Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

画像処理プロセッサー Ri2005 を4個搭載、産業分野の検査向けに最適化
リコー、高速画像処理ボード「RKP20」を開発
―Camera Link Full Configuration とPCI express x4 に対応し超高速画像処理を実現―

2011年12月5日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗) は、産業分野の検査向け新製品として、高速画像処理ボード「RKP20」を開発し、サンプル受注を開始します。本製品は、ソフトウエアによる画像処理を実現したリコー製画像プロセッサー「Ri2005」を4個搭載することにより超高速画像処理を可能とし、カメラリンク入力とPCI Express入力・出力に対応しています。

製品名 高速画像処理ボード
型番 RKP20
サンプル価格 500,000円
サンプル受注開始 2012年 1月末

※このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。

 「RKP20」は、カメラやPCからの画像を高速に処理することにより検査システム全体の処理性能を飛躍的に向上させ、今まで不可能だったリアルタイム検査を実現します。「RKP20」で実行する検査向け「Ri20」シリーズのファームウエア・ライブラリを使用することで、柔軟かつ高速の画像検査システムを実現することができます。

[製品画像]RKP20
RKP20

このニュースリリースの関連リンク

このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)