Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、インドに ITの研究所を設立
新興市場特有のニーズに最先端ITの適用を探索

2012年2月15日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗、以下リコー)は、インド南部のバンガロールに、新たにIT分野の研究会社 Ricoh Innovations Private Limited (以下RIPL) を設立いたします。RIPLは、米国シリコンバレーにある100%リコーの研究開発子会社 Ricoh Innovations, Inc.(以下RII)の子会社(リコーにとっては孫会社)として設立するものです。RIPLでは、RIIやリコーで長年培ってきた最先端のITコア技術を、まずインドのニーズに適用し、現地発のITソリューションを創造します。さらに、将来的には類似の環境をもつ市場向けの事業機会の探索を行っていきます。


 12億人の人口を抱えるインドは、着実な経済成長を続け、購買力平価ベースのGDP(*1)で現在は日本に次ぐ世界第四位となっています。全人口の平均年齢が約25歳と非常に若く、今後も労働人口が増え続けていくことは大きな特徴です(*2)。ITインフラが急速に改善するに従い、仕事でも日常生活でも、モバイル環境でのインターネット活用が急激に拡大すると予想されます。


 リコーは世界200以上の国と地域でビジネスを展開しており、グローバル市場に向けて製品やサービスを提供するために、研究開発体制もグローバルに構築を進めてきました。RIIやリコーのもつITコア技術をニーズ指向でインド市場に向けたサービスとして提供するためには、現地に根付いた研究開発が必須であるとの認識に立ち、この度RIPLを設立します。革新的技術と事業機会の創出をミッションとしているRIIと密接に連携を図りながら、RIIで築いた技術を基に、インドで研究開発を展開していきます。特に、教育、メディアやエンタテイメント、ヘルスケア、金融などの分野を中心に研究開発を開始します。


 例えば教育分野では、RIIが開発したリコービジュアルサーチ技術(*3)を応用し、教材の関連情報を入手したり、学生同士でソーシャルネットワークによるアイディアや情報の交換を行って、学習に役立てるようなスマートフォンでのサービスを検討しています。すでに、RIPLの設立に先立って、インド工科大学で一部試行も始まっています。


  インド市場で受け入れられる製品やサービスは、合計で25億人とも言われるアフリカ、中東、東南アジアなど類似環境の新興国への展開も可能と考えます。また、一方で、新興市場に耐えうるソリューションは、先進国で新たなイノベーションを生む(リバースイノベーション)の可能性も秘めています。


 RIPLは、現地のニーズと革新的技術の融合を図り、新たなITソリューションの可能性を追求していきます。



<新会社の概要>

名称 Ricoh Innovations Private Limited (RIPL)
所在地 4th Floor, Embassy Star, 8 Palace Road,
Vasanthnagar, Bangalore, Karnataka, INDIA 560052
電話番号:+91-80-4936-0700
設立年月日 2012年2月15日 (会社登記は2011年11月8日)
社長 Kaip Sridhar (カイプ・スリダー)
役員 小林 博 (リコー 専務執行役員・グループ技術開発本部長・RII会長)
高野 哲也 (Ricoh India Limited 社長)
Nikhil Balram (ニキル・バルラム)(RII社長)
Kaip Sridhar (カイプ・スリダー)(RIPL社長)
研究分野 教育、メディアやエンタテイメント、金融、ヘルスケアなどの領域での先進的IT活用に関する研究開発
従業員数 少人数からスタートし、1年以内に約30人


  • *1:各国間の物価水準の格差を取り除いた実質的な購買力を示す。
  • *2:国連人口部調査
  • *3:テキスト情報・図・写真が入った画像を元に、関連する情報を高速に検索するリコー独自の画像認識技術。例えば、スマートフォンのカメラで撮影したドキュメントの一部を撮影すると、インターネット上にある関連情報を表示できるなど、現実世界と仮想世界をつなぐ技術です。技術の詳細は「リコービジュアルサーチ(RVS)技術」をご覧ください。

このニュースリリースの関連リンク

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます