したマルチチャネルマーケティングキャンペーン等のソリューションやサービスモデルの開発に取り組んでまいります。


 リコーはPTI社に投資することにより、リコーのプロダクションプリンティング製品「RICOH Proシリーズ」と連携する新たなソリューションを北米だけでなく、全世界市場への拡大・展開を加速する方針です。また、この度の投資をプロダクションプリンティング事業におけるソリューション分野の基盤強化と位置づけており、この中でウェブトゥープリントと可変データ印刷ソフトウェアに関わる売上げは2015年に100億円を目指します。


■PTI社の概要
・社名:PTI Marketing Technologies, Inc (PTI® Marketing Technologies™)
・設立:2000年
・本社所在地:米国カリフォルニア州ソラナビーチ市
・事業内容:ウェブトゥープリントシステムや可変データ印刷ソフトウェアの開発・販売・サービス


*1 ウェブトゥープリントシステム
  インターネットやWebブラウザを通じて印刷物を発注する仕組みで、効率的な受発注業務を可能にする。
*2 可変データ印刷
  ダイレクトメールなどで送り先一件ずつにつき異なる内容(価値)を付けて印刷するオンデマンド印刷の一種。

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます