Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコーフォトギャラリー「RING CUBE」写真展のご案内
Alejandro Chaskielberg 写真展“High Tide”を開催

2011年12月15日
株式会社リコー

 株式会社リコーは、東京・銀座にあるリコーフォトギャラリーRING CUBEにおいて、2012年1月18日(水)から、Alejandro Chaskielberg(アレハンドロ・チャスキエルベルグ)写真展“High Tide”を開催いたします。

 今回の企画は、ロンドンの世界的著名ギャラリーMichael Hoppen Contemporary*とのコラボレーションにより実現したアレハンドロ・チャスキエルベルグ氏の日本における初の個展です。

 “High Tide”はブエノスアイレスにあるパラナ川のデルタ地帯を中心に撮影した作品で構成されています。満月の光と人工の光に照らされるなか、モデルを10分間同じ状態でその場に立たせて長時間露光で撮影するという非常に革新的な技法が用いられた作品が含まれています。また、水辺に住む人々の生活が美しく構成され描かれている作品は、見る人に斬新な写真体験を提供します。本企画では、28作品を展示いたします。

 【写真家プロフィール】
 Alejandro Chaskielberg(アレハンドロ・チャスキエルベルグ) 1977年ブエノスアイレス生まれ。今年、「ソニーワールドフォトグラフィーアワード」で「フォトグラファーオブザイヤー」、「ピクチャーズオブザイヤーインターナショナル」で、「ベストラテンアメリカンポートレイト」を受賞。また、ニューヨークのYossi Milo Gallery そしてロンドンのMichael Hoppen Galleryでの個展を成功させるなど、今世界が最も注目している若手写真家の1人。

*Michael Hoppen Contemporaryとは?
ロンドンにある世界的著名なギャラリーMichael Hoppen Gallery内に2000年に新設されたギャラリー。ロンドンを始め、日本、アメリカ、オランダなどの国々における著名作家や新進作家の作品を世界に発信しています。